FC2ブログ

写真でつづるナナとマロン、2匹の猫の物語

  ナナ


2005年10月初旬生まれの
女の子。
気が強くておすましさん。
でも心細くなるとマロン を頼っ
ている。 鳴き声がソプラ ノ。
山のお散歩で虫を捕まえる
のが大好き。
最近、「ダーウィ
ンが来た!」がお気に入り。


 マロン


2005年10月下旬生まれの 男の子。ひょうきんものでドジ だけど、くじけなくて人懐こい。 ナナが大好き。
なんでもナナの真似をしようと する。テレビの 「ダーウィンが 来た」が大好き。

  ナナとマロンのお家

ナナとマロンはいつもは街に 住んでいます。つづき・・・

  最近の記事

  月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

ナナとマロンにお便りをいただければ嬉しいです。 でも、メールには原則的にお返事を出せませんので ご了承ください。
名前:
メール:
件名:
本文:

ぼく、寝たいんだ その2
今日もマロンがごぁあ?んをバクバク食べている隙に
ヒーターの横の台の上にあるほうの籠に入り込んだナナ。

ぼく、寝たいんだ その2 1

夕食が終わって書斎に行ったらもうぐっすり寝てました。
ナナちゃん、マロンが来ないうちに場所を取ったのね。

籠の隣のオイルヒーターの柔らかい暖かさが伝わってくるうえ、
籠はタオルでカバーしてあるので気持ちよくぽかぽか。

私だって猫だったら入りたい・・・



ぼく、寝たいんだ その2 2

ごぁあ?んが終わって寝よう、とオイルヒーターのところにやってきたマロン。

ぼく、出遅れちゃった・・・

ナナがもう、籠に入っているのに気づきました。

「マロン、床にも籠があるでしょ」

ぼく、あっちがいいんだ


マロンは時々仕方なく床に置いてある籠にも入るけど、
ナナの入っているの籠のほうが断然暖か。
だから、マロンはやっぱり上の籠に入りたい。

(マロンがどうしても籠で寝たい話)



ぼく、寝たいんだ その2 3

こっちから入れないかな?

オイルヒーターにかけてあるタオルに手をかけて伸びあがって籠を見るマロン。

うーん。そこからだと何も見えないし、飛びあがるのも難しいわね、マロン。


ぼく、寝たいんだ その2 4

今度は反対側にまわって

ナナちゃーん、僕も入れてよ。

タオルの下のナナを覗き込むマロン。



ぼく、寝たいんだ その2 5

うるさいわね、やーよ。

ナナちゃんの冷たい返事。
だってマロンを入れたらまたマロンが重くて結局ナナが追い出されちゃうものね。

実はごぁあ?んの前、ナナはマロンを籠に入れたあげたらやっぱりマロンの重さにつぶされて
やむなく籠から逃亡したばかり。
マロンがあとから籠に入るとナナの上に乗っちゃうので、
どうしてもそうなるようです。

(マロンがナナを踏んづけて追い出しちゃった話)



ぼく、寝たいんだ その2 6

ナナちゃん、入れてくんないんだ・・・
ぼく、籠に入りたいのにな・・・


憮然とした顔のマロン。

「マロン、パソコンの前にいらっしゃいな」

もう、マロンの頭の中は籠、暖かい籠、でいっぱい。


ぼく、寝たいんだ その2 7

ぼく、籠・・・

不満がある時のいつもの癖で折りたたみベッドのカバーを叩こうとしたマロン、
爪をひっかけちゃいました。

ついていない日は全部ついてないのね、マロン。

結局いじけちゃったマロンをしばらく抱っこして(マロンは抱くとすぐゴロゴロ大満足)
落ち着かせたらパソコンの前で寝ちゃいました。
やれやれ。私は猫たちのお守だろうか?



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nana05maro.blog120.fc2.com/tb.php/483-8a18ae94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  生い立ち

   街の家

   山の家

プロフィール

沖 ゴンベエ

Author:沖 ゴンベエ

沖 ゴンベエ


2005年末に我が家にきたナナとマロンの飼い主。
前の猫を亡くしたばかりのところ、家ににきた2匹の猫にバタバタひっかきまわされ、遊んでもらっています。ちなみに、沖ゴンベは25年一緒だった前の猫の名前ですが、もともとは写真のお魚の名前。好奇心いっぱいでダイバーに近寄ってくる、ちいさな岩場の魚です。