FC2ブログ

写真でつづるナナとマロン、2匹の猫の物語

  ナナ


2005年10月初旬生まれの
女の子。
気が強くておすましさん。
でも心細くなるとマロン を頼っ
ている。 鳴き声がソプラ ノ。
山のお散歩で虫を捕まえる
のが大好き。
最近、「ダーウィ
ンが来た!」がお気に入り。


 マロン


2005年10月下旬生まれの 男の子。ひょうきんものでドジ だけど、くじけなくて人懐こい。 ナナが大好き。
なんでもナナの真似をしようと する。テレビの 「ダーウィンが 来た」が大好き。

  ナナとマロンのお家

ナナとマロンはいつもは街に 住んでいます。つづき・・・

  最近の記事

  月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

ナナとマロンにお便りをいただければ嬉しいです。 でも、メールには原則的にお返事を出せませんので ご了承ください。
名前:
メール:
件名:
本文:

雪のあと
今朝起きたら積雪は20cmくらい。
今日はすぐに出かけなくてはいけないので、まずは小鳥たちにひまわりの種。

17a_20150131194343164.jpg

餌台はあっという間に超満員になってしまいました。
1,2,3・・・合計11羽!
本当はひまわりの種を補充したかったのですが、時間がなく、車のまわりの雪を払って除雪車も待てずに出発。

夕方帰宅したら、マロンは

ぼく、つまんなかった!

と大騒ぎ。ごめんね。
でも、「ごあん」を食べたら大人しくなりました。
なんて単純なヤツ 




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
スポンサーサイト
朝からずーーっと雪、雪
今日は朝から粉雪。
たいしたことはないかな、と思っていたら、休み無くずーーっと振り続けて積もってきました。

30 朝からずーーっと雪、雪1

退屈したマロン、お外だい、と出たものの、寒くて尻尾がふくらんでます。

30 朝からずーーっと雪、雪2

あ、小鳥だ!

雪の上を歩くとズボズボ入っちゃう、でも小鳥は見たい・・・

30 朝からずーーっと雪、雪3

玄関の脇の薪置き場から見ることにしました。
ここなら、屋根の下で安心。

30 朝からずーーっと雪、雪4

よく、見えないや

あらら。出てきちゃいました。
大丈夫か、マロン?

30 朝からずーーっと雪、雪5

む、む・・・

ちょっとの間にも屋根から出ているマロンの頭には粉雪が・・・
この後、寒くて暖かなお家の中に退散したマロンです 

夕方、薄暗くなる頃、やっと雪が止みました。
もう、今日は雪掻きはできないし、明日の朝、出かけられるかなあ。
去年の1月のブログの写真と比べても、本当に今年は雪が多い。
しかも、これからが雪本番です!



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
小鳥食堂
今朝は寒い。
昨日までが暖かだったので、今朝のマイナス9℃はとても寒く感じました。

小鳥食堂1

小鳥達は元気、はらべこ。
朝、カーテンを開けると本当に鈴なりです。
これはたぶんカワラヒワの群。別の木にはアトリの群。そしてまた別にコガラ、シジュウガラ、ヤマガラなどのガラ類の群。

毎朝ひまわりの種が出てくるのは当然だ、と思ってるようです。
可愛いけど、なんだかなあ。
ま、冬を乗り切るのは大変だから、がんばってね。

さてさて、今日は気温は低いものの、お日さまはぽかぽか。

小鳥食堂2

ふーん

お日さまがまぶしくて目を閉じて日向ぼっこのマロン。

小鳥食堂3

あたしね、ここがいーの

お日さまのあたる椅子の上においてあった私のフリースのジップアップをとっちゃったナナです。
やれやれ。
ひざ掛けは5枚もあるのに、私専用は1枚だけ。
あとはぜーんぶ、ナナとマロン用になってます。
どうやら、我家で私の地位は最下位?



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
べたべたの雪
昨夜から雪が降り、夜中には気温が高いので屋根からの落雪が次々にドドドドーン。
今朝起きたら15cmくらいつもっているのがベタベタの重い雪です。

べたべたの雪1

うごけないんだよ~

朝まだ薄暗いうちからどうしてもお外、とがんばって出たマロン、ベタベタの雪の中、雪掻きしていないのに無理やり歩いて立ち往生。

べたべたの雪2

つ、つめたいんだ

さらさらの雪と違って水分の多いベタベタの雪のほうが歩いていて冷たいらしいです。
(私は素足じゃないからわかりませんが)

べたべたの雪3

雪掻きしていないので、私の足跡に合わせてへんな歩き方のマロン 

べたべたの雪4

ふーっ・・・冷たかった

玄関脇の薪置き場で一休み。
ここは2月分の薪置き場。この冬はちょっと予定より早めに薪を使ってます。
でも、まだまだ予備分もあるから大丈夫。

べたべたの雪5

「ナナちゃん、起きないの?」

やなの

屋根から落ちる音でベタベタの雪の気配を察してお外に出る気のないナナです。
夕方近くにやっと起きてきました。やれやれ。

べたべたの雪6

湿気があるので、靄や雲が山々の間を埋めてブルーと白の素敵な景色をつくってました。
これだから、冬って大好き 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
とってもいいお天気
金曜日の朝は夜来の降雪の中、除雪車を待てず、15cmの積雪の中、そろりそろりと出発。
幹線道路も除雪車が作業したものの、雪が残っていてスピードを出せず、町に近づくと通勤ラッシュにぶつかり、遂に予約していた東京行きのバスに間に合わず。40分くらい余裕を見て出たのに、ふぇ~ん
ま、事故らなかっただけでもよしとしましょう。
土曜日は朝から夜までゼミの先輩、後輩との集まりで楽しかったあ。ついでにおいしかったあ 
そんなこんなで土曜日の真夜中すぎに帰宅しました。

とってもいいお天気1

今朝はとってもいいお天気で暖か。
2日ぶりにお外に出てゴロンゴロンしてご機嫌マロンです。

とってもいいお天気2

や、やばいぞ

もうちょっとで雪の上にもゴロンしちゃうところ。
あせった顔のマロンです 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
今日も雪
今日も朝から粉雪がどんどん降り続いています。
小鳥達はカーテンを開ける前から餌台の近くの木々の梢にそれぞれの群で停まっています。
シジュウガラ、コガラ、ヤマガラなどのガラ類の群、カワラヒワの群、アトリの群。
ガラ類はカワラヒワの群に追われ、カワラヒワはアトリの群に負け、そして大柄なカケスがでんと来ると、すべての群がさーっといなくなります。

kakesu.jpg

カケス、羽はきれいだけど可愛くないな~。

人間を怖がらないのは一番弱いガラ類。
時々リビングの窓を開けると、カケス、アトリ、カワラヒワは飛び立ち、その隙にガラ類がちょこっとひまわりの種をつまみにやってきます。
ガラさんたち、がんばれ。
体がちいさいほど越冬は厳しいので、弱いものを応援することにしてます。

さてさて、ナナとマロンはリビングでぬくぬく。
雪はどこまで降り続くやら。
そんななか、明日、明後日は1泊で出かけます。
暖かくしておくから、いい子でお留守番してね。
小鳥さんたち、1日分は我慢してね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
身動きできないマロン
1月も半ばを過ぎてちょっと予定より早めに薪小屋の棚は空になりました。
(2,3月分は薪置き場に、別に予備もあります)
そこで、来冬用の割ったばかりの薪を小屋に詰め始めました。
でも、殆どの来冬用の薪は雪に埋もれているので、薪棚の後ろ半分しか詰められません。
そこにやってきたマロンをそっと手前の薪棚へ。

こらあ、マロン!1

な、な、な・・・

薪を置くのは2本の角材の上。
マロンの右手、右足と左手、左足は左右に分かれて立ち往生。
普通に歩く巾より相当広く両手、両足が広がったマロン、このままの姿勢だと前進も後退もできず 

こらあ、マロン!2

こ、こまったな

身動きできないマロン。

こらあ、マロン!3

う、う・・・

手足を広げたまま、固まってます 
お前ね、降りればいいのに。

家の中に戻りリビングからお外を見たら、なんと!
いつの間にかマロンがデッキの手すりに置いてある餌台に顔を突っ込んでいる!!
外に飛び出して
「こらあ!マロン!降りなさい!」

こらあ、マロン!4

私に怒られて顔を餌台から出したものの、餌台は地面から2メートルの高さ。
デッキの雪掻きはしていないので、デッキには降りられません。
またまた、身動きできずに固まってます。
餌台に乗ってはいけない、と何度注意しても小鳥が気になって餌台に乗りたいマロン。

こらあ、マロン!5

ぼ、ぼく、困った・・・

降りよう、としてみたものの、自信がなくてやめちゃいました。
いったい、どうやって登ったのか??

しかたなく、毎朝餌台にひまわりの種を補充するときに使っているハシゴを持って来て抱っこ。
まったく、手のかかるアホです 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
ドジマロン
今日は気持ちよいお天気。
昼食後、お散歩へ出かけて戻ってきたらマロンが玄関の前でお出迎え。
と、何を思ったか、いきなり薪置き場の屋根へ跳び乗っちゃいました 
で、でも5-6センチのふわふわした雪の上!
あわててまた跳び下りました 

ドジマロン1

ぼ、ぼく・・・

マロンが跳び乗ったのは、一番早くお日様で雪が溶ける場所なので、今日も溶けていると思ったのでしょうけど、今日はそこまで雪が溶けてない!
玄関前でお日様にあたりながらちいさくなってるマロンです。

ドジマロン2

足、冷たかったよ

リビングの窓辺でひなたぼっこしながら、ドジったなあ、と思ってる?マロン。
でも、そう思ってないだろうなあ・・・

ドジマロン3

お日様が気持ちよくてあっという間にうとうと。
いつもながらの能天気マロンです 

ドジマロン4

今日の夕暮れです。
空の青、オレンジの夕焼け、雪の山々に木々の枝。
こういうなにげない景色も色の変化を見ていると飽きません。

雪道を運転すると神経を使うので肩が懲ります。
昨日も美容院でマッサージしてくれたら、「凝ってますね~。雪掻きですか?」
いえいえ、雪掻きは適度な運動。
慣れていても慣れてはいけない雪道の運転で凝っちゃってるんです。
明日は出かけたら帰りに温泉に寄ろうかな。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
お散歩だよ
昨日は曇りのち晴れの予報だったのに、思ったとおりやっぱり朝から粉雪が舞い続けました。
止んだのは夕方。
デッキのテーブルは木の部分がついに全く見えなくなるほどこの冬は雪が多い。

お散歩だよ1

昨日の夕方デッキの雪を眺めるナナです。

さて、今日は朝から雪掻き、車の雪を払い、冬芽の観察会へ。
出かけるのに水道の検査の車にどいてもらい、除雪車にどいてもらい、チェーンをはずし・・・雪の季節は家から幹線道路に出るまで夏の3倍、30分掛かります。

午後3時過ぎに帰宅してからマロンをお外へ。

お散歩だよ2

わーい、お散歩!

喜んで轍の跡を辿るマロン。

お散歩だよ3

ちょっとー、お散歩だよ

一緒に行こうよ、と誘うマロン。
雪の季節はどうやら一緒がいいらしいです。


お散歩だよ4

マロンの歩いている右側の蛇行している足跡はキツネさん。
でも、キツネの匂いはしょっちゅう嗅いでいるのでナナもマロンも興味を示しません。

お散歩だよ5

う、う、う

立ち止まっちゃいました。

お散歩だよ6

あのさー、抱っこがいーな

手足が冷たくなってきたマロンです。
だから一緒に行こう、っていうのね、マロン。
ちゃっかりしたヤツです 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
夕焼け
昨日は夜も雪が降り続き、今日は朝から雪掻き。
まずは小鳥に餌をあげられるよう、餌台までせっせ、せっせ。
朝食後はナナとマロンがデッキの下に潜り込めるようにせっせ、せっせ。
そして最後に人間が歩けるよう、道路まで。
人間=私は最後です。

夕焼け1

気温が日中は2℃まで上がるような暖かい日だったので、寒がりのナナもデッキの下へ。
デッキの下は雪がないので、冬の間のナナとマロンの「お外」です。
さっき、マロンがシーしてたけど 

夕焼け2

ここがいーのよ

そう。霜柱で浮き上がってる地面よりも夏タイヤの上のほうが手足が冷たくないようです。
でもね~、そこからじゃ、小鳥さんたちあんまり見えないけどね。

夕焼け3

今日の夕暮れの御嶽山。
雲が黄金色にきらきらと輝いていました。
明日は曇りの予報だけど、ちょっと粉雪が舞うかなあ。
でも、予定通りに出かけられそう。よかった 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
追っかけっこだい!
今日は朝から粉雪が舞うなか、用事で出かけたものの、雪がどんどん。
いつ止むのかわからいないので、お昼前に戻り、夜の集まりはキャンセルして家にいることに。

雪は午後もずっと降り、お外に出られなくて退屈したナナとマロン、追いかけっこを始めました。

追っかけっこだい!1

マロン、どいてよっ!

やだい

ナナを追い詰めてちょっと得意なマロン。

追っかけっこだい!2

えーと、あっちね・・・

床に降りたらマロンに襲われちゃうので、ナナは考えて、出孫のカーテンの陰にサッサーッと逃走。


追っかけっこだい!3

あっ、ナナちゃん、隠れちゃった・・・

追っかけっこだい!4

そっとカーテンを開けると

マロン、しつこいの

ちょっとむっとしているナナ。
あのね~、自分が優勢な時はそんな顔しないでしょ、ナナちゃん。

追っかけっこだい!5

ナナちゃん、隠れてんだよ、でてこないかな

ソファに陣取ってナナの隙をうかがうマロンです 

ナナとマロンのもうひとつお得意の追いかけっこのパターンは2階のベッドルームでドタバタすること。
たとえこっちが寝ていても箪笥の上からボッカーンとお布団に跳び下りてくるので大変です。
ま、楽しかいならいいか。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
お天気
今朝はプラス1℃。プラス!
びっくりです。

友人たちと日曜日に催行予定の冬芽の観察会の下見に朝から出かけました。

お天気1

観察予定の場所の雪はお日様にきらきら。
積もった雪の表面が毛皮のようにツンツンと立ってました。
一度溶けて夜中に凍ったのでしょうか。
初めて気づいた現象です。

お天気2

展望のいい場所から眺めた雪の山々。
見ているだけで気分が爽快になりました。

そのまま午後は別の用事にまわり夕方帰宅したのでナナとマロンは一日お留守番。
退屈していたマロンは暗くなってからも

お外だ~い

と玄関に座り込んでました 
ごめんね。明日、お外に出ようね。
でも、明日は雪の予報。
出られるかなあ、マロンも私も。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
なんの音だ??
一昨日の午後から降り始めた雪は昨日の朝にはこんな。

なんの音だ??1

デッキの上はてんこ盛り。
テーブルがほんのちょっとだけ見えてます。
昨日の午前には除雪車が入ったので、昨日も今日もお出かけ。

今日は友人とランチとおしゃべりを楽しんで帰宅した時にはとてもいいお天気。

なんの音だ??2

あったかいなあ

猫の大好きな日向ぼっこを楽しむマロン。
風もない今日は気温は低くてもお日様でぽかぽか。

なんの音だ??3

あ、あれ?なんの音だ??

ガガガガッ!
カーブの向こうから音が聞こえてきました。

なんの音だ??4

ユンボです。
除雪車が通った後、道路の端にできる雪の壁を崩していきます。
今のうちに崩しておかないと、壁が高くなりすぎて除雪できなくなってしまいます。

我家の車道は人がゆったりと歩けるくらいしか除雪していないけれど既に壁は私の腰の高さを越えてます。まだあと2ヶ月は雪が降るんだけど、困ったなあ。
雪掻きした雪をどこに抛ろう?



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
曇り?いえ、粉雪
昨日は晴天のなか、車で20分ほどの別荘地の友人宅でコーラスの練習がありました。
町から参加したメンバーは一様に「雪がす、すごい!」
「我家はここより標高が高くてもっとすごいのよ」と言ったら、絶句。
そうかなあ。大好きなんだけどなあ。

さて、今日は珍しく出かけない日。
ナナが退屈したらしくて騒ぐので、リビングの窓を開けてみました。

曇り?いえ、粉雪1

「ナナちゃん、お外においで」

やーよ

窓からちょっぴり覗いてみるものの、お外は寒そうで出たくないらしいナナ。

曇り?いえ、粉雪2

ふーん

伸びしてあっちこっち見ているナナ。

曇り?いえ、粉雪3

やっぱりお家がいいわ

お家の中で退屈しちゃったけど、やっぱりぬくぬくが一番と思ってるようです。

さて、このところバタバタしていたので、今日は久しぶりのお散歩。
天気予報は曇り。でも、お空はそのうち粉雪が舞いそうな雰囲気。
さっさと歩くことにしました。
雪景色のしじまの中、聞こえてくるのは小鳥の囀り、鹿の警戒の鳴き声。

曇り?いえ、粉雪4

と、あらら。
またまた、鹿が木の皮を剥いているのを発見。
一度皮を剥き始めると次々と範囲を広げてあっという間に幹をぐるりと一周剥いてしまいます。
一周剥かれたら木にとっては血管を切られたようなもの。
1,2年で枯れてしまいます。
鹿による自然破壊が冬の間にこうして進行していくことになります。
でも、この冬は12月から雪も深くて餌になる草はとっくにないし、鹿にとっても厳しい冬です。
鹿が多すぎて困ってはいるものの、餌を探して雪に顔をつっこんで顔中雪だらけの鹿を見るとがんばれ、と思ってしまうし・・・複雑。
と、家へ戻ろうと坂道を登り始めたらやっぱり粉雪が舞い始めました。
天気予報より、お空を見たほうが数時間先のお天気はあたるようになりました。
きっと人間はこうやって自然を感じ、自然とともに生きてきたのだなあ、とつくづく思います。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ナナちゃんと一緒
今朝もマイナス10℃でしたが、とてもいいお天気。
午前中用事で出かけてお昼過ぎに戻りました。
朝からバタバタ出かけてしまい、ストーブを焚いていかなかったのですが、リビングはお日様のお陰でぽかぽか。
それでもナナとマロンにはちょっと寒かったようです。

ナナちゃんと一緒2

猫ヒーターの上で寝ているナナの隣に無理やり乗ったマロン。

ナナちゃんと一緒3

「ナナちゃん、大丈夫?」

ちょっとうざいのよ

でも、怒ってません。ナナは怒ったらホントにマロンを追い出します。

ナナちゃんと一緒4

マロンは聞こえないフリで寝たフリ。

ナナちゃんと一緒5

ナナちゃん、怒らないよね?

やっぱりナナの機嫌を気にしているマロンです 

猫たちも私も体が寒さに慣れるとこれくらいの気温なら風さえなければお外に出ても平気。
午後は薪割りをして気分爽快。
お山にいると体を動かすのが楽しくなります。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
お外・・・冷たいや
昨日の夜明けの西の空です。

お外・・・冷たいや1

お月様、そしてピンクの朝焼け、雪山のブルー
見ていて幸せ 
一年で一番好きな季節です。

さてさて、今朝はマイナス11℃。
こんな朝はナナもマロンもぬくぬくが大好き。
午後になってやっとマロンがお外に出ました。
それも私に一緒にきてくれ、と催促しながら。

お外・・・冷たいや2

どっち、行こうかな

道路まで歩いてきたものの、雪が冷たくて、足を一本あげたまま。

お外・・・冷たいや3

あっちがいいかな

やっぱり足はあげたまま 

お外・・・冷たいや4

つ、冷たいな

「お散歩、やめる?マロン?」

お外・・・冷たいや5

ぼく、行くんだ

トットコ歩き始めました。
でも、すぐに・・・

8 お外・・・冷たいや6

あのさ~、やっぱ、冷たいんだ・・・

抱っこしてくれ、と近寄って甘えるマロンです。
こういう時、抱っこするとゴロゴロ。
ご機嫌、満足になる単純なヤツです 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

あたし、眠いの
昨日は別荘地の新年会があって、わいわい、がやがや、パクパク。
楽しいひと時を過ごしました 
今朝はマイナス1℃と暖か。
なのに、ナナは

あたし、眠いの1

あたし、眠いの

ベッドから出ようとしません。

あたし、眠いの3

また、うとうと寝ちゃいました 
これは私のベッド。でも、どうみてもナナのベッドみたい・・・

さてさて、お外は雪がどんどん降り始めました。
気温が低いので湿った雪。

あたし、眠いの4

そこに知らない鳥が・・・
ホオジロかなあ。でも、頭に白い線がないなあ。
こっちを見てくれないかなあ。
今度、野鳥に詳しい方に確認しましょう。

自然を相手にしていると知らないこと、分からないことのほうがずっと多くて知ってることってほーーーんの少しだけ。
人間の知識なんてちっちゃい、ちっちゃい。
謙虚になります。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
牡鹿たち
今日は友人夫婦とお昼の約束をしていたので、出かける前にお天気をチェックしようとお外を見たら

牡鹿たち1

あらら。牡鹿たちが雪の中、草を探していました。
写真を撮ろう、とお外へ出たら警戒してじっと見てます。
牡鹿は冬の間は牡鹿だけでグループをつくって懸命に生きています。

牡鹿たち2

キュン
ついに警戒の鳴き声を出して雪のお山へ退却。

牡鹿たち3

行っちゃうわよ

お家の中に戻ったら出窓でナナがお山へ帰る鹿を見ていました。
ナナとマロンは普段鹿には興味を示さなくてすぐそばに居ても見ようとしないのですが、
冬は小鳥と鹿しか見るものがないから見ていたのね、ナナちゃん。

今日はお昼前から友人たちと一緒にでかけ、帰りには友人のお宅でお茶して帰宅は夕方。
ナナもマロンも退屈したらしいです。
明日はお外で遊びましょうね。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
あけまして おめでとうございます
大雪の蓼科から鎌倉に行って年越しをしました。

あけまして おめでとうございます2

と、元旦に雪!
ここで雪は本当に珍しい。

昨日の夕方帰宅したら、床暖をつけていったのに家は冷え切っていたものの、ナナとマロンは元気、ご機嫌。
ごあんをあげてから寝場所にヒーターを入れたら

あけまして おめでとうございます3

あっつー

ヒーターをうっかり強にしたら熱すぎてのびちゃったマロン。

あけまして おめでとうございます4

あたし、気持ちいーの

ナナが寝ているのはペット用のヒーターの上。
あまり熱くならなくて快適らしいです。

あけまして おめでとうございます5

夜、また雪が降り始めました。
元旦も降ったらしく、デッキの上はてんこもりの雪。
テーブルはもう、殆ど雪に埋もれてしまいました。
去年まではデッキも雪掻きをしましたが、今年は早くからキッチンのドアが埋まってしまい、デッキの雪掻きは春まで諦めることにしました。

あけまして おめでとうございます6

今朝、2階の窓からの眺めです。
ガラスには加湿器の水分が凍りつき、窓の外は雪の山々。
やっぱり、ここの景色はだ~い好き。 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

  生い立ち

   街の家

   山の家

プロフィール

沖 ゴンベエ

Author:沖 ゴンベエ

沖 ゴンベエ


2005年末に我が家にきたナナとマロンの飼い主。
前の猫を亡くしたばかりのところ、家ににきた2匹の猫にバタバタひっかきまわされ、遊んでもらっています。ちなみに、沖ゴンベは25年一緒だった前の猫の名前ですが、もともとは写真のお魚の名前。好奇心いっぱいでダイバーに近寄ってくる、ちいさな岩場の魚です。