FC2ブログ

写真でつづるナナとマロン、2匹の猫の物語

  ナナ


2005年10月初旬生まれの
女の子。
気が強くておすましさん。
でも心細くなるとマロン を頼っ
ている。 鳴き声がソプラ ノ。
山のお散歩で虫を捕まえる
のが大好き。
最近、「ダーウィ
ンが来た!」がお気に入り。


 マロン


2005年10月下旬生まれの 男の子。ひょうきんものでドジ だけど、くじけなくて人懐こい。 ナナが大好き。
なんでもナナの真似をしようと する。テレビの 「ダーウィンが 来た」が大好き。

  ナナとマロンのお家

ナナとマロンはいつもは街に 住んでいます。つづき・・・

  最近の記事

  月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

ナナとマロンにお便りをいただければ嬉しいです。 でも、メールには原則的にお返事を出せませんので ご了承ください。
名前:
メール:
件名:
本文:

納得しないマロン
友人たちと春の花を撮りに行きました。

hanamomo.jpg

これは花桃。
今年は花が遅いそうで、去年きれいだったあたりは今年はまだ蕾。
でも華やかな花桃はとても目立つし、気持ちもぱあっと明るくなります。

komatsunagi.jpg

これは駒繋ぎの桜。
去年もちょうど同じ頃撮影しに行きましたが、今年はまだ6分咲きくらいでした。
それでも早朝、4時起きで出かけたのですが、すでにカメラマンが大勢来ていました。
みんな、早い。

さて、夜帰宅してマロンの大切な「ごあん」も終わってくつろいでいたら

納得しないマロン1

ぼく、ここ

またまた、マロンが洗濯機の上に乗って、今度は籠に入っちゃいました。


納得しないマロン2

ここだっけ?
なんか、へんだな?


マロンの頭の中にはまだ、前にあった乾燥機のうえの寝場所がインプットされたまま。
でも、現実の洗濯機、そのうえにある戸棚とどうしても一致しないので、仕方なく洗濯籠に入っちゃったようです。
それでいいのかな、マロン?


納得しないマロン3

う~ん。へんだ。

どうしてだか判らないけど、やっぱり変、ということは判るらしい。
籠の中でお座りして考えるマロン。


納得しないマロン4

マロンったら、何してんの?

こっちはクールなナナちゃん。

今回引越したのも、ナナの行動を見ているとどうやらいつものように1週間くらいお山に来たのじゃないらしい、と理解しているようです。
一方、マロンはな~んも、な~んも感じていない、としか思えません。
まったく、反応が愉快な猫たちです。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

スポンサーサイト
風がやんで
風がやんだようなので、
「ナナちゃん、お外に行く?」

風がやんで1

もちろんよ

さっそくデッキに出てきて、テーブルの上を歩くナナ。


風がやんで2

あったかいね

マロンも出てきました。

暖かな日差し、風もなくていい気持ちの午後です。
このあたりはまだ平地でいうと2月か3月初め頃の気温なので、ちょっとでも風が吹くとすっごく寒い。


風がやんで3

ふ~ん

あっちこっち見回すナナとマロン。


風がやんで4

ナナは手すりに乗って、あたりをチェックチェック。


風がやんで5

なんだ、これ?

マロンは盛んにクンクン。
何か動物の匂いでもしてるのかな?


22f_20110428171848.jpg

あたしね、もっとずっと遊びたかったのよ

風が止んだのが遅い、と私に文句を言うナナです。
あのね、別に私が風を吹かせたり雨を降らせたりしてるんじゃないぞ、ナナちゃん。
車を運転するのと違うんだぞ、ナナちゃん。 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


風が強いんだ
今朝はお天気がいいのでナナとマロンをお外に出したら、風が強い!
寒くてナナはさっさと戻ってきました。

風が強いんだ1

寒かったの

まだ背中の毛を逆立ててるナナ。

マロン、まだお外よ

そうなんです。寒がりマロンが戻ってきません。
ま、マロンは玄関のキャットドアを使ってお外から戻る、はマスター!したので心配はないけど、何をしてるのかな?


風が強いんだ2

ぼく、見てるんだ

お洗濯もののそばでぼーっとあたりを見ているマロン。
ここは位置が高いので、風が時折ぴゅ~ぴゅ~。


風が強いんだ3

そうだっ!

何か思いついたのね、マロン。


風が強いんだ4

こっちのほうがあったかいや

デッキの手すりの間からお外を見るマロン。
ちょうどお日様はあたるし、風は手すりの上より強くないし、ちゃんと考えたのね、マロン。


風が強いんだ5

まぶしいや

こんどは車道に下りてみたマロン。
お日様はさんさんだけど、まぶしいのが苦手なマロン。


風が強いんだ6

やっぱり風が強くて寒くなったマロン、戻ってきました。

あら、マロン、寒くなかった?

うん。まぶしかった

とんちんかんな返事のマロンです。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ナナの、「あたしも!」
今日は快晴。どうやら昨夜は気温も氷点下にならず、霜柱も氷もありません。

あたしもっ!1

近くの街のお城跡では桜が満開でした。通りがかりの公園や川岸の桜並木も満開。
ようやくこのあたりの平地にも本格的な春がやってきました。
お山の麓の桜はまだ1週間くらいしないと咲きませんか、街中まで下りて桜を見るとわくわくします。

昨日は兄夫婦が大工道具持参で手助けに来てくれました。
釘を打ったり、木を切ったり、カーテンやテーブルクロスを縫ってくれたり。
大助かりです。

おかげで懸案事項もたくさん片付き、夜はお酒をいただき、お料理を楽しみ・・それからが実は兄の本当の目的=ナナとマロンを可愛がること。


あたしもっ!2

素直なマロン、兄になでられたり抱っこされても、

ちょっとうるさいな

っていう顔をしたものの、そのまま、兄嫁の膝のうえでぐっすり。

一方、ナナはあまりかまわれると

うるさいのっ!

とばかりに不機嫌になっていったん、2階に逃げちゃいました。

ところが気づいたら、マロンがみんなに可愛がられているじゃありませんか。
うらやましくなったナナ、もったいぶって降りてきました。


あたしもっ!3

やおら、触り易いように安楽椅子の背もたれに乗ったくせに

ふん、かまってくれてもいいわ、

という顔をするナナ。
自分だけ除け者、というのは納得いきません。もちろん、撫でてもらうのを待ってます!

大喜びの兄が早速、近寄って撫でました。


あたしもっ!4

兄に撫でられて

ま、気持ちい~わ

としぶしぶ認めた顔のナナです 

可愛がってもらうのに素直なマロン、全く素直じゃないけど、本当はかまってもらいたいナナ、と正反対の2匹でした。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

あ、あれ?
朝ごはんを食べたマロン、いきなり洗濯機の上に乗って

あ、あれ?1

あ、あれ?

しきりに伸び上がって不思議そうにしてます。

あ、あれ?2

おっかしいなあ?

不思議そうなマロン。

どうやら、マロン、お引越し前の様子を思い出したようです。
以前はここにあった洗濯機の上に乾燥機が載っていました。
マロンはいつも洗濯機から冷蔵庫に乗って、冷蔵庫から乾燥機の上に乗り、乾燥機の上のタオルの上がお気に入りのお昼寝場所のひとつだったのです。
マロン、急にそれを思い出した様子。
でも、今は洗濯乾燥機になったので、上には棚を作りつけてしまい、もう、マロンの乗れる場所はありません。


あ、あれ?3

こんなかだっけ?

洗濯機の奥を探るマロン。
どうやらマロンは洗濯機が替わっても同じもの、と理解しているらしい。


あ、あれ?4

やっぱり、この上だったんだけどな

洗濯機の上をしきりに探るマロン。
あのね、マロン、洗濯機から冷蔵庫の上に乗ったでしょ?
マロンは、冷蔵庫の上を経由したのは忘れているらしい。
もっとも、今は冷蔵庫も大きくなって上にはマロンの乗れる場所もないけど。



あ、あれ?5

ちがうな、もっと上だったな?

そうよ、マロン、前の洗濯機からはお手々も届かないほど上だったのよ。

猫って意外と前のことを覚えています。でも記憶がちょっといい加減ね。
マロンはこのあともおっかしいなあ、と何度も伸び上がってました。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


起きたらまた、雪
天気予報は「晴れ」だったのに、起きたらまた雪。

起きたらまた、雪1

あーあ。また、ナナとマロンがお外に出らんない、って騒ぐな。
仕方なく、実感して納得してもらおう、とナナとマロンをお外に出してみたら、とっととお家に戻ってきました。
やっぱり寒いし、雪は降ってるし、猫向きのお天気ではないようです。納得したかな?


起きたらまた、雪2

おそと、寒かったの

窓辺でお外を見ているナナ。


起きたらまた、雪3

あたし、おそとで遊びたいの

ちょっと不満なナナです。


起きたらまた、雪4

このごろ食欲のあるナナ、とっととキッチンへいって朝ごはん。

マロンは

ぼく、まだお腹空かないや

あらあ?! マロン、夜中につまみ食いしたわね。
単純なマロンの行動は簡単にわかっちゃいます。


起きたらまた、雪5

ちょこっとお日様が顔を出したものの、ナナもマロンもお外は寒いから、いい、というのでお家の中。

窓辺でお外を見ていたマロン、ナナのほうを見たと思ったら・・・

起きたらまた、雪6

ナナちゃん、入れてね

安楽椅子で寝ていたナナのところに潜り込みました。

マロンね、場所とるのよ

迷惑顔のナナです。
でも、寒いと仲良く一緒に寝てくれるので留守をしても安心。
今日は夕方まで出かけてしまうけど、仲良くお留守番しててね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


一緒にぬくぬく
夕食前、まだ外は明るいものの、空気がだんだん冷えてきました。
ストーブをつけたら、ナナが寝椅子でぬくぬく。
と、そこにマロンが

いれてね

とやってきました。マロン、寒くなったな。

一緒にぬくぬく1

今日は機嫌よくマロンを受け入れてグルーミングしてあげるナナ。


一緒にぬくぬく2

マロンの背中もせっせ、せっせ。


一緒にぬくぬく3

ぼく、しあわせ~

うっとりのマロン。


一緒にぬくぬく4

気持ちよさそうにうとうとのマロン。
ナナは相変わらず、せっせ、せっせ。


一緒にぬくぬく5

そのうち、ナナもマロンの背中を枕にしてうとうと。

見ている私もしあわせ 


一緒にぬくぬく6

でも、そのうちお腹が空いてきちゃいました。

「ナナ、マロン、ご飯にしようか」

うん?

いつもなら、バッチリ飛び起きるマロン、気持ちよく寝てたのでちょっとぼーっ。
ナナとマロンにご飯をあげないと私は落ち着いて夕食の支度ができません。
だから、ご飯にしようね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

雨の朝
朝、起きたら雨の音。
カーテンを開けたらしとしと。

雨の朝1

あたり一面もやがかかってちょっと幻想的です。
今朝は鹿の声も鳥のさえずりもなく、しっとりと雨の音だけが聞こえます。

雨の朝2

あたし、寝てんのよ

ナナが寝ているのをそっと覗いたら、雨で起きる気のないナナに怒られちゃいました。


雨の朝3

ぼく、お外行きたいんだ

こっちはお腹が空いて目が覚めたマロン。
ご飯を食べてもお外は雨。

雨の朝4

・・・出られないんだ

デッキに雨がしとしと降っているのを見てがっかり。


雨の朝5

ちょっと小鳥が一声鳴いたら

あ、あれ?・・・やっぱ降ってんな

止んだかな、と思ってみてもやっぱり雨。
がっかりのマロンです。
マロン、このあと、あきらめて2階に寝に行っちゃいました。
私も寝に・・・いーえ、お片づけです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


新しい怪獣登場!
朝、起きるとナナとマロンは
おそと~
はいはい。

新しい怪獣登場!1

マロンはちょこっとお外を見たらすぐに戻ってご飯。
ご飯を食べたらまたお外。

で、キッチンでカリカリしてるのは?

新しい怪獣登場!2

ナナです。マロンの療養食を食べてます。
これ、健康なナナが食べても大丈夫、と獣医さんにも言われているので好きにさせてます。


新しい怪獣登場!3

もう一度振り返ったら、今度は大口を開けてナナ専用のドライをバリバリ。
このドライ、マロンは大嫌い。
だから、「食べてはいけない」けど、幸いなことにもともと絶対食べません。
それにしても、ナナ、よく食べるわね~。

さてと、お掃除をしよう、と新しい掃除機を出してきました。
ちょっとスイッチをいれたら、ウィ~ン!

新しい怪獣登場!4

あっ、こいつも怪獣だ!

すぐに反応したナナとマロン。


新しい怪獣登場!5

ナナはそのまま、階段を駆け上って

ほんとに怪獣?

一度立ち止まって確かめると


新しい怪獣登場!6

階段の一番上まで上っちゃいました。

あたし、嫌い


新しい怪獣登場!7

お掃除もおわり、外遊びにも満足したナナとマロンのお昼寝タイム。

ナナは陽だまりの籠ですやすや。


新しい怪獣登場!8

マロンは2階のベッドルームのお気に入りの椅子でぐっすり。

猫たちも私も穏やかで幸せなひと時です。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

新しい車
今朝も起きて窓を開けたら、ピュ~という警戒の鳴き声とともに鹿の群が家のすぐ脇の斜面を駆け上っていきました。

shika.jpg

親子らしく、先をいく大きな白いお尻と後に続くちいさな白いお尻。
鹿の警戒の声は昨日の日中も随分聞きました。
昨日は工事の職人さんたちが出入りしていたのできっと近くにいた鹿の群が警戒していたのでしょう。
この警戒の鳴き声、ケーンともピュ~とも、ちょっと違って聞こえてうまく表記できません。
でも、百人一首(奥山にもみじ踏み分け・・・)にあるように、ちょっと哀愁を帯びて聞こえます。


新しい車1

さて、新しい車に猫たちを慣れさせようと、窓を開けておいたら、さっそく飛び込んだマロン。

こいつね、匂いが違うぞ

しきりにクンクンするマロン。
前の車はナナとマロンが家にきてからずっと同じだったのですっかり慣れていたけど、今度の車はあたらしい匂い。


新しい車5

これ、なあに?

マロンがいなくなったらナナがやってきました。


新しい車2

中に入るかな、と思ったら車の屋根にのってあたりを見回すナナ。
今度の車はちいさくて機動力のあって、お山向き。


新しい車3

あたりをキョロキョロ。
実は引っ越してから、いつも車を停めるこのあたりに雪の塊がずっと残っていて、ナナたちは車の屋根に上れなかったのです。
だから、車の屋根にのぼってまわりを見回すのは今年初めて。


新しい車4

「ナナちゃん、どうですか?」

ふん!

ちょっとちいさいわね、という顔のナナ。

でも、きっとこの車もナナとマロンのお昼寝場所になるでしょう。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ゆき、ゆき、ゆき
昨日のお昼過ぎ、お山用に車を買い替えて、スタッドレスタイヤにつけかえて戻ってきました。
帰宅後、一度お日様が差したと思ったら、曇ってきて夕方から粉雪。

morning.jpg

朝起きたらあたりの笹が雪に覆われていました。
その中を鹿の群がさささ~っと尾根のほうに上っていくではありませんか。
ナナもマロンも目をいっぱい見開いて見物。
写真は残念ながら間に合いませんでした 

この冬、鹿たちは裏山の若木3本の皮をぐるーっと一周食べてしまったので、かわいそうにこの若木は枯れてしまうでしょう。片側くらいにしておいてくれれば、木は生きていられるのに。


12a_20110420082218.jpg

鹿に釣られてナナもマロンも寒いのに雪の中をデッキに。
テーブルの上にはナナの足跡が点々・・・


12b_20110420082217.jpg

やっぱ・・・さむいぞ

寒がりマロン、ちゃっかりと雪の積もっていないテーブルの下であたりを見物してました。

ただいま、キャットドアの特訓中。
でも、ナナもマロンも玄関のキャットドアからお外に出る、というのは理解したものの、キャットドアから戻る、というのは難しい。
2匹とも、キッチンのドアのところに来て
あけて~、 あけて~
はあ~。そうさせないためのキャットドアなんだけどね。
どうもナナもマロンもドアを頭で押す、というのが気に入らないようです。
なんとか、覚えてくれ。じゃないと私は寒い。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

お山でお留守番
これはナナとマロンがまだ生後8ヶ月くらいだった頃、初めてのお山の夏。

nana maron

のんびり歩くマロン、走るナナ。
初めてのお山でものびのび、楽しんでました。

さて、17日から19日まで街のお家で用事があるので、ナナとマロンはお留守番。
ここではシッターさんがいないけれど、マンションと違ってお家も広いので大丈夫。
今までもちゃんと2泊まではお留守番してます。

また20日にアップしますのでぜひごらんください。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



気難し屋ナナ
家の中はまだ片付かないけど、お家の周りも点検しなくては、と裏の山道を歩くことにしました。

気難し屋ナナ1

「ナナ、マロン、おいで」

いろんな匂いがするぞ

素直についてくるマロン。


気難し屋ナナ2

ナナちゃん、来ないな

時々振り返ってナナを探すマロン。
何度か、「ナナ~っ」って呼んだのだけど、気が向かないのか、ナナはついてきません。


気難し屋ナナ3

こいつ、食べらんないかな

笹の葉もクンクンするマロン。


気難し屋ナナ4

今年初めての山道を一歩一歩気をつけて歩くマロン。
道には去年落ちた栗のイガもいっぱい。


気難し屋ナナ5

ようやく、広場に到着。

ナナちゃん、来ないな

ナナ、結局追いかけてきませんでした。

仕方なく、マロンと山道を折り始めたら

気難し屋ナナ6

あっ、ナナ。

あたしね、用事があるから来たの

迎えに来たんじゃないわよ、気が向いたから来たのよ、という顔のナナ。


気難し屋ナナ7

ほら、匂いも嗅がなくちゃいけないし

わざとクンクンしてみせるナナ。
もう、この~、気難し屋のひれくれもん!


気難し屋ナナ8

でも、そのうち、マロンの後を追いかけ始めたナナ。


気難し屋ナナ9

あっ、ナナちゃん、きたんだ
ぼく、待ってたよ


マロン、ナナを歓迎。


気難し屋ナナ10

ね、ナナちゃん、来たよ

マロン、ナナが来た、とわざわざ私に報告。

たまたま、会ったのよ、という態度のナナだけど、マロンは満足。
ナナだってマロンと一緒のお散歩が楽しいのに、全く気難し屋さんです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

お山に夜がきました
引越荷物が届いた日は大変でしたが、翌日からはナナもマロンも
ずっとお山にいたよ
という顔をして落ち着いてお山を楽しんでます。
午後も3時ごろにドアを閉めても「お外にいく~」と文句を言わないし。

お山に夜がきました1

夕方、ゲストルームの窓からお外を見るマロン。
ここはカモシカさんの通り道。よく夕方に見かけます。
カモシカさんが通るのを待ってるのかな。

お山に夜がきました2

しばらくしてカーテンを閉めよう、とゲストルームに窓辺に行ったら薄暮の中にお月様がぽっかり。


お山に夜がきました3

ベッドルームからは金色の夕日が落ちるところが見えました。
こういう、なんとも言えない色の空を見ると、ああ、お山に来てよかったと思います。

このところ日中の気温は高いのですが、やっぱり夜になると冷えてくるのでストーブを弱くつけておきます。

お山に夜がきました4

ここ、ぼくの

ストーブの近くの安楽椅子を占拠してご機嫌マロン。


お山に夜がきました5

「ナナちゃん、そこ、寒くないの?」

Z Z Z・・・


ナナはお気に入りのダイニングの椅子の上ですやすや。この椅子はすわり心地がいいので街から持ってきました。
ナナもマロンも街のおうちのお気に入りの場所はここ、お山のおうちのお気に入りはここ、と決まっていて、ナナは街のお家ではこの椅子で寝たことはありません。
なんででしょうね??


お山に夜がきました6


2階で片付け物をしてから下りてきたら、
ちょっと寒くなったナナ、ストーブのそばにきました。
昼はぽかぽか陽気、夜はストーブのぬくぬくを楽しんでいるナナとマロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

朝のお散歩
今朝もいいお天気。
暖かな朝です。

朝のお散歩1

でも、屋根から落ちた雪の塊はまだ溶けていません。
家の裏側も日陰なので雪だらけ。

朝のお散歩2

「お散歩、いきましょ」

ぼく、いく

早速出てきて、あたりを見回すマロン。
私が着替えている間に朝ご飯食べたのね、マロン。

「あら、ナナは?」
ナナを呼んでも反応なし。


朝のお散歩3

いました。
いつもはお散歩の後でご飯なのに、珍しく朝一番でバクバク食べてるナナ。


朝のお散歩4

「ナナちゃん、お散歩よ」

あ、呼んだの?

どうやら、よっぽどお腹が空いていたのね。
うーん。昨日のごあんといい、ナナ、お山にいる間に太るぞ。


朝のお散歩5

さあ、ナナとマロンの朝ごはんも終わってお散歩。
デッキは枯葉の吹き溜まりになってます。
あー、ここもお掃除しなくちゃ。 


朝のお散歩6

ナナとマロンにとって、お散歩=匂いを嗅ぐこと。
マロンは早速、クンクン。


朝のお散歩7

次にナナも・・
あらら、マロン、さっさとこっちに歩いてくるじゃありませんか。


朝のお散歩8

ナナちゃん、遅いな

ナナをおいてきちゃって、ちょっと心配になって振り返るマロン。


朝のお散歩9

マロンったら、先に行っちゃうのよ

不満顔のナナ。


朝のお散歩10

ナナがマロンに追いつきました。
ここは夏には藪になる、「お気に入りの藪」
今は蔦や草が枯れてしまっているので見通せますが、夏は隠れ家のようになる場所です。


朝のお散歩11

マロン、なにがあるの?

あ、ナナちゃん、きたの

さあ、これから一緒にどこに行くのかな。
私は朝ごはんに戻るから、遊んでらっしゃいね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


おやま〜
一昨日、荷物を送り出して夕方ナナとマロンをつれてお山へ。
昨日の朝、起きたら周りは雪。夜中にちらちら降っただけなのでうっすらとした雪です。
近くの斜面を鹿の群が駆けていきました。
鹿が笹を行く物音に驚いたマロンの尻尾がぷーっとふくれたものの、本猫は
なーんだ、あいつら、しってる
とまた元に戻りました。

おやま〜1

家の裏側には溶けていない雪がしっかりと固まってます。
顔を洗おう、としたら、水が出ない。
な、なに〜!!
前日の夜はお風呂を入れてぬくぬくしたのに・・・
あわててヘルプコール。今日中になんとかしてもらわないと、私はどうやって生活する?


おやま〜2

お外大好きなナナもさすがに寒くてちょっとお散歩したら戻ってきました。

朝の静かな時間もつかの間、引越し荷物の搬入と、水道工事の人たちが駆けつけてバタバタ。


おやま〜3

お昼前に荷物の搬入が終わってちょっと静かになり、ようやくナナはご飯タイム。
無論、マロンは起きた途端、しっかり食べてます。

ナナとマロンのまわりはダンボール箱やら、脚立やら。

おやま〜4

脚立の下で食事中のナナ。


おやま〜5

こっち、なに?

食事が終わった途端、脚立に飛び乗って早速探検開始。
もともとお山にあった家具、街のお家から持ってきた家具が入り混じって家の中はカオス。
はあ〜、誰が片付けるんじゃ??


おやま〜6

さて、水道工事も無事終わった夕方、まだお日様のぬくもりがあるので、ナナとマロンはデッキに出てきました。
デッキの片隅には屋根からドサッと落ちた雪の山。
雪は冷たい、と懲りてるナナもマロンも近寄りません。


おやま〜7

あのね〜、お散歩、行きたいの

ご機嫌、ナナちゃん。
でもね、お片づけがいっぱいあるからお散歩は明日ね。
とはいっても当分、片付かないだろうなあ・・・

おやま〜8

あったかいな。
なんか、でないかな。


好奇心と怖さの入り混じったマロンの顔です。
さあ、これから毎日、何に出会うかな。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ぼく、段ボール好き
引越の荷造りをする間、まだ組み立てていない段ボールは書斎の窓辺に置きました。

ぼく、段ボール好き1

マロンから見たら、ここも遊び場。
さっそく登って、角っこにクィーッ。


ぼく、段ボール好き2

気持ち、い~んだ

段ボール、大好きね、マロン。


ぼく、段ボール好き3


ナナちゃん、来ないかな

時々、リビングの方を見るマロン。

「マロン、ナナちゃん、寝てると思うわよ。」


ぼく、段ボール好き4

ふ~ん
一緒に遊ぶと面白いんだけどな


昨日、このダンボールの陰で隠れん坊して遊んでたものね。


ぼく、段ボール好き5

バリバリ

気持ちよさそうに爪とぎ開始。
あーあ。その段ボール、これから使うんだけどマロン。


ぼく、段ボール好き6

こっちも

ちょっかいを下の段ボールにも出そうと手を伸ばしたけど、残念。
届きませんでした。


ぼく、段ボール好き7

ぼく、ナナちゃん待ってる

やっぱり、ナナと一緒に遊ぶのが楽しい、と猫待ち顔?のマロンです。

さて、猫の手に邪魔されながらも荷造りは順調に進み、明日はいよいよお引越。
11日、12日とブログはお休みします。
また13日にぜひご覧ください。 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

高いのよ
ベッドルームに積み上げている段ボール箱は高いところで5段。
入れ忘れた籠を途中の段ボールの上に載せておきました。

高いのよ1

あ、これ!

段ボールのお山に登ったナナ、籠に気づいて

高いのよ2

そのまま、ぴょん。


高いのよ3

ふふん

気に入ったようです。
籠の中にはもうタオルも敷いていないのに。
でも、高いからいいのかな。


高いのよ4

籠の中でご機嫌であっちこっちキョロキョロ。


高いのよ5

あ、あら!

段ボールに遮られて窓が見えません。
やっと気づいたのね、ナナちゃん。


高いのよ6

お外! あ、見えない・・・

また段ボールのお山に戻ってもカーテンが途中まで降りているのでお外が見えません。


高いのよ7

下ならみえるのね・・・あ、マロン来ちゃった

カーテンの下からお外を見ようと思いついたら、お約束のマロン登場。


高いのよ8

ぼく、来ちゃった

ナナが何をしてるのかいつも気になるマロン、やっぱりやって来ました。

この後、書斎でパソコンをしていたら、フギャー、ギャーとナナの悲鳴が聞こえて段ボール山の決戦が・・・



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

窓辺のナナ
今、お庭ではビオラが花盛り。

viola

まだ水仙も咲き残っているし、クリスマスローズもお花が持ち上がってきてよく見えます。
チューリップもちいさなつぼみをつけたし、姫うつぎのつぼみもつぶつぶとできてきました。
これから、こでまり、ビヨウ柳、しゃくなげ、ユーカリと次々に咲いてきれいな季節になります。
お花たち、がんばってきれいに咲いてね。


窓辺のナナ1

今朝も一番に鳥たちを見に来たナナ。
でも、窓辺に置いてあった台湾キャビネットは梱包してしまって、今は台だけ。


窓辺のナナ3

鳥さん、たべてんのよ

それでも台に乗って鳥さん観察のナナ。


窓辺のナナ2

ちょうど蜂蜜が切れたので、昨日からヒヨドリ用の蜂蜜パンは置かないことにして、餌入れも始末してしまいました。
だってもう、桜も咲いて公園にはお花の蜜がいっぱいあるはず。
それでも
餌、ないかなあ・・・
とヒヨドリが未練げに何度でもやってきます。
いったん、楽ちんでおいしいものを覚えると・・・(身に覚えがあるわ)


窓辺のナナ4

あのね、ここ、低いの

いつも乗ってるキャビネットがなくて不満なナナです。
猫たちっていつもと違うことには好奇心満々。
でも、お気に入りになってたことが無くなると不満たらたらです。
ま、人間もそうですね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


段ボールのお山で
昨日は友人たちにきれいでおいしいランチをご馳走になり、しかもお花までいただきました。

段ボールのお山で

これ、友人が自らアレンジしてくれたお花。
しかもお庭から採ったムスカリがポイントになっていて素敵です。
こういうのいただくと、と~っても嬉しい。
川沿いの桜並木もずーっと歩いて見頃の桜を楽しめたし、友人たちのお蔭でとても素敵な一日を過ごしました。

さあ、荷造り、がんばらなくっちゃ。

段ボールのお山で3

夜、せっせ、せっせと荷造り。
ベッドルームにだんだんと段ボール箱が積みあがってきました。
さっそく山のぼりのマロン。
しっぽがぴーんでご機嫌。

段ボールのお山で2

重いもの、箱の大きさも考えて、ただいま、段ボール箱は段々状態なのがマロンには楽しいらしい。


段ボールのお山で4

あっち、どうかな?

お山のてっぺんであたりを見回すマロン。


段ボールのお山で5

ナナちゃん、来ないな・・・

ちょっとつまらなそう。


段ボールのお山で6

来ないかなあ~

マロン、ここでナナと追っかけっこをして遊びたいのね!
もっといっぱい増えていくから後で遊びなさいね。

我が家は日ごとにカオスになってきて、ナナとマロンには楽しい遊び場所がいっぱい。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


小鳥さん
昨夜遅くに帰宅したら、ナナもマロンも元気元気。
ぐったりと疲れていた私に
遊んで?、遊んで?
「ごめんね。疲れてるから寝たいの」

いつもと違って遊ばなかったら、とうとう、ナナに足をガブッと甘噛みされちゃいました。
ナナちゃん、足、おいしかった?

さて、朝起きて、鳥たちにごはん。

小鳥さん1

きてんの

2日間、小鳥の餌をあげていなかったので、今朝はご機嫌ナナちゃん。


小鳥さん2

いっぱい、きてんのよ


birds.jpg

雀たち、なんと、ヒヨドリがまだ食べているのにもめげず、すぐそばでにぎやかに食事中。
珍しくヒヨドリも追い払いません。
どちらも2日ぶりのおいしいごはんを満喫。


小鳥さん4

ぼく、見えないんだ

相変わらず、暖かくてもホットカーペットが大好きなマロン。
あのねえ、そこからは見えなくて当たり前でしょ。
動きなさいね、マロン。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


  生い立ち

   街の家

   山の家

プロフィール

沖 ゴンベエ

Author:沖 ゴンベエ

沖 ゴンベエ


2005年末に我が家にきたナナとマロンの飼い主。
前の猫を亡くしたばかりのところ、家ににきた2匹の猫にバタバタひっかきまわされ、遊んでもらっています。ちなみに、沖ゴンベは25年一緒だった前の猫の名前ですが、もともとは写真のお魚の名前。好奇心いっぱいでダイバーに近寄ってくる、ちいさな岩場の魚です。