FC2ブログ

写真でつづるナナとマロン、2匹の猫の物語

  ナナ


2005年10月初旬生まれの
女の子。
気が強くておすましさん。
でも心細くなるとマロン を頼っ
ている。 鳴き声がソプラ ノ。
山のお散歩で虫を捕まえる
のが大好き。
最近、「ダーウィ
ンが来た!」がお気に入り。


 マロン


2005年10月下旬生まれの 男の子。ひょうきんものでドジ だけど、くじけなくて人懐こい。 ナナが大好き。
なんでもナナの真似をしようと する。テレビの 「ダーウィンが 来た」が大好き。

  ナナとマロンのお家

ナナとマロンはいつもは街に 住んでいます。つづき・・・

  最近の記事

  月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

ナナとマロンにお便りをいただければ嬉しいです。 でも、メールには原則的にお返事を出せませんので ご了承ください。
名前:
メール:
件名:
本文:

ここ、ぼくんだ! (2)
日中は暖かくなっても夜は猫たちは暖房が好き。

籠の中のナナ

今夜も夕食の後、さっさとヒーターの横の籠に入っちゃったナナ。
この籠、ナナも気に入っちゃって、だ?い好きハート

(ナナがヒーターの籠に初めて入った話)



ここ、ぼくんだ! (2)1

と、遅れてやってきたマロン。
ナナがもう、籠にいることに気づきました。

ナナちゃん、ここ、ぼくんだ・・・

マロン、それは違うでしょ。マロンのでもナナのでもないのよ。



ここ、ぼくんだ! (2)2

あたし、先に場所とったもん!

そう、早いもん勝ちよ、ナナ。

ナナはもう、籠の中でぬくぬく。
籠の中はほわぁ?んと暖かくて本当に気持よさそう。




ここ、ぼくんだ! (2)3

ぼく、入っちゃうぞ・・・おっとっと、手が届かないや。

マロンのいるキャビネットの上からは籠にかかっているタオルにしか手が届きません。
このまま体重をかけたら、またナナを踏んじゃう・・・
さすがにちょっとためらうマロン。



ここ、ぼくんだ! (2)4

ぼく、どうしても籠に入りたい・・・

我慢できないマロン。
籠の中で寝るの大好き。

さあ、どうする?マロン?



ここ、ぼくんだ! (2)5

ぼくも、入る!

意を決して籠にお手々をかけるマロン。

ナナを踏まないようによけてます。



ここ、ぼくんだ! (2)6

ところが、ナナの体を避けてお手々をおいたら、

うーん、これじゃあ、後ろ脚が入んないや・・
どうしよう・・?




ここ、ぼくんだ! (2)7

ナナちゃん、ちょっとごめんね

ナナを気にはしても、ついに、ナナの体の上に手を置いちゃったマロン。



ここ、ぼくんだ! (2)8

よーいしょっと!

ついにナナの上に体重をかけちゃったマロン。

うっ!

タオルの下ではもろにマロンの重さを感じたナナ。


ここ、ぼくんだ! (2)9

マロン、重い!

耐えきれずに飛び出してきたナナ。

左足はーいったっと。

マロン、まだ籠に入るのに夢中。



ここ、ぼくんだ! (2)11

あ、あれ?ナナちゃん、いないや・・・

あれっ、じゃないでしょ、マロン。
まともに踏んづけたらナナちゃん、重いでしょ。

ナナに踏まれても平気なマロンは全然わかっちゃいません。


ここ、ぼくんだ! (2)12

じゃ、ここ、ぼくの!

籠の取っ手にすりすり、匂い付をしてご満悦マロン。

あのねー、マロン、籠はマロンのじゃないのよ。



ここ、ぼくんだ! (2)13

あたし、気持ちよく寝てたのに・・・怒

いっぽう、パソコンの前に避難してきたナナは
不機嫌の塊。

でもね、ナナちゃん、マロンとの喧嘩はマロンと解決してね。

本当にナナが籠を取る気だったら、
マロンが籠に入る前にひっぱたいてます。
でも、籠はマロンがずーっと独占してたので、
ナナもちょっと気が引けてるのね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

籠ひとつだと争いになるので、ヒーターの反対側にスツールを置き、上にタオルを乗せてこちらでも眠れるようにしました。やれやれ、これで家の中は平和。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nana05maro.blog120.fc2.com/tb.php/464-64f26710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  生い立ち

   街の家

   山の家

プロフィール

沖 ゴンベエ

Author:沖 ゴンベエ

沖 ゴンベエ


2005年末に我が家にきたナナとマロンの飼い主。
前の猫を亡くしたばかりのところ、家ににきた2匹の猫にバタバタひっかきまわされ、遊んでもらっています。ちなみに、沖ゴンベは25年一緒だった前の猫の名前ですが、もともとは写真のお魚の名前。好奇心いっぱいでダイバーに近寄ってくる、ちいさな岩場の魚です。