FC2ブログ

写真でつづるナナとマロン、2匹の猫の物語

  ナナ


2005年10月初旬生まれの
女の子。
気が強くておすましさん。
でも心細くなるとマロン を頼っ
ている。 鳴き声がソプラ ノ。
山のお散歩で虫を捕まえる
のが大好き。
最近、「ダーウィ
ンが来た!」がお気に入り。


 マロン


2005年10月下旬生まれの 男の子。ひょうきんものでドジ だけど、くじけなくて人懐こい。 ナナが大好き。
なんでもナナの真似をしようと する。テレビの 「ダーウィンが 来た」が大好き。

  ナナとマロンのお家

ナナとマロンはいつもは街に 住んでいます。つづき・・・

  最近の記事

  月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

ナナとマロンにお便りをいただければ嬉しいです。 でも、メールには原則的にお返事を出せませんので ご了承ください。
名前:
メール:
件名:
本文:

マロンと帽子
今朝も帽子を被って畑へ。

マロンと帽子1

戻ってきたら窓辺にマロンがいたので、帽子を被せてみました。
マロン、これ、好きかな?


マロンと帽子2

ぼく、お外見てるんだ。

マロン、すぐに帽子をはずしちゃいました。
ふーん。ナナは帽子が好きなんだけどな。


マロンと帽子3

試しにも、一回。

「マロン、どお?」


マロンと帽子4

ぼく、やーだっと。

帽子をはずしてマロン、すたこら。

まったく、付き合ってらんないや、という感じ。


マロンと帽子5

マロンったら、帽子、居心地い?のに。

不思議そうなナナ。
ナナは帽子、だ?い好き。
(帽子) (帽子 その2)



マロンと帽子6

ぼく、帽子嫌いだ。

マロンはソファにどっかり。


マロンと帽子7

もう、帽子、やだよ。

わかったわ、マロン、もう帽子被せないからね。
同じ帽子に対する反応が全く違うナナとマロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

スポンサーサイト



大好きなレジ袋だけど・・・
ナナとマロンの用品を買って大きなレジ袋に入れて帰りました。

大好きなレジ袋だけど・・・1

「ナナちゃん、中に入る?」

これ、おっきいわ。

早速入り込んだナナ。探検、探検。
ナナはレジ袋だ?い好き。


大好きなレジ袋だけど・・・2

お外、見えるわね。

袋の中でゆとりのターン。


大好きなレジ袋だけど・・・3

なんか、ちょっと匂うわ。

うーん。缶詰は匂わないから、ドライフードの袋かな?

大好きなレジ袋だけど・・・4

眠くなってきちゃった・・・

どうやら居心地よさそうです。


大好きなレジ袋だけど・・・6

しばらくして見たら、あれれ?

お外に出ちゃってました。


大好きなレジ袋だけど・・・6

中、暑いの。


やっぱり・・・クーラーを弱ーくかけてますが、さすがに袋の中は暑かったのね、ナナちゃん。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

あぢ!
やっと畑に行ってきました!

野菜

今朝の収穫はこれ。
枝豆はあまり莢がついてないし、オクラは育ちすぎて・・・こりゃ、噛めないかも。
2週間以上殆ど放置したのだから、ま、仕方がないですね。
明日からだいぶ手を入れなければならないようです。まだ、暑いのに・・・

あぢ!1

ぼく、暑いんだ。

朝、起きてきて、まずはラグの上でゴロンと伸びきっているマロン。

こっちだって、暑いぞ、マロン。


あぢ!2

暑いの・・・

こっちも朝からグテッのナナ。
夜は途中でクーラーが切れるようにタイマーをかけて寝てるし、朝は風を通すため、
しばらくの間窓を開けてクーラーをかけません。


あぢ!3

あっちは朝、気持ちよかったのに・・・

何言ってんの、ナナちゃん、お山じゃ朝は「ちょっと寒いの」ってすぐにはお外に出なかったリしたじゃないの。
都合の悪いことはすぐ忘れるんだから、猫って、まったくー。


あぢ!4

「マロン、ごはんは?」

うーん、ぼく、まだいーや。

なんと!マロンが朝一番でご飯を食べません。
ま、夕方のごあんはナナもマロンもとっても良く食べるし、合間にいつの間にかドライも食べてますが、
量は減ってます。
ダイエットになるかな、マロン。

ちなみに、食欲をなくしたい私は相変わらずご飯がおいしい



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

帽子とトート
街に戻って、ナナはまだちょっと不機嫌。

帽子とトート1

時々、 「あっち?」と騒ぐナナに帽子を被せてみました。
暗くすると落ち着かないかな。

ところが、ナナはそのまま、帽子をずずずーっ。


帽子とトート2

帽子は下に落ちちゃいました。

?これ、どうしよう??

帽子が好きなナナ、どうにかしたいけど、帽子はひっくり返っているし。


帽子とトート3

しばらくして気づいたら、書斎に置いた夏用のトートの上にナナがどっかり。
帽子を被せてあげました。


帽子とトート4

あたしね、帽子好き。

ふーん。そうか。隠れ家になるものね。


帽子とトート5

これね、お山の匂いがするの。

夏の間、お山で使っていたトート。
お山の風や木々の香りがするのかな。


帽子とトート6


がっしりとトートの取っ手を抑え込むナナ。

「あのねえ、気にいったなら、中に入るかな、ナナちゃん。」

トートに入れるように持ち上げてみました。

帽子とトート7

入っちゃいました。
尻尾をふって御機嫌。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ふて寝のマロン?
暑い街に帰ってきました。

ナナは「あっち?、あっちに行くの?」と帰宅するなり、玄関で大騒ぎ。
私だって「あっち?」がいいんだぞ。でもね、そうはなかなか・・・

ふて寝のマロン?1

一方、マロンはお山の洗濯物をしたら、
なんと、いつの間にかその中にちゃっかり。
せっかく洗ったのに、これじゃ・・・


ふて寝のマロン?2

「あのね?、マロン」

ぼく、寝てんの。


あらら、珍しく不機嫌なマロン。
帰ってきてから、トイレして、お水飲んでご飯も食べたのに・・・
疲れたのかな。


ふて寝のマロン?3

ぼくね、疲れてんの。
あっち、気持ちよかったんだ。


マロンの顔、元気がありません。
大丈夫かな?


ふて寝のマロン?4

へーきだい。

ふーん。街のお家に戻ったのが気に入らないのね。
でもね、仕方がないんだけどな。


ふて寝のマロン?5

マロンったら、あんなとこで寝ちゃうのね。

さっきまで「あっち?、あっちに行くの?」と叫んでいたナナ、ようやく落ち着いて窓辺でグルーミングを始めました。


ふて寝のマロン?6

「マロン、眠いの?」

うん・・・ぼく・・眠い・・・

尻尾をパタパタ、返事しながら寝ちゃいました。

ふて寝のマロン?7

そのうち、暑くなって、いつの間にかタオルの外へ。



ふて寝のマロン?8

ひっくり返ってグーグー熟睡のマロン。


ふて寝のマロン?9

ナナもいつの間にか、すやすや。
やっと・・・静かになりました。やれやれ。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

何してんの、マロン?
吾亦紅も咲き始めました。

われもこう

ひとつひとつの花は目立たないけれど秋の訪れを告げる可愛い花です。

近くの友人の別荘で集まりがあって、夕方戻ってきたら、ナナもマロンも外遊び中。

何してんの、マロン?1

マロンは車道の松の木の根元を覗き込んで何か見つけたのかな。


何してんの、マロン?2

おっかしいなあ。


ジーっと松の木の根元を見つめるマロン。


何してんの、マロン?3

「何してんの、マロン?」

うん?


何してんの、マロン?4

えーっとね、うえのほう・・・

とっさに猫お得意の誤魔化しの術を使うマロン。


何してんの、マロン?5

・・・・


もちろん、上のほうには何にもなくて、探していた「何か」もわからず、戻ってきました。


何してんの、マロン?6

うーんと・・・

それでもなんか、ないかなあ、と戻ってくる途中もクンクンするマロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


夕方の裏山で
友人たちと車でちょっと遠くの高原に行ってきました。

こすもす

白樺林の近くではコスモスが咲き、そばの花も咲き始めてました。

帰宅してから、夕方ナナとマロンと裏山をお散歩。

夕方の裏山で1

ぼくも行くよ

一緒に歩くマロン。


夕方の裏山で2

ナナちゃん、来ないよ?

立ち止まってナナを待ってるマロン。


夕方の裏山で3

あたしも?

細い声で鳴きながらナナも上ってきました。


夕方の裏山で4

ナナちゃん、来たかな。

振り返るマロン。


夕方の裏山で5

ここ、なんか、匂うの。

ナナは土の匂いを嗅いだりのんびり。


夕方の裏山で6

あら、マロンったら、待ち伏せしてんのね。
あたし、ひっかからないわよ。



夕方の裏山で7

ナナに見つかっちゃったのに気づかなくて、
伏せしてナナを待ち受けてるマロン。




夕方の裏山で9

ナナがマロンが待ち伏せしているところを通らず、てっぺんの広場に着いたときには、あたりはもう薄暗くなって来ました。


夕方の裏山で10

マロン、来たのね。

後からがっかりしたマロン、登場。


夕方の裏山で11

この広場はナナとマロンの休憩所。
なんか、広場に名前をつけようかな。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ナナは車の上
お山の入口から川沿いに歩く遊歩道があります。
滝もあって涼しく、お客様を案内するととっても喜んでいただける道です。

sawagikyo.jpg

遊歩道沿いに咲いていたサワギキョウ。
はなびらがチリチリ、クルクルしているのでちょっと桔梗らしく見えないのですが、湿地に生えます。

1

昨日宵の口に夕立があって、今朝はうす曇。

ナナはデッキのテーブルの上の雨水を飲んでから車の屋根にぴょん。

あそこ!

何か見つけたらしくて、おひげがちょっぴり前に。

おひげが動くと口の上が横に張ります。


2

でも、いつの間にか見る方向が変わったナナ。
うーん。何もいなかったのかな。


3

あっ?なに?

今度は地面の上で何か動いたのかな。

ナナもマロンもこうやってデッキや車からあたりをいつまでも眺めているのが好き。
でも、ナナとマロンの視線を追っていると人間の目では捉えられないのか、気配だけでわからなかったのか、それともナナとマロンが勘違いしたのか・・・不明です。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

朝もテン
お山はもう秋。

matsumushiso.jpg

車で20分ほど行ったあたりはマツムシソウが咲き乱れています。
このお花、やさしくて大好きです。
でも、今年はお花の数が少なくてちょっとさびしい。

chigoyuri

家の周りでは緑色の可愛らしいちいさな珠が光ってます。

6月初めごろ白い花を咲かせるチゴユリの実です。
チゴユリはたいてい2つづつお花をつけているのに2つとも実っているのはなかなか見かけません。


今朝起きてお散歩に行こうとしたら、裏山でガサゴソ。

朝もテン1

あそこにいるわ!

目を丸くして見つめるナナ。
見たら、いつものホンドテン!すっかり明るくなったのにまだ活動してました。


朝もテン2

あっちに行ったぞ。


小心猫のマロンはこのテンは「お友達」と信じて怖がりません。
相手はウサギも噛み殺すこともあるのに、まったくしょうもない・・・


朝もテン3

あたしね、お散歩。


テンがいなくなって落ち着いてから裏山を登ることにしました。


朝もテン4

マロンは道端の笹薮に隠れて待ってます。
今日は地面に伏せじゃなくて、ちゃんと姿が見えないように工夫したわね、マロン。


朝もテン5

わあーいっ!

突然ナナの前に飛び出したマロン。


朝もテン6

や?ん!

あ、あれ?

ナナ、上手に攻撃をかわしました。


朝もテン7

そのまま、とっとこ逃げるナナ。

マロン、すかたん。


朝もテン8

でも、ちょっと歩いたら仲良く一休み。
マロンの攻撃はほんのお遊び。


朝もテン9


あたしね、攻撃されるの、やなの。


一人(一猫)でさっさと歩くナナ。
でも、ナナもマロンにいきなりタックルしたりしますが。


朝もテン10

山道のてっぺんの広場でくつろいでいたら、

あっ、犬!

家の前の通りをふとっちょのコーギーがとことこお散歩しているのを発見!


朝もテン11

ぼ、ぼく、こわい・・・

怖がりマロン、家のほうにあっと言う間に退散!


朝もテン12

マロンったら、ホントにこわがりね。

ナナはちゃ?んとマロンが逃げるのを見てました。

お山を歩くのに慎重なナナは道路を行く人や犬をあんまり怖がりません。
お山を大胆に歩くマロンは人も犬も車も怖い。
でも、この間も夜来たボス猫にはちゃんと向き合ってがんばったマロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


お散歩
お山にいる間、街の畑はどうなっちゃっただろう、と他の用事もあったので、猫たちにお留守番をさせていってきました。

shukaku-2.jpg

近くの畑の方に「何か実っていたら召し上がってください」とはお願いしたものの、採りきれなかったらしくて、地面にはオレンジや赤のトマトがちりばめられ、きゅうりは熟し・・・なんと、長さ37センチに!!
もったいないので持ち帰って「瓜」と思って煮てあんかけにしたら、おいしい。

さて、留守中いい子(??)にしていたナナとマロンと一緒に今朝もお散歩に。

お散歩1

あたし、昨日出られなかったもん。

昨日の分もお散歩するの、とせっせと歩くナナ。


お散歩2

あ、あれ?なんか、音がした?

相変わらず回りをキョロキョロ、寄り道マロン。


お散歩3

「マーローン、おいで?」

ぼく、行くよ?

追いつこうと足を速めるマロン。


お散歩4

でも、すぐにまたのんびり。

ま、好きにしてください。


お散歩5

マロンったら遅いの。

もう、斜面の岩に乗ってマロンを待ってるナナ。
ここはナナとマロンの大好きな遊び場所に上っていくところ。


お散歩6

草、食べてようかな。


お散歩7

マロン、ここよ。

やっとマロンの姿が見えてきました。


お散歩8

ふん??

マロンは草に夢中。


お散歩9

ナナのいる岩を過ぎてから、

あれ?あそこだ!

やっとナナに気づいたマロン。


お散歩10

ナナを追いかけて、さっきナナが乗っていた岩にたどり着きました。
でも、ナナはもう、上ってしまったので、マロン、また追いかけなくちゃね。

マロンはいっつもマイペース。さっさと行くナナに置いていかれます。
ま、猫はみんな、マイペースだけどね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


テーブルにお花
ランチにお客様が見えることになっているので、デッキのテーブルにクロスをかけてお花を飾りました。

テーブルにお花1

なに、おいてあるの?

お遊びから帰ってきたナナがさっそく気がつきました。


テーブルにお花2

調べなくっちゃ。

ナナは好奇心満々。


テーブルにお花3

これ、知らないわ。


そうね。お山には咲いてないものね。
千日紅っていうんだけど。


テーブルにお花4

こっちからも見なくっちゃ。

慎重にお花を調べるナナ。


テーブルにお花 5

あたし、これ、好きじゃないわ。

どうもお気に召さないようです。
ナナちゃん、お花を調べるのもいいけど、テーブルから下りてくださいな。
クロスがかかっていなければ乗ってもいいけど、クロスがかかっているときはだめ、としっかり教えなくっちゃ。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


テンの置き土産
朝起きたら、玄関の前がくっさ?い!!

テンの置き土産1

このあたりを縄張りにしているテンが夜中に置き土産をしていきました。

テンの置き土産2

これ、だれのだ?

マロンは興味深々。
あのテンのだってわかるかな?

テンのお土産を片付けてから、裏山の山道をお散歩。

テンの置き土産3

まって?

先に下りたマロンの後を追いかけてきたナナ。


テンの置き土産4

マロンったら、先に行っちゃうんだもん。

ちょっとむっとしているナナ。


テンの置き土産5

と、マロンが不審な行動へ・・・


テンの置き土産6

わ?いっ!

や?ん!!

下りてきたナナに飛び掛ったマロン。
でも、ナナは上手にぴょ?ん。
(ナナの動きが速くて後ろ足がウサギの足のように写っちゃいました)


テンの置き土産7

マロンから一目散で逃げていくナナ。


テンの置き土産8

あ?、ナナちゃん、行っちゃった。

マロン、残念でした。


テンの置き土産9

でもしばらくするとちゃんと一緒に仲良くしているナナとマロンです。


テンの置き土産10

遊びつかれたナナは午後、ダイニングの椅子の上ですやすや。
ダイニングテーブルの下、最近のナナのお気に入りの隠れ家です。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


また、尾根越え!
このごろ、お散歩の帰り道で尾根越えコースがすっかり気に入ったマロン。

また、尾根越え!1

ぼく、こっちから帰りたい。

ここまでは「だめー!」と制止してきたけど、このあたりだとちょうど我が家の裏。
ま、しょうがないか。


また、尾根越え!2

止めないな、と感じてあっという間に斜面を駆け上ったマロン。

ぼく、ここ!


また、尾根越え!3

あたしもっ!

ナナも駆け上がってきました。


また、尾根越え!5

お手々、汚れちゃうわ。

笹薮を抜けると落ち葉が濡れていて確かに汚れます。


また、尾根越え!6

うーんと、この石の上なら汚れないかな。

慎重なナナ。


また、尾根越え!7

こっちにお手々をついて・・・

石の上だけ歩こうとして無理な姿勢のナナ。
なんか、こんなゲームあったわね。


また、尾根越え!8

あっ、ここにも石。

ほっとした顔のナナ。


また、尾根越え!9

その間にさらに上のほうに駆け上るマロン。


また、尾根越え!10

あーっ、マロンったらあんなに上に行っちゃった。


また、尾根越え!11

うーんと、こっからどうしよう?


石の上で考えてるナナ。


また、尾根越え!12

もう、いいわ!

石の上をつたうのをあきらめて、枯葉の上をひょいっ。


また、尾根越え!13

えーいっ!

ついにマロンの後を追って、土の上を駆け上るナナ。


また、尾根越え!14

ナナちゃん、遅いよ。

あっ、マロン、だって汚れちゃうの。


また、尾根越え!15

やっぱり、汚れるのが気になるナナは足をひょい、ひょい。
変な格好で歩いてます。


また、尾根越え!16

足、汚れちゃった。

やっと家の裏手の広場にたどり着いて、切り株の上でさっそく足の手入れ。


また、尾根越え!17

お手々も汚れちゃったわ。


また、尾根越え!18

こっちのお手々も。

あのね、ナナちゃん。こっからお家に戻るまでにまた汚れるかもよ。
後で手入れしたら?

でも手入れに余念のないナナ、いつまでもいつまでも丁寧にグルーミングしてました。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

何の匂い?
アキノキリンソウを見かけるようになりました。

あきのきりんそう

名前のようにこの花が咲き始めるとこのあたりも夏から秋へ、花々がうつっていきます。


何の匂い?1

おやや、お散歩の途中に何か見つけたマロン。


何の匂い?2

?なんだ?

匂いをクンクン。
なんだかわかったかな、マロン?


何の匂い?3

うーんと・・

しきりに匂いを嗅ぐマロン。


何の匂い?4

マーローン

ナナがやってきました。


何の匂い?5

あ、ナナちゃん。

何してんの、マロン?


何の匂い?6

うーんと、あっちに何かないかな?

なんの匂いかわからなかったらしいマロン、猫お得意の誤魔化し作戦決行。
あのね、マロン、でもばればれだぞ。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

洞窟?めっけ!
マロンはお散歩の途中、斜面を駆け上るのが大好き。

洞窟?めっけ!1

今日も一人(一匹)で駆け上がったマロン。
ちょっと得意。


洞窟?めっけ!2

あっ!あそこ!


なんか、見つけたマロン。

よーしっ!

身構えて・・・


洞窟?めっけ!3

斜面を一気に駆け上りました!


洞窟?めっけ!4

ここ・・・どうかな?

あっ、マロン、まだ洞窟探しをしてるのね!
(マロンはまたまた洞窟物色中)


洞窟?めっけ!5

入れなかったんだ・・・

残念そうなマロン。
そう、頭しか入れなかったわね。


洞窟?めっけ!6

あっちにないかなぁ・・・



洞窟?めっけ!7

こっちはどうかなあ・・・

未練げにあっちを見たりこっちを見たり・・・
久しぶりにマロンの洞窟熱再燃か。


洞窟?めっけ!8

でも、ここ、見晴らしい?や。
ぼく、気に入った。


よかったね、マロン。岩も平らで居心地よさそう。
しばらくこの岩から動かなかったマロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


マロン、なあに?
今朝もお散歩のナナとマロン。

何のにおい?1

途中で、マロンがぴたっ!
一心に行く手を見つめてます。

だるまさんが転んだ、じゃないし、「マロン、なあに?」


何のにおい?2

う?ん。
変なヤツがいた気がするんだ・・・


あんまり自信のなさそうなマロン。


何のにおい?3

マロン、草がいっぱい。

うん。

そのうち、道路の真ん中の草をムシャムシャ。


何のにおい?4

あたし、あっちがいいかな。


トコトコ、もっと先に行くナナ。


何のにおい?5

あれ、なあに?

今度はナナがぴたっ!

さっきのことなんて忘れたマロンはひたすら草をムシャムシャ。

ナナとマロンが「何があるの(いるの)」というとき、殆どはすぐにまた歩き出して、「なにか」の気配が消えてしまったのか、気のせいだったのか、さっぱりわかりません。
でも時々、ナナたちの見つけてる方向を見るとカモシカ、狐、テンなんかを発見するので、いちおうわたしもぴたっ!



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


雨上がりのお散歩
このところ、曇ったり、小雨が降ったり。
昨夜も雨が降っていて、今朝玄関を開けたら、木々から雨だれがぽつりぽつり。

雨上がりのお散歩1

「雨がやんだから、お散歩に行きましょう」

あめ、ふってない?

ちょっと疑ってるマロン。


雨上がりのお散歩2

ふってないわ。行くわ、あたし!

やる気満々のナナ。


雨上がりのお散歩3

さ、行きましょ。

さっさと歩くナナ。マロンは後ろからのたのた。


雨上がりのお散歩4

遠くまで行くのよ、あたし。

それでも猫だからなかなかまっすぐには歩かないのね、ナナちゃん。


雨上がりのお散歩5

ぼく、遅れちゃった。

いつものようにあっちこっちに寄り道してナナからだいぶ遅れたマロン。


雨上がりのお散歩6

マロンったらまた来ないの。

なんだかんだ言っても、ナナはお散歩はマロンと一緒が好き。


雨上がりのお散歩 7

うん?ここ、なんか、匂うわ。


ナナはクンクンするのがだ?い好き。
このあたりからナナのクンクン寄り道始まり。


雨上がりのお散歩8

ここも匂いをかがなくっちゃ。

枯れ枝もなんか匂うのかな?


雨上がりのお散歩9

ぼく、来たよ、ナナちゃん。

遅いわよ、マロン。

やっとマロンが追いついてきました。


雨上がりのお散歩10

あっちでなんか、音がしたよ。

そうね。何かしら?

そろって斜面の下を見るナナとマロンです。

こうやって、2匹でコミュニケーションをとりながらお散歩するのが楽しいらしい。
一緒にいると本当に2匹の会話が聞こえてくるようで私も楽しい。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

怖がりマロン
シシウドの花を見かけるようになりました。

sisiudo

花はちいさいけれど、丈が高いのでとても目立ちます。
食べられそうな名前ですが、食べられません。

ぼく、こわい1

今日もお散歩に行こう、とお外にでたナナとマロン。
マロン、さっそく、草をムシャムシャ。


ぼく、こわい2

?なんだ?音がするぞ?

道路に出る前に不審な音に気づいてお座りしちゃいました。


ぼく、こわい4

と、

ぼ、ぼく、こわい!

車が近づいてくるのに気づいてマロン、とっとと一目散!


ぼく、こわい5

「マロン!」



立ち止まったマロン。


ぼく、こわい6

「大丈夫だから、おいで」

ホント?

疑ってるマロン。


ぼく、こわい7

ぼく、やっぱり、怖い。

スタコラ玄関に向かうマロン。

郵便屋さんとか、宅配便、知らない車はとっても怖がるマロン。
でも、初めてのお客様でも家にみえる人は大好き。
昨日も初めてお茶に見えたお客様の隣に座って甘えてました。
まったく、内弁慶です。


ぼく、こわい8

あたしも。

マロンにつられてナナもトコトコ。


ぼく、こわい9

でも、そのうち、ゆっくり歩きに。
マロンと違ってあまり怖がりでないナナ、やっぱりお外をゆっくり楽しむことにしたようです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

お散歩していたら、道端でイチゴを見つけました。

ichigo

ミヤマフユイチゴに似ているけど、葉の形が違うし・・・何イチゴだかわかりません。

さて、小雨の中、郵便局に行って戻ってきたら、雨があがりました。

車1

さっそく、飛び出して、車をクンクンするマロン。
マロンって地面の上にいると保護色。


車2

なんか、におうぞ。

あれ?停めてる間に何か匂いがついたのかな?


車3

なんか、においがするの。

ナナも車の下にもぐって調べてます。


車4

この下、調べなくっちゃ。

車の下にもぐっていくマロン。


車5

う、う。苦しいぞ。

ここ、匂うわ。

ナナは車のバンパーをクンクン。
なんで、そんなとこに匂いがついたんだろう??


車6

マロン、わかった?

ぼく、わかんなかった。

情報交換するナナとマロン。
でも、わかんなかったのね。
匂いを調べること自体が面白いらしいナナとマロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

待ち伏せ
himeshajin

水辺ではヒメシャジンが咲いています。
この薄紫色のベルのような形の花をつける高山植物は釣鐘にんじん、そばな、などいろいろあるので、私は毎回、区別するのが苦手です。


さて、今朝まだ雨が降らないうちに、と裏山をお散歩することにしました。
朝なのに雲がたれていて、薄暗い。
猫たちと違って、人間もカメラも薄暗いところはちょっと苦手だけど、ま、気持ちよくお散歩。





待ち伏せ1

さっそく、ついてきたマロン、昨夜来の雨で草が濡れているので、ちょっと手足をぷるぷる。


待ち伏せ2

「ナナちゃ?ん、いらっしゃい」

あー、あんな上にいるのね。

山道を見上げる、遅れて出て来たナナ。


待ち伏せ3

ナナちゃん、待ってる。

道端に座り込んだマロン。


待ち伏せ4

急がなくっちゃ!

あせあせ、歩いてくるナナ。


待ち伏せ5

来たぞっ!

ナナを襲おうと身構えるマロン。
おいおい、このために待ってたのね。


待ち伏せ6

ナナちゃん! マロン、お手々でちょい。

何すんのよ! ナナ、お手々でパシッ!!


待ち伏せ7

あ、あれ?

えいっ!

下から攻撃してるのに、ナナ、優勢。
力いっぱいのナナと手加減しているマロン。


待ち伏せ8

マロン、や?ん!

おっとと、ナナ、バランスを崩したか?


待ち伏せ9

あーあっ!

両手をついちゃったナナ。

まるでマロンに「まいりました」って言っちゃったみたい。


待ち伏せ10

やっぱり、さっきのナナのポーズでパシパシ喧嘩ごっこは終了。
すずしい顔でのんびりのナナとマロン。


待ち伏せ11

マロンったら、爪といでるのね。
あたし、先に行っちゃお。


マロン、のんびり丸太で爪とぎ。
ナナは山道を駆け上がっていきました。


待ち伏せ12

結局は山道のてっぺんの広場で一緒になったナナとマロン。
山道を歩いてくるといつもここで一人と2匹は一休み。


待ち伏せ13


広場はこんなところ。
この山道と広場はナナとマロンだけのお散歩道なので、あたりの別荘にたくさん人が来ても落ち着いて歩ける場所です。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ナナは慎重派
先月、お散歩中に見つけた黄色の蕾。先日お花が咲いているのに気付きました。

tomoeso tomoeso

蕾だとオトギリソウに見えましたが、咲いたのはトモエソウ。
はなびらが巴のように曲がってます。


夕方、裏山の山道をお散歩。

慎重なナナ1

あたしね、こっから下りるの。

丸太の上でどうやって下りようか考えているナナ。


慎重なナナ2

こっちにお手々をついて・・・つぎ、あっちね・・・

とっても慎重なナナ。


慎重なナナ3

よいしょっと・・・次は、えーと・・・


慎重なナナ4

ここね。大丈夫だわ。

一歩一歩慎重に歩くナナ。
ナナは踏みそこなったり、ずっこけたりするのは絶対に嫌。
「格好悪い」と思っているようです。


慎重なナナ5

えーっと、どっちに行こうかしら・・・


慎重なナナ6

こっちがいいわ。

こんなところ、考えなくてもいいと思うんだけど、ナナちゃん。


慎重なナナ7

丸太の上をそろそろ・・・


慎重なナナ8

枯れ枝を越えて・・・


慎重なナナ9


次はここに乗るのね。

ちょっと寄り目になって真剣なナナです。

ナナは外で歩くときはとっても慎重。考えて考えて進みます。

一方、マロンは考えずにドタバタ、ずっこけても気にしないタイプ。
どっちも笑わせてくれる(ナナの前では笑わないけど)、可愛い子です。






ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

寝起きのマロン
お山では方々の道端でヤマゼリを見かけるようになりました。

やまぜり

もっとも、セリ科で似た花が多いので、本当にヤマゼリなのか、ちょっと自信がありません。


お昼寝から起きてきたマロン、玄関から出てゴロン!

寝起きのマロン1

ぼく、まだ眠いんだ・・・

でも、玄関を開ける音で起きてきました。
お外に行くなら、ぼくも、と思ってます。


寝起きのマロン2

う、う?ん。

まずは目覚まし、お手々を延ばして のび?。


寝起きのマロン3

まだ、眠いや・・・


寝起きのマロン4

こっちも・・・う、う?ん。

今度は足も延ばして、のび?。


寝起きのマロン5

あ、あそこに何か、いるぞ。

やっとお目々の覚めたマロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

お昼寝
キツリフネが咲きました。

kiturifuneso

ツリフネだけど、黄色なので、キツリフネ。
きっとあとでこじつけたのじゃないかな、と思うほど、言いにくい名前だと思います。

お昼寝1

お散歩も終わって、2階のベッドルームの籠で一休みのナナとマロン。
いつも左にナナ、右にマロンが入ります。

手前の椅子のクッションがへこんでいるのはマロンが寝た跡。
マロンはこの椅子もお気に入り。


お昼寝2

目が覚めちゃったの。

そーっと近づいても気づくナナ。


お昼寝3

こっちは普通に近づいても全然気づかなくてグーグーのマロン。


お昼寝4

目の前でもぞもぞして、またスヤスヤ。
触っても起きません。


お昼寝5

ナナもだんだんうとうとしてきました。

街のお家にいても眠りの浅いナナ、どっちにいてもグーグーのマロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

夕方の玄関前で
ツリフネソウも咲いています。

つりふねそう

なぜか、この山で見かけるツリフネソウは葉がみんな、虫食い。
同じ仲間のキツリフネソウはそんなに葉を食べられていないのに。

7aR.jpg

さて、午後、玄関を出たところでまったりのナナとマロン。

夕方の玄関前で2

そうだ、あたし・・・

立ち上がったナナ。
どうするのかな?


夕方の玄関前で3

このほうがよく見えるわ。

座り直したナナ。


夕方の玄関前で4

うーんと、あっち・・・


夕方の玄関前で5

こっち?

キョロキョロ見回すナナ。


夕方の玄関前で6

こっちがいいわ。マロンのとなりにしようっと。

何か、見つけたのかな?


夕方の玄関前で7

すっきりお座りのナナとずんぐり、うずくまりのマロン。

別に何か見つけたわけではないのね。


夕方の玄関前で8

あっ、なんか鳴いたよ、ナナちゃん。

何かしらね?

仲良く語らい?の午後のひとときです。
猫たちってこうやってボーっとお外を眺めているのが大好き。
見ているこっちもボーっとして癒されます。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

尾根越え!
フシグロセンノウも咲き始めました。

ふしぐろせんのう

8月に咲く、オレンジ色が目立つ花です。
この2,3年、ナナとマロンのお気に入りのお散歩道で見かける数が増えました。
うれし?い


尾根越え!1

「ナナちゃん、お散歩行く?」

もちろん、行くわよ。

車の上でナナが尻尾をゆらゆらして御機嫌なお返事。


尾根越え!2


ぼくも、行く?。

鳴きながら、意見を表明するマロン。

「はいはい。一緒に行こうね、マロン。」

ナナに話しかけるのをちゃんと聞いていたマロンです。


尾根越え!3


お気に入りの道を歩いていたら、マロンが斜面を見上げてお座り。

「ナナ、マロン、尾根越えして帰ろうか?」

尾根越えが大好きなマロン、私の顔を見て、そのまま、斜面を駆け上がって行きました!
自分に都合のいいことはしっかり理解するいかにも猫らしいマロン。

今日のお散歩はこんなコースになります。




ナナとマロンの地図

尾根越え!4

ぼくここまで来たよ。


尾根越え!5

もっと上に行こうっと。

私も後をついてえっちらおっちら。

尾根越えはナナとマロンにとってはお遊びだけど、人間の私は道のない急斜面をよじ登るはめに。
でも、ナナもマロンも好きなコースなので、嬉しそうな顔を見るとついつい・・・


尾根越え!6

マロンったら、もう登っちゃったのね!

一人(猫)道に取り残されたナナ。


尾根越え!8

後を追って登ってきました。


尾根越え!9

ナナちゃ?ん、はやく?!

こういうところを登るの、だ?い好きなマロンは大張りきり。


尾根越え!10

よおっし!

勢いをつけてマロンのところまで駆け上ったナナ!


尾根越え!11

つっかまえったっと!

えっ、えっ!

マロンに追いついたと思ったら、お手々でマロンにタッチ!
マロン、捕まっちゃいました。


尾根越え!12

ナナちゃん、ぼく、待ってたんだよ。

ふふん。知ってるわ。

ナナも楽しくって御機嫌。


尾根越え!13

じゃ、ぼく、先に行くね。

えっ?

さっさと先に登っていくマロン。
せっかく追いついたナナ、置いてきぼりでびっくり。


尾根越え!14

ナナちゃん、まだかな。

今度はてっぺんの、ナナのお気に入りの松の木でナナを待つマロン。
なんか、マロンのポーズ、人間チックね。


尾根越え!15

あたし、こっちだも?ん。ふん。

マロンの待ってる松の木に行かずにもっと先の木に登ったナナです。
ちゃんとお手々で枝を抱えこんで細めの枝の上でも一休みしているナナ。
不器用マロンはこういうポーズは取れないだろうな・・・ということもわかって、ふふんと威張ってるナナです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



郵便屋さん
いつものお散歩道の斜面にヤマハハコが咲き始めました。

やまははこ

毎年この場所で見かけるのでいつ咲くのかな、とお散歩のたびに眺めています。

今日もお散歩から帰って、デッキでくつろぐナナとマロン。


郵便屋さん1

回り中緑のなか、鳥のさえずりもよく聞こえるし、カモシカさんも時々歩いているし、何かあったらキッチンに駆け込めるし、ナナもマロンもこの場所が大好き。

郵便屋さん2

いつもはデッキの床にいるマロンも今日は手すりの上。


郵便屋さん3

と、ババババッ!

?!なんだ?


郵便屋さん4

あれ、何?

手すりからおりて道に近いテーブルの上に移動して様子を見るナナ。


郵便屋さん5

ぼ、ぼく、逃げる・・・

こっちは手すりから床に下りてへっぴり腰のマロン。

郵便屋さんのバイクが家の前を通って行きました。
このあたりは定住している人が少ないので、郵便のバイクはめったに来ません。


郵便屋さん6

行っちゃったな・・・

まだお尻が下がっている、小心猫のマロン。


郵便屋さん7

大丈夫かな?

バイクを見送る・・・いや、もう、見えないでしょ、マロン。


郵便屋さん8

うん。もう、いないや。

普通の顔に戻りました。


郵便屋さん9

まったくー、怖がりなんだから。

マロン、しっかりしてよ、という顔のナナちゃんです。

でもね、ナナちゃん、野良さんが来たとき、マロン、一生懸命がんばったじゃない?
小心猫でもがんばるときは懸命にがんばるのよね、マロン。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

マロン、何かな?
家からちょっと下ると方々でクサフジの花を見る季節になりました。

nayokusafuji

これはどうやら、帰化植物のナヨクサフジ。
図鑑と首っ引きでないと区別できません。


マロン、何かな?1

お散歩に行こうかな、と玄関を出たら、マロンが何か見つけたようです。


マロン、何かな?2

慎重に近づくマロン。


マロン、何かな?3

そっと(マロンにしては)下におりて・・・


マロン、何かな?4

山ブドウの蔓の陰を覗いて・・・


マロン、何かな?6


あ、あれれ??


マロン、何かな?7

「マロン、何だったの?」

・・・なんでもなかった。

時々猫らしい嘘をつくマロンです。
きっと、判らなくなっちゃったのね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ナナのコロコロ
お山の入口を流れる河辺に咲いたシモツケ。

しもつけ

とまっているアキアカネの色がオレンジになってきました。
シモツケとシモツケソウをよく混同してましたが、やっと判りました。

ナナのコロコロ1

お昼寝から覚めて玄関から飛び出した途端、コロンのナナ。

ナナのコロコロ2

気持ちい?のよ。

コロンはたくさんしてね。
粗いコンクリートの上でコロンするとナナの多すぎる毛が抜けて助かります。


ナナのコロコロ3

どっちにコロンしようかしら・・・

夕方の日差しは柔らかでもう暑くありません。

ナナのコロコロ4

こっちにコロン!

おっとっと。コンクリートぎりぎり。


ナナのコロコロ5

ひっくり返って御機嫌。

どうもナナはこのぎりぎりの端でコロンが好き。


ナナのコロコロ6

今度はこっちにもコロン。


ナナのコロコロ7

頭をクィーッ。お得意ポーズ。


ナナのコロコロ8

で、そのまま頭をのばして・・・


ナナのコロコロ9

あ、あっ?っ!

大あくび。
まだ眠いのかな、ナナちゃん。


ナナのコロコロ10

ふーっ。

微風もあって涼しいし、気持ちいいのね。


ナナのコロコロ11

きれいにしよーっと。

そうね。丁寧にきれいにしてね。
お外で遊ぶとやっぱり汚れて土の匂いをつけてきます。


ナナのコロコロ12

と、思ったらいつの間にか、柔らかな夕方の日差しの中でうとうと。
街に違って、お山の夕方の日差しは暑くなくて気持ちがいいものね、ナナちゃん。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

暑い!
家の近くで方々でウバユリの花を見かけるようになりました。

うばゆり

この花、名前のようにあまり可愛くない・・・
色も地味だし「咲きかけ?」という程度の開き方で満開です。
この実は鹿の好物だけど、そのわりにはどんどん増えています。
もっと可愛い花が増えると嬉しいのだけど。

さて、お外で遊んでいたナナとマロン、お日様が出ていると暑くなってお家に帰ってきます。

暑い!1

ぼく、暑かったんだ。

床でゴロンのマロン。
こうやって体を冷たい床にくっつけて体温を冷ましてます。



暑い!3

暑いの?。

コルクの床にコテンのナナ。

ナナのほうがマロンより柔毛が多いので暑いのでしょう。
お山ではデッキで思いっきり毛を梳いてあげるのだけど、それでも熱中症に為りやすいナナ。


暑い!4

暑いのよ?。

こっちを見て訴えるナナ。
こういうとき、お水を持ってきてあげるとちょんちょんとよく飲んで体を冷やします。
お山のお水は地下200メートルからくみ上げている天然のミネラルウォーターでとっても冷たくておいしい。



暑い!2

ここ、気持ちい?よ。

いつの間にか、ちゃっかりと窓辺の籠に入ったマロン。

ここは出窓の両側を網戸にしてあるので、風が通り抜けます。


暑い!5

あつい。

こちらは腹ばいになって、お腹を冷やしているナナ。


暑い!6

あっ、小鳥の声!

少し元気が出てきたようね。


暑い!7

ぼくね、風が来て涼しいよ。

マロンは柔毛がナナより少ないし、ナナほど長時間お外で遊ばないので熱中症になったことはありません。
お昼寝タイムも多いものね、マロン。

お山の夏も4年目。
食べるのもお昼寝も忘れてお外に夢中になっていたナナも、時には朝寝をしたり、遊んでいてもお日様を避けたり、暑くなる前に涼しい場所で休むようになったり、だんだんお山の夏に慣れてきました。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


何の音?
山アジサイの花も咲き始めました。

やまあじさい

花は一見、ノリウツギに似ているけれど、ノリウツギは三角錐のようにとんがった感じに花がつくのに対して、山アジサイはアジサイと同じようにまあるく花がつきます。

さて、今日も近くの別荘に人が来ているので、安心な裏山でお散歩のナナとマロン。

何の音?1

そろそろ、おうちに帰ろうかな、と思ったら、

なんか、音がするわ!

立ち止まったナナ。


何の音?2

あらら、じゃ、小心猫のマロンはどこ?

ぼく、お家、帰るんだ。

あっという間におうちの近くまで下りてました。

本当に臆病なマロン。
でも、昨日の夜はデッキに来た野良さんと2時間、ガラス戸越しに睨み合ってがんばったものね。


何の音?3

マロンったら、もうあんなとこ行っちゃったのね。


音が何か、もうちょっと確かめるつもりで木に乗ってみたナナ。


何の音?4

でも、また音が!

あたしも下りる!


何の音?5

急ぎ足になったナナ。


何の音?6

斜面を駆け下りて・・・


何の音?7

もう、大丈夫ね。

お家の近くまで来てやっと落ち着きました。
気づいたら音ももうしません。

どうやら、近くの別荘の人が車から荷物を運ぶのにドアをドタンバタンしていたようです。
ナナもマロンも普段聞きなれない音にはとっても臆病です。
特にこの静かなお山では自然な音以外めったに聞こえないので、人工的な音にはすぐ反応します。


何の音?8

裏山の山道に芽生えたオオバギボシにも花が咲きました。
まだ葉もちいさいけど、カモシカにも食べられず、無事成長。
これから毎年大きくなってくれるでしょう。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


  生い立ち

   街の家

   山の家

プロフィール

沖 ゴンベエ

Author:沖 ゴンベエ

沖 ゴンベエ


2005年末に我が家にきたナナとマロンの飼い主。
前の猫を亡くしたばかりのところ、家ににきた2匹の猫にバタバタひっかきまわされ、遊んでもらっています。ちなみに、沖ゴンベは25年一緒だった前の猫の名前ですが、もともとは写真のお魚の名前。好奇心いっぱいでダイバーに近寄ってくる、ちいさな岩場の魚です。