FC2ブログ

写真でつづるナナとマロン、2匹の猫の物語

  ナナ


2005年10月初旬生まれの
女の子。
気が強くておすましさん。
でも心細くなるとマロン を頼っ
ている。 鳴き声がソプラ ノ。
山のお散歩で虫を捕まえる
のが大好き。
最近、「ダーウィ
ンが来た!」がお気に入り。


 マロン


2005年10月下旬生まれの 男の子。ひょうきんものでドジ だけど、くじけなくて人懐こい。 ナナが大好き。
なんでもナナの真似をしようと する。テレビの 「ダーウィンが 来た」が大好き。

  ナナとマロンのお家

ナナとマロンはいつもは街に 住んでいます。つづき・・・

  最近の記事

  月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

ナナとマロンにお便りをいただければ嬉しいです。 でも、メールには原則的にお返事を出せませんので ご了承ください。
名前:
メール:
件名:
本文:

晴れ、曇り、雪・・・
雪の季節は用事を少なくしているのに、なぜか毎日ブログをアップしよう、と思いつつも日中はばたばた、夜眠くなって・・・

さてさて、今の季節、三寒四温とはよく言ったもので晴れて暖かだな、という日は雪がどんどん融けていきます。

晴れ、曇り、雪・・1

ひまわりの種を買い足したので、小鳥たちはまたまた群がるようになりました。
ここに来る中では大きなイカルたちに占領された餌台。
両脇にはアトリ。
こんな鳥たちが来たら、ちっちゃなコガラ、シジュウガラたちは全く近寄れません。

晴れ、曇り、雪・・2

と、窓際にコガラやシジュウガラ用に置いたひまわりの種を食べてるヤツが!
ヒメネズミです。
う~ん。コイツか。どうも夜中にテンではないヤツもひまわりの種を食べてるんじゃないかなあ、と思ってました。
テンの足跡がない、殻が餌台から離れたところに散らばっている、などなどたまに不審なことがあったけど、疑問氷解。
都会のネズミと違って、自然とともに生きてる可愛いネズミさんです。
見ていると時々、コガラたちに追い払われてます。
ふーん、あんな小さな鳥に負けるんだ、とちょっとびっくり。

お外に出ていたマロンが気づいておそわないように、あわてて迎えに行ってマロンを家の中へ。

晴れ、曇り、雪・・3

「マロン、見てごらん」

あっ!

マロン、大興奮。ドタドタと窓辺へ。

いっちゃったよ

 あ~あ、当たり前でしょ。 猫のくせにそーっと歩かないマロンです。
ネズミさん、本能で怖かったのでしょう。

晴れ、曇り、雪・・4

いっちゃったあ~

こっちは昨日の朝、リスさんを見ていたナナです。
ナナはリスさんを見るのがだ~い好き。
マロンはリスが近くに来ないとあまり興味を示しません。
マロンにリスさんを教えてもわかったんのか?と疑問に思うほど、目線がずれてる 

晴れ、曇り、雪・・5

今朝はど~んより曇り空。
天気予報は午後3時頃から雪となっていたけど、たぶん早く降り始めるな、と思っていたらやっぱり・・・10時頃には降り始めました。
明日は早朝から深夜まで出かける予定なので、除雪車が来る前に車をださなくては。
ま、大丈夫でしょう。

「雪」と天気予報で言うと心配して都会の友人たちがメールしてきたりしますが、ここの生活はこんなもの。
自分の予定と天気の折り合いをつけて自然に寄り添う生活を楽しんでます 
きっと人間はなが~い間、そうやって自然と折り合いをつけてきたのだなあ、と実感します。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

スポンサーサイト



積雪35センチ!
昨日一日降り続いた雪は今朝もまだ止まず、道路の積雪は一日で35センチ!

積雪35センチ!1

屋根からの落雪でデッキへのドアを開けられないので、昨夜テンちゃんが来たかどうかもわかりません。
何しろ、餌台は雪に埋もれてどこだか全然わからないくらい。
小鳥たちは騒ぐけど、ひまわりの種は空っぽ。今日買ってこなくては。
(私は小鳥たちのパシリ??)

積雪35センチ!2

ぼくはお外だああ

と騒ぐマロンをお外へ。
薪置き場にも雪が舞い込んでます。

積雪35センチ!3

ど~かな~

ちょっと心細そうに行く手を見るマロン。

積雪35センチ!4

決心して雪の中を歩き出したマロンのお手々も足も雪に埋もれてズボズボ。
つい、30分ほど前に雪掻きしたところです。

しばらくしたら、屋根から雪が滑り落ちるドドドドドドーッという大きな音が!
ナナはリビングに逃げ込んできました。
今の落雪でデッキの下のマロンの出入り口が埋もれなかったか?とお迎えに行ったら、
こわい~
と鳴きながら出てきました。
まったくもー 
だっこで暖かなお家に。だっこさえすればゴロゴロご機嫌マロンです 


ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


今日は一日雪・・雪
天気予報通り今朝は起きたら雪。
残り少ないひまわりの種を餌台において玄関に戻ったら、どうしてもお外に行く、と頑張るマロンが待ってました。

今日は一日雪・・雪1

あ、あれ?そうだ!

玄関前のタタキも既に4,5センチ積もってます。

今日は一日雪・・雪2

考えたマロン、来年用に積んだ薪に乗っちゃいました。
それなら雪の中を歩かなくてすむのね、マロン・・・ちょっとの間だけだけどね。

今日は一日雪・・雪3

う~ん

薪置き場の途中で雪を見て考えてます。
ちっちゃな頭でどうやったら雪の中を歩かずにデッキの下に行かれるか、一生懸命考えてる(らしい)マロン

今日は一日雪・・雪4

雪、歩きたくないなあ・・・

今日は一日雪・・雪5

えいっ!

意を決して雪中行軍してデッキのほうに曲がって行きました。

今日は一日雪・・雪6

えーっとね・・・

後からやってきたナナは雪の中を歩くのはいや。

今日は一日雪・・雪7

あたし、行かない!

むっとしているナナです 

10時過ぎに小止みになった時、一回目の雪掻きをしました。
既に7,8センチ。これから夜中まで降るらしいけど、明日の朝はどうなってるやら・・・
春の重い雪はよく松の枝を折ってしまうけど、大丈夫かなあ。
ま、今日は幸い出かける予定がないので、ストーブの前でぬくぬくしようっと。
こんな、のんびりする日もいいものです 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


えっ?
今日はご近所の方がランチに連れて行ってくださりおしゃべりとお食事を楽しみました。
午後、帰宅したら飛び出してきたナナとマロン。

えっ?2

おさんぽ~

午後の日差しの中、すっかり雪の融けた道路をかけるナナ。

えっ?4

マロン、来てる?

しっぽでお話するナナ。

・・・うん

後ろからマロンがノタノタ。

えっ?5

ちょっとぉ、マロン

立ち止まって遅いマロンを待つナナ。

25 えっ?7

ついにお迎えに。

遅いわ!

しっぽでマロンに文句を言うナナ。

25 えっ?8

・・・

と、無言でナナの脇をすたすた通り過ぎるマロン。

えっ??

せっかくマロンのお迎えに来たのに無視されてむっとしてしっぽをパタパタしているナナです 
たまにはナナの指図を受けたくない時もあるのよね、マロン 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


春の雪
火曜日の朝起きたら雪。

春の雪1

粉雪が木々にくっついてました。
積雪2-3センチの中、出かけて、夜9時頃帰宅した時には積雪10センチを越え、ハンドルが重い!

春の雪2

水曜日の朝、起きたら木々には重い雪が団子のように固まってくっついてました。
春の雪って湿っていてこんなふうにくっつきます。
積雪は16,7センチ。除雪車が出動です。

春の雪3

う、う

雪掻きしたところも歩きにくそうで困ってるマロンです。
もちろん、小鳥たちがラッシュアワーのように餌台に群がりました。

春の雪4

でも、春の雪はすぐに融けます。
夕方帰宅した時には除雪した道路と雪掻きしたところは雪がすっかりなくなってました。
気持ちよさそうに玄関の前で遊ぶナナとマロン。

春の雪5

ほらね、薪置き場の前は雪掻きしてあるので地面がすっかり出てます。
ナナもマロンも春が近づいているのを感じてるかな?



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ぼく、降りられない・・・
昨日の午後はいいお天気だったので、来冬のために薪の積み替えを始めました。
冬の4ヶ月間に使う薪の量は生だと4トンくらい。
これを一度に積み替えをするととっても疲れるので、ちょっとづつ、ちょっとづつ。

来冬用の薪を少し下ろしたら、上にマロンがよじ登って

18 ぼく、降りられない・・・1

あれ?高いな

18 ぼく、降りられない・・・2

こっち・・・天井だな

ちょっと困ったマロン。 どうやって降りる?

18 ぼく、降りられない・・・3

ふんふん

薪の匂いを嗅いでもなんにもならないぞ、マロン。

18 ぼく、降りられない・・・4

こっち・・・降りらんないや

下はまだ氷の塊があったり、雪解けでぐちゃぐちゃだったり・・とても飛び降りる気にならないわね、マロン。
仕方なく、脚立に乗ってマロンを下ろしてあげました。
いつものことながら、あとのことを考えないで行動するマロンです 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


カラカラ?雪?カラカラ?
一昨日の朝は空気も乾いていて、道路もカラカラ。

カラカラ?雪?カラカラ?1

まずは玄関の前でコロコロ、ご機嫌なナナ。

カラカラ?雪?カラカラ?2

道路でも気持ちよくコロコロ。

カラカラ?雪?カラカラ?3

昨日の朝はうっすらと粉雪が。

カラカラ?雪?カラカラ?4

つ、冷たいよ~

勢い込んでお散歩に行こうとしたマロン、お手々が冷たくなって、

だっこ~

しばらく雪の上を歩かなくてすんでいたマロン、久しぶりの雪はやっぱり冷たいのね

カラカラ?雪?カラカラ?5

そして、夕方にはお日様が薄化粧をすっかり溶かしてしまい、道路はまたカラカラ。

おさんぽよっ!

早く、と催促するナナです。
要領のいいナナは最近はお外を見て雪だと出ません。
真冬は雪の上を歩くけど、春が近づくにつれ、軟弱になってきたナナとマロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


遅いわ
家の周りの雪は殆ど融けたものの、まだ所々にはツルツルのアイスバーンが。
昨夜は夜遅くの帰宅で今シーズン初めてチェーンなしで上れました。やったあ!
日中はチェーンなしで出入りできるけど、気温が下がってアイスバーンがカチカチになる夜間はいままでチェーンを巻いてました。

さてさて、気温も0℃と暖かく、朝からナナとマロンはお外に出たい。
小鳥たちがひとしきり食べ終わってから、どうぞ、とお外へ。
ナナが
一緒に行くのよ
と言うので、私はお供をすることに。

遅いわ1

雪の融けた道路を気持ちよさそうに歩くナナ。

遅いわ2

マロンが来ないの

マロン、ご飯たべてたものね。

遅いわ3

遅いの!

待ってる、と顔で伝えるナナ。

遅いわ4

で、気分良くて、乾いた道路でコテンコロコロ。

遅いわ5

やっとマロンが追いかけてきました。

マロン、遅いわ!

しっぽでお話するナナ。

遅いわ6

でも、マロンも途中でゴロン、ゴロゴロ。

遅いわ7

マロン!

駆け寄るナナ。

遅いわ8

遅いわよ!

ご、ごめん

とりあえず謝っちゃう気のいいマロンです 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



えびフライ
今朝もやってきましたリスさん。

えびフライ1

家の入り口の松の木の枝で、松ぼっくりをポリポリ。
松ぼっくりの実はリスさんの好物。

えびフライ2

木の下にはこんな、食べ殻がいっぱい落ちています。
松ぼっくりを一枚づつ剥いて実を食べたら、芯はポイッ。
通称、エビフライ、とかエビのしっぽとか言います。
ホントにちっちゃなエビフライみたい。
お山に住むようになって動物たちの食べた痕とかいろいろなものに気づくようになりました。
足跡、糞、臭いづけのおしっこ、角を研いだ痕、などなど面白い。
ナナとマロンは
あっ、ここ、臭う
としょっちゅうクンクン。
残念だけど人間にわかる臭いはほんの少しだけ。
ナナとマロンが教えてくれるともっと面白いだろうなあ 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


マロン・・・
今日は朝からいいお天気。
あたりの雪は昨日の午後、だいぶ融けてきたものの、残っている雪は固くなっています。

マロン・・・1

今朝もやってきたリスさん。
リス見物大好きなナナに教えたら、窓辺のテーブルに陣取りました。

マロン・・・2

えっと・・・

餌台のひまわりの種は小鳥たちが食べちゃったので、デッキの雪の上に撒いたひまわりの種の食べ残しを探すことに。
お顔に雪がついてますよ 

マロン・・・3

一生懸命、食べ残しを探すリスさん。
デッキのテーブルの周りの雪もだいぶ融けてきました。
と、突然、リスも小鳥たちもあわてて逃げ出しました!
な、なに?

マロン・・・4

ぼ、ぼく・・

なんと、デッキのテーブルの下からマロン登場!

マロン・・・5

逃げちゃった・・・

デッキの下をくぐり、反対側からデッキに上がって雪の融けたテーブルの下に潜り込んだものの、行く手を雪の塊に阻まれて身動きできないマロンです 
やれやれ。
日ごとに雪は融けてマロンが動ける範囲が広がります。
小鳥たち、リスさん、テンちゃん(昨夜も来た)に餌をあげるのももうちょっと。
マロンが自由にデッキを歩ける頃には、冬も終わりに。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



晴れ、のち雪
昨日は夕方帰宅したらお天気だったので、家のまわりの雪がだいぶ融けてました。

晴れ、のち雪1

お留守番だったんだ

朝からずっとお留守番でやっとお外に出られたマロン、ちょっと不満顔。

晴れ、のち雪2

あったかいよ

でも、お日様さえ出ていれば気温はマイナスでもポカポカ、マロンの気分もポカポカに。

晴れ、のち雪3

ふんふん

夕日を浴びてご機嫌で爪とぎ。
単純なヤツです 

晴れ、のち雪5

一転、今朝は雪が降り続き、ひまわりの種を餌台に入れたとたん、こんな、戦場のような騒ぎに。
やれやれ、です。
午後は晴れて気温もあがり、道路の雪がだいぶ融けました。
夜遅くに戻ってくるときは大丈夫だろうとタイヤにチェーンを巻かずに上ってきたら、途中で滑ってハンドルを切れない・・・仕方なく、つるつるのアイスバーンの上で自分が滑りそうになりながらチェーンを巻いて無事帰宅。
やっぱり、アイスバーンは侮れません。
春よ、来るならいきなり来て~。融けては凍る今の季節は一番危険です。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


不満なマロン
今朝はマイナス7℃と久しぶりに寒い朝。
あたりはツルツルのアイスバーンだったり、からからの路面がでていたり、斜面は雪のないところが増えてきました。

不満なマロン1

暖かで(0度くらいでOK)、お日様が好きなナナとマロンは今朝は寒い。

ぼっくさ・・・

不満があると笹をお手々でパシパシする癖のあるマロン。

不満なマロン2

ふん!

珍しく本当に不機嫌 

不満なマロン3

えいっ!

カサカサの笹をガブッ・・・まずいと思うけどな。

不満なマロン4

ペッペッ!

不満なマロン5

だってさ・・・ナナちゃん、遊ばないんだよ

もうちょっと暖かくなったら、遊びやすくなるからね、待ってようね、マロン。
お山の春が待ち遠しいマロンです。
ま、マロンの不満、不機嫌なんて、ちょっとだっこすればゴロゴロご機嫌になってすぐ解消 
単純でちょっとうらやましいかも。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


雪道は冷たいんだよ~
木曜日に降った雪が昨日の朝まだ残っていたので、ナナとマロンが歩けるよう、家から車まで雪掻きしました。

雪道は冷たいんだよ~1

「マロン、歩けるわよ」

えっ?

猫の足が潜らないように雪掻きしたものの、路面が出ていなくて冷たそう。
ナナは雪掻きする前にズボズボ雪の中を飛び跳ねてました。

雪道は冷たいんだよ~2

でも、途中からは雪が融けて歩きやすそうになってました。
(人間は雪の中を歩くほうが滑りません)

雪道は冷たいんだよ~3

「マロン、どうしたの?」

ぼく、ここがいいや

何故か車の下で一休みのマロン。このあたり、道路だって広く乾いているのに。

用があるのでマロンを置いて帰ろうとしたら、ついてきました。

雪道は冷たいんだよ~4


う~ん

雪の上我慢しているような顔で歩くマロン 

雪道は冷たいんだよ~5

冷たいんだよ~

どうやら、お遊びモードではなかったマロン。お家のほうがいいみたい。
遊びたい時はこんな雪道をとっとことっとこ嬉しそうに歩きます。

ちなみに、目が細くなってるのは、雪でまぶしいから。
夏は日向がまぶしくてやっぱりこういう顔になるマロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

今日は雪
昨日と打って変わって今日は雪。夜中からずーーっと降っています。
気温は高いので、湿って重い春の雪です。
テンちゃんは夜中に来て餌を食べていったようです。
朝から、小鳥たちがお腹を空かせて、何度ひまわりの種をたくさんあげてもまだ食べる。
朝から1.5キロくらいのひまわりの種をあげました。

今日は雪1

ぼく、お外!

「マロン、だめ!」

えっ!

マロンのお耳がピクッ。
こんな朝は小鳥たちは雪で餌を探せないから、食べるのに夢中。
食べ終わるまではだめよ、マロン。

今日は雪2

なんでだよー

お外に出られないと不満で目つきの悪くなるマロン 
「お外、だめ!」と言うと、いっつもこんな目つき。

だっこ~、ね、だっこ~
と可愛い声で甘えて鳴く時と別人(別猫)のようなマロンです。 

餌の切れ目にお外にだしたら、そそくさと帰ってきました。
湿った雪で濡れてしまって、身繕いにあせあせ。
納得したかな、マロン。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

登山道だ!
道路のあちこちにアイスバーンが残っているものの、家の周りはだいぶ雪が融けてきました。
家のすぐ脇にある、近くの山への登山道も姿を現したので、ナナとマロンとちょこっと登ることに。

登山道だ!1

行くわよっ

先頭を行くナナが振り返ってはマロンがついてきてるか確認。
ここはナナもマロンもよ~く知ってる道です。

登山道だ!2

ぼく、ちゃんといるよ

適当に寄り道しながらついて行くマロン。

登山道だ!3

あ、あら?

突然、登山道が雪に覆われて歩けなくなっちゃいました。
いつもはもうちょっと先、登山道が左右に分かれるところまで一緒に行きます。

登山道だ!4

ナナちゃん、だめだね

う~ん

納得がいかないナナ。
「帰りますよ」と声をかけても、マロンはすぐに引き返すけど、ナナはなんとか先に行かれないか、諦めずにうろうろ。


登山道だ!5

「ナナちゃん、帰りましょう」

あたしね、もっと先まで行きたかったのに

何度か声をかけたら、ようやっと不満顔でしぶしぶ降りてきました。

1 登山道だ!6

一方、笹の間に隠れてナナを待ち伏せしていたマロン、待ちくたびれてうとうと 

1 登山道だ!7

ふふん、マロン、見えてるわよ

えっ、えっ?

油断している間にナナが鼻の先に!
かくれんぼうに失敗したマロンです。 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効




  生い立ち

   街の家

   山の家

プロフィール

沖 ゴンベエ

Author:沖 ゴンベエ

沖 ゴンベエ


2005年末に我が家にきたナナとマロンの飼い主。
前の猫を亡くしたばかりのところ、家ににきた2匹の猫にバタバタひっかきまわされ、遊んでもらっています。ちなみに、沖ゴンベは25年一緒だった前の猫の名前ですが、もともとは写真のお魚の名前。好奇心いっぱいでダイバーに近寄ってくる、ちいさな岩場の魚です。