FC2ブログ

写真でつづるナナとマロン、2匹の猫の物語

  ナナ


2005年10月初旬生まれの
女の子。
気が強くておすましさん。
でも心細くなるとマロン を頼っ
ている。 鳴き声がソプラ ノ。
山のお散歩で虫を捕まえる
のが大好き。
最近、「ダーウィ
ンが来た!」がお気に入り。


 マロン


2005年10月下旬生まれの 男の子。ひょうきんものでドジ だけど、くじけなくて人懐こい。 ナナが大好き。
なんでもナナの真似をしようと する。テレビの 「ダーウィンが 来た」が大好き。

  ナナとマロンのお家

ナナとマロンはいつもは街に 住んでいます。つづき・・・

  最近の記事

  月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

ナナとマロンにお便りをいただければ嬉しいです。 でも、メールには原則的にお返事を出せませんので ご了承ください。
名前:
メール:
件名:
本文:

尾根を越えて
車道の日陰に野蕗が咲きました。

のぶき

蕗と違って、葉がハート型をしていて濃い緑色で、食べられそうもない感じです。
でも、蕗というからには食べられるのだろうか?


さてさて、今日も朝からお散歩、お散歩。

尾根を越えて1

帰り道、斜面の木に駆け上っちゃったマロン。

「マロン、下りてきてね」



尾根を越えて2

ぼく、下りるね

素直に木から下りるマロン。

で、でも!
その間にナナが斜面を駆け上がっちゃいました!
あああぁ?。
どうしよう。呼べば下りてくるけど・・・ナナがその気になるまで時間がかかります。
ナナとマロンのテリトリー


今朝は家からスタートして、坂を上り、砂利道を歩いてずーっと先まで行った帰りです。
お散歩の帰りにナナとマロンを置いてくるのは砂利道の端が見えるあたり。
このあたりからはナナもマロンも自分達で遊びながら帰ります。(あるいは、帰らない)

でも、マロンが上った木はまだずっと手前なので、ここでナナとマロンを放って帰るわけには行きません。
まあ、自分達だけでも帰れるけど、いつもバイバイする場所は決めてあるので、できるだけ守りたい・・・

で、私も斜面を登って家の裏手の尾根に出て、裏から家に戻ることにしました。
変化があって、きっとナナとマロンも喜ぶし。


尾根を越えて3

でも、この斜面、たぶん斜度30-35度くらい。
ゲレンデの上級者コースのような感じです。
前に一度よじ登ったけど・・・大変だった。

えいやっと勢いをつけて、笹を掴んだりしてよじ登り始めました。


尾根を越えて4

途中でシーシー中のナナ。
ナナの座ってる角度、見てください。30度くらいあるでしょう?

後は写真を撮ることもできず、私はよじ登り。
マロンは大喜びで前を駆け上り、
ナナは右手をゆっくり登って行きます。


尾根を越えて5

もう、着いちゃったよ

尾根に到着!家よりちょっと北側に出ました。
マロンは余裕。もっと駆け上ってもいいや、という感じだけど、
人間の私に斜度がきつい。


尾根を越えて6

あたし、来たわよ。

ナナも悠然として尾根に到着。
斜面は苦手なナナでも、マロンや私も一緒だと強気です。


尾根を越えて7

尾根からの眺めは格別。
山波がブルーのグラデーションで夢のようです。
でも・・・やっぱりこの斜度はきつい。
お散歩は道を歩こうね、ナナ、マロン。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nana05maro.blog120.fc2.com/tb.php/641-8a31d833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  生い立ち

   街の家

   山の家

プロフィール

沖 ゴンベエ

Author:沖 ゴンベエ

沖 ゴンベエ


2005年末に我が家にきたナナとマロンの飼い主。
前の猫を亡くしたばかりのところ、家ににきた2匹の猫にバタバタひっかきまわされ、遊んでもらっています。ちなみに、沖ゴンベは25年一緒だった前の猫の名前ですが、もともとは写真のお魚の名前。好奇心いっぱいでダイバーに近寄ってくる、ちいさな岩場の魚です。