FC2ブログ

写真でつづるナナとマロン、2匹の猫の物語

  ナナ


2005年10月初旬生まれの
女の子。
気が強くておすましさん。
でも心細くなるとマロン を頼っ
ている。 鳴き声がソプラ ノ。
山のお散歩で虫を捕まえる
のが大好き。
最近、「ダーウィ
ンが来た!」がお気に入り。


 マロン


2005年10月下旬生まれの 男の子。ひょうきんものでドジ だけど、くじけなくて人懐こい。 ナナが大好き。
なんでもナナの真似をしようと する。テレビの 「ダーウィンが 来た」が大好き。

  ナナとマロンのお家

ナナとマロンはいつもは街に 住んでいます。つづき・・・

  最近の記事

  月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

ナナとマロンにお便りをいただければ嬉しいです。 でも、メールには原則的にお返事を出せませんので ご了承ください。
名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくなのに・・・雨
昨夜遅くにまた、お山に戻ってきました。
日曜日の夜の下りなのに、高速道路には車がいっぱい。
やっぱり、1000円の効果って大きい!

ナナとマロンにとって、初めて夜の到着。
着いたらお外はだめ、と閉じ込めたらナナは納得しない。
お外、行くの、あたし、遊ぶの!どうしてもお外なの!
とナナが一晩中騒ぐので、マロンも私も寝不足。

しかも、今朝起きたら雨!
台風が来ると言うじゃありませんか。

せっかくなのに・・・雨1

雨だわ
玄関からお外を見にてきたナナ。
納得してね、ナナちゃん。


せっかくなのに・・・雨2

こっちも雨ね・・・


せっかくなのに・・・雨3

で、でも、お外歩きたい!

「ナナちゃん、お家に入ろうね」

どうしても雨に納得がいかないナナ。


せっかくなのに・・・雨4

ついに、玄関から飛び出して、雨の中を走って車の下に潜り込み!!



せっかくなのに・・・雨5

ナ、ナナちゃん、あんなとこ、入っちゃったよ


唖然としているマロン。
マロンは濡れるの大嫌いだから、絶対雨の中に出て行きません。
こんな風に屋根の下からちょこっと顔を出すのさえ珍しい。
雨に濡れてお耳がぴくっ。


せっかくなのに・・・雨6

「ナナーっ、お家にお入り」

やなの、あたし、ここに居るの

がんとして車の下でがんばるナナ。

仕方がないので、玄関とキッチンの扉を開けておいて
ナナに両方開けてある、と声をかけてから
マロンと家の中でナナが納得するのを待つことにしました。


せっかくなのに・・・雨7

ナナちゃん、濡れないかな

窓から心配そうに車を眺めるマロン。

しばらく待ちましょうね。


時々、車の下を覗きに行ってもナナは動こうとしません。

せっかくなのに・・・雨8

しばらく経ってから、玄関から出て
「ナナーッ、お入りー」
と呼ぶと、
あたし、入るわ

待ってました、とばかりに車の下から顔を出して玄関に駆け込んだナナ。

実は車の下からならデッキの下を通ってキッチンから入ると殆ど濡れません。
玄関までは雨の中、走ることになるので濡れちゃいます。
だから、ナナが自主的にあきらめるなら、キッチンから。

玄関から呼べば車の下のナナと目をあうので、
ナナは目があったら、お家にはいろう、と待ってたようです。
私も車の近くまで行ってしゃがんで呼んだので濡れちゃいました。
そんなことじゃないかな、とは思っていたけど、まったくー!


せっかくなのに・・・雨9

リビングのお気に入りの寝椅子の背もたれに飛び乗ったナナ。
ご飯も食べて落ち着いたかな。


せっかくなのに・・・雨10

あたし、お外で遊びたかったのに・・

ブッチョウヅラのナナ。
でもね、お天気はわたしのせいじゃないからね、待ってましょうね。
猫たち、お天気はどうにもならない、とわかっていているのでしょうけど、
なんとなく咎めるような顔をして私を見るように思えてなりません。
気のせいだろうか。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nana05maro.blog120.fc2.com/tb.php/634-cfeb76b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  生い立ち

   街の家

   山の家

プロフィール

沖 ゴンベエ

Author:沖 ゴンベエ

沖 ゴンベエ


2005年末に我が家にきたナナとマロンの飼い主。
前の猫を亡くしたばかりのところ、家ににきた2匹の猫にバタバタひっかきまわされ、遊んでもらっています。ちなみに、沖ゴンベは25年一緒だった前の猫の名前ですが、もともとは写真のお魚の名前。好奇心いっぱいでダイバーに近寄ってくる、ちいさな岩場の魚です。