FC2ブログ

写真でつづるナナとマロン、2匹の猫の物語

  ナナ


2005年10月初旬生まれの
女の子。
気が強くておすましさん。
でも心細くなるとマロン を頼っ
ている。 鳴き声がソプラ ノ。
山のお散歩で虫を捕まえる
のが大好き。
最近、「ダーウィ
ンが来た!」がお気に入り。


 マロン


2005年10月下旬生まれの 男の子。ひょうきんものでドジ だけど、くじけなくて人懐こい。 ナナが大好き。
なんでもナナの真似をしようと する。テレビの 「ダーウィンが 来た」が大好き。

  ナナとマロンのお家

ナナとマロンはいつもは街に 住んでいます。つづき・・・

  最近の記事

  月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

ナナとマロンにお便りをいただければ嬉しいです。 でも、メールには原則的にお返事を出せませんので ご了承ください。
名前:
メール:
件名:
本文:

お洗濯日和
しばらく留守にしている間に、あたりではノリウツギが満開になりました。

のりうつぎ

ウツギは卯月に咲くから、というけれどこのあたりではノリウツギは7月・8月が見ごろです。

今日は朝から晴れているので、先週10名泊り客があったときのお洗濯をすることにしました。


お洗濯日和1

白いバスタオルは風があるのでデッキに。
洗濯物を外に干すのは珍しいので、ナナが見物に来ました。


お洗濯日和2

気持ちい?の。

そよ風があって、お天気で・・・そりゃ、人間も気持ちい?のよ、ナナ。


お洗濯日和3

「タオルの陰から覗いているのはだ?れ?」


お洗濯日和4

ぼく。


急いでデッキのてすりにあがったマロンです。


お洗濯日和5

?この木、登っちゃおうかな?

「マロン、そこ、電気の配線があるから、登らないでね」

この木にはデッキを照らす照明が取り付けてあります。


お洗濯日和6

あたしね、一周すんの。

あたりを見ながら、ナナはデッキのてすりをお散歩。


お洗濯日和7

この上、歩けないかな。

「ナナちゃん、そこ、無理しないでね。」

バスタオルを干してる棒は丸くて細いから、いくらナナでも、それは無理。
乗ろうとしてお手々を掛けたら、きっとバスタオルを落っことしちゃいます。


お洗濯日和8

ふーん。じゃあ、ま、いいわ。


手すりの上をぐるーっと廻るナナ。


お洗濯日和9

こっちから・・・だめね。

やっぱり、物干し棒が気になるナナ。


お洗濯日和10
結局、マロンの近くのデッキの上に落ち着きました。
今日はお天気、微風のお洗濯日和。
しかも気温も高くなくて、猫もお散歩日和。
ナナもマロンもお外で遊んでてね。
今朝も4時起きの私はお昼寝しよーっと。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

スポンサーサイト



お山でお散歩
今朝4時起きでお山に来ました!
小雨の中、山荘に着いたら雨があがりました。

お山でお散歩1

気持ちのいい青空に雲がぽこぽこ。
気温も低めてなんとも気持ちのいいお天気です。

荷物の整理をして、朝食をとっていたら、ナナもマロンも
おさんぽ?、 おさんぽ?。

あのね?、あなたたちは着いたらすぐご飯食べたけど、私はやっと今食べてるんだぞ。
と、言いつつ、じゃ、お散歩。

お山でお散歩2

空気、おいしいの。

な?んて、猫は言わないわね。
家の前でまわりを眺めて楽しんでいるナナです。


お山でお散歩3

「ナナちゃん、お散歩」

いくわ!

待ってました、と言う顔のナナ。


お山でお散歩4

わーい、お散歩!

喜んで駆けていくマロン。


お山でお散歩5a お山でお散歩5b

雨上がりの道を仲良く並んで・・・          おっと、ナナ、ダッシュ!


お山でお散歩6

あたし、先がいいもん!

置いて行かれても相変わらずマイペースのマロン。


お山でお散歩7

一緒になると仲良くクンクン。


お山でお散歩8

でも、ふと見たら、やっぱりマロン、置いてきぼり。

ナナちゃん、あんなに先に行っちゃいました。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


マロン、雀だってば!
今朝は雨。
でも、明日からお山に行きたいので、菜園へ。

収穫

採れたのはトマト4キロ、なす、きゅうり、オクラ、万願寺とうがらし。私はずぶぬれ・・・
トマトはサルサソース、びんづめ、そして半分はたぶん、くだもののようにそのまま、食べよう。
しかし・・・トマト漬けになりそう。
そうだ、お山に行ってから、お裾わけしよう!


さて、雨でも窓辺で雀を待っていたマロン、いつものように雀たちから丸見えで番を張るのでチュンの声もなし。

諦めてソファに寝に行っちゃいました。

と、それを待ってた雀たちが降りてきました!

マロン、雀だってば!1

「マロン、雀さんたち、来てるわよ」

なに?


マロン、雀だってば!2

「マロン、雀さん!」

ぼく、待ってても来なかったんだ。

不満顔のマロン。

違うって!今、来てるんだってば!


マロン、雀だってば!3

あれ?ナナちゃん、来たの。


マロン、雀だってば!4

マロンったら、ばかね。
小鳥さんたち、食べてんのよ。


私がマロンに話しかけていたので気づいて雀を見に来たナナ、
マロンがわかってないのに気付きました。


マロン、雀だってば!5

えっ、小鳥さん?
ぼく、お外を見なくちゃいけなかったんだ。


ナナの言うことはわかるマロン、あわてて座り直しました。


マロン、雀だってば!6

じゃ、さっきから、お外を見ろって言われてたのかな??

今頃になって、ようやくわたしの言ったことがわかったのかな、マロン。

何か話しかけるとナナは感がよくて理解することが多いけど、マロンは「ごあん」「おさんぽ」以外はわりと、とんちんかん。
はあ  ま、愛情は伝わってるからいいわね、マロン。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


夏のトート
畑ではオクラが稔りました!

okura

ししとうみたいに下に垂れるんだと思い込んでたら、上に向かってつーん。
ふーん。オクラってこういう風に稔るんだな、と初めて知りました。


夏のトート1

さて、夏用のトートを出したら、さっそくナナが潜り込み!
タコつぼならぬ、ナナは箱やバッグ、袋にすぐ入り込みます。


夏のトート2

ナナちゃん、何してんの。

早速マロンが見に来ました。


夏のトート3

ぼく・・・入れないな・・・

最初から諦めてるマロン。
正確に言うと、「頭突っ込んでも全部は入れない、中でターンもできないから、お尻からでバックしなくちゃなんない」って思ってるのよね、マロン。
わたしもそう思うわ。


夏のトート4

ぼく・・あん中にはいりたいな。

ちょっと未練顔のマロン。


夏のトート5

「ナナちゃん、どお?」

こん中、好きよ。

トートの中で御機嫌ナナちゃん。


夏のトート6

トートがどうしても気になるマロンのそばに置いてみました。

ナナちゃん

恐る恐るトートを覗きこむマロン。

怒られちゃうかな?


夏のトート7

ね、ナナちゃん


そーっと近づくマロン。


夏のトート8

っるさいわね?。

ナナちゃん、御機嫌斜めになっちゃいました。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

小鳥さん、待ってるの
週末、友人たちと山の家からゆり園を見に行きました。

yuri

「人工的に植えたゆりなんて」とあまり期待していなかったら、予想外に量も多く、なかでもこの白樺林に咲くゆりは素敵で嬉しくなりました。また、別の時にも来ようっと。

さて、街のお家に戻ったナナとマロンは朝起きるとすぐに「小鳥さん!」

小鳥さん、待ってるの2

マロンは起きたらまず、お庭に面した窓へ。

「マロン、そこにいたら小鳥さん、降りてこれないのよ」

なに?

しっぽを持ち上げて、お返事のマロン。


小鳥さん、待ってるの3

ぼく、ここで待ってるんだ。

あーあ、わかってないのね、マロン。
猫が網戸の向こうで待ってるところには小鳥さん、降りてこないのよ。

それでもずーーーっと窓辺でお座りのマロン。


小鳥さん、待ってるの6

ぼく、待ってたのに、来なかった。

ついに待ちくたびれて、ラグにゴロン。


小鳥さん、待ってるの1

「マロン、ここで待っててごらん」
窓辺のキャビネットに乗せたら、すぐに雀たちが近くまできました。

思わず、おひげが前に出て、興奮のマロン。


小鳥さん、待ってるの4

あたしね、よく見えるもん。

ナナはこの頃、窓辺に置いた段ボールがお気に入り。
お外が見えるように置いたら、よくこの中で寝てます。


小鳥さん、待ってるの5

あ、小鳥さん、来た!

お外からナナは丸見えだけど、どうも雀たちも学習してるらしくて、ガラス越しだと怖がりません。


小鳥さん、待ってるの7

ナナとマロンが急に襲撃したりしないな、とやってきた雀たち、食べて食べて、食べまくります。
ちょと・・・甘やかしてるかな。
でも、雀たちが盛んに啄んでるのを見るのは、私も結構幸せ



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


帰宅
この頃、街へ帰るのは夕刻出発して到着は夜8時過ぎです。

帰宅1

ナナとマロンは本当にわかっているのかどうか、高速を降りると「お家が近い!」と騒ぎだしてこんなふうに、めちゃくちゃ。
運転席側の前には来させないので、運転には差し支えないのですが、それにしても傍若無人な子たちです。

桔梗

朝起きたら、留守中に桔梗が満開になってました。
背が高い10年選手の紫色、今年植えた白は背が低くて、紫と並べません。
2,3年したら、紫と白が並ぶのだといいのだけど。

しゅうかく

これは今朝の収穫の半分。半分は友人に届けました。
たった3日留守にしただけでキュウリ6本、トマトいっぱい(数えられない・・・)
万願寺とうがらしも。収穫し、草取りし、キュウリのつるをまとめ、トマトの脇芽を摘み、水をあげたら、気温は高くなくても、顔からも汗が滴り落ちました。

日が高くなると街は熱暑。戸外は信じられないような暑さでいつもの夏はあまり点けないクーラーも必需品。

帰宅2

クーラー大好きなマロン、さっそく書斎のクーラーの前に顔を出していい気持ち。


帰宅3

「あのね、マロン、そんな近くであたるもんじゃないのよ」

えっ、だめなの?

そっか、マロンは毛皮があるから直接風にあたっても大丈夫なのかな?

と、ナナが来ていつものバトル!!

帰宅4

あたしね、勝ったの。

あーあ、また、マロン、負けちゃいました。
マロンのあと、ちゃっかり涼んでいるナナです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


マロンったら! その2
さて、マロンがかってに斜面を登っていっちゃった後、
一人(一猫)残ったナナ。

マロンったら! その2  1

あたし、ここ、降りたいな・・・


マロンったら! その2  2

うーん。


マロンったら! その2  3


マロン、来ないのかな?

一人で斜面を下りて行くのはちょっと心細くて、マロンのいるほうを見るナナ。
でも、マロンはいない。

仕方なく、またトコトコ。
このあたり、ナナはゆっくりあっちこっち見ながら歩くのが好き。

マロンったら! その2   4

あっ、ここ、好き。

道端をクンクン。
ここは、ナナがよくコロコロするところです。


マロンったら! その2  5

!登ろうかしら?

今度は道の左手、登り斜面を見るナナ。
ナナは登るほうが斜面を降りるよりは得意。
でもね、ナナちゃん、登るってことは下りるのよ。

マロンったら! その2  6

・・マロン、来ないかなぁ。

マロンのいるはずのあたりを見上げるナナ。
やっぱり、マロンがいるほうが心強いのね。


マロンったら! その2  7

いーもん。あたし、登っちゃうもん。

決心して斜面を上り始めたナナ。


マロンったら! その2  8

一歩一歩慎重に上るナナ。
あーあ、マロンはほうっておいても大丈夫だけど、ナナがこれ以上斜面を進むとややこしいことに。


マロンったら! その2  9

マロン、来ないかなぁ。

やっぱり、マロンにいてほしいらしくて、盛んにマロンのいるはずのほうを見るナナ。
こりゃ、自信がないんだな。

「ナナちゃーん。降りてらっしゃい。帰るわよ?!」

こう、声をかければ、自信がなければちゃんと降りてくるし、大丈夫なら、聞こえないふりをして登っちゃいます。


マロンったら! その2  10

あたしね、呼ばれちゃったの。

しぶしぶ、降りてきて、あとをついてくるナナ。
やっぱり、一人じゃ自信がなかったんだな。


マロンったら! その2  11

マロンったら、まったくー!

斜面を下りたかったし、登りたかったナナにとって、今朝のお散歩を台無しにしたのは「マロンのヤツ」。
ホントはね、ナナちゃんが一人でもちゃんと登ったり降りたりできればいいのよ。
運動能力はあってできるのに、なぜか一人だとちょっと自信がないナナ。


マロンったら! その2  12

と、曲がり角を曲がったら、トットと前を逃げていく猫が!

「マロン!」

マロンのお耳がピクッ。

あ”、ぼく、間違えちゃった!

どうやら、道まで下りてきてお家に帰る途中、足音を聞いて、後ろから知らない人が来ちゃうから逃げよう、としていたらしいマロンです。
はあ?、飼い主の足音を間違えるな、マロン。


akiakane.jpg

お散歩の途中で見た、今年初めてのアキアカネ(アカトンボ)。
まだ黄色です。これからオレンジになり、赤くなると里に下りていきます。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

マロンったら! その1 
家の近くではアカショウマの花が咲いています。

akashoma.jpg

これ、咲き始めは白がとってもきれい。
だんだん、黄色っぽくなってしまうのですが。

さて、今朝のお散歩。

マロンったら! その1 1

お家を出て、すぐに道端にしゃがみ込んだマロン。
何か見つけたようです。


マロンったら! その1  2

あたし、先に行くもん。

お散歩では遠くまで行くのが好きナナはマロンをおいて、さっさか、さっさか。
マロン、ナナのうしろのほうに黒く写ってるの、わかりますか?


マロンったら! その1  3

あ、あっちで鳥の声がしたわ。

ナナもあっち見てこっち見て・・でも、さっさか。


マロンったら! その1  4

「マーローン、いらっしゃ?い!」

はいはい、行くよ、ぼく。

まだ道端で何か見ていたマロン、呼ばれてしぶしぶ腰をあげました。


マロンったら! その1  5

ぼく、まだ見ていたかったんだぞ。

ちょっと不満顔のマロン。
猫たちの「もっと見ていたい」につきあっていたら、1時間でも動かなくなっちゃいます。


マロンったら! その1  6

やっと、そろってお散歩。


マロンったら! その1  7

と、思ったら、おやや、マロンの視線が道から逸れてる!


マロンったら! その1  8

あっ、マロンったら! 登っちゃったわ!

マロン、斜面を駆けあがっちゃいました。


マロンったら! その1  9

ぼく、こっちがい?んだ。

あーあ。マロンったら、こりゃ、降りてこないな。
いつもだと、ちょっとこっちが先に行けば急いで降りてくるマロン、なぜか今日はおへそが曲がっていて、全然降りてきません。
マロンはほうっておいて、お散歩、続けようね、ナナちゃん。
(明日に続く)



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ね、何してんの、マロン?
道端にはヒメシオンが咲いています。

shion.jpg

でも、これ、ヤナギバヒメシオンとのアイの子かしら?葉の切れ込みがとても少ない・・・
植物って本当に難しいですね。

さて、今朝もお散歩のナナとマロン。
ちなみに、私が外に出る気配がないとマロンは家に戻って催促するし、ナナはたいていお外で待ってるし・・・朝食前にお散歩しないと落ち着いて食べられません。

ね、何してんの、マロン?1

「マロン、なにしてんの?」

道端でお座りしていたマロン、お耳がピクッ。


ね、何してんの、マロン?2

ね、マロン、何してんの?
何か、あるの?



ね、何してんの、マロン?3

ね、マロンったら!

・・・・


ね、何してんの、マロン?5

マ ロ ン !

・・・ぼく、何にもしてないよ。

朝日がまぶしいマロン。


ね、何してんの、マロン?6

まぶしくないほうに行こうっと。

えっ?


ね、何してんの、マロン?7

ちょっとお、マロン、態度悪くない?

無愛想なマロンに御機嫌斜めのナナ。

あのね、ナナちゃん、誰だってそんな時あると思うわ。
いきなりひっぱたくナナちゃんより態度悪くないわよ。
相変わらず、朝から我が侭ナナちゃんです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


朝の裏山で
今、家のまわりでは山栗の花が満開です。

くりのはな

山の上に上って見下ろすと木の上のほうに花がいっぱい。
朝から蜂がぶんぶん飛び回ってる羽音がしています。

今朝はナナとマロンに声をかけて家の裏山に登りました。

朝の裏山で1

マロンったら、どこかしら?

さっさと先頭を行くナナ。


朝の裏山で2

これね、あたしの木なの。

ここに登ったら、必ずお気に入りの松の木に登るナナ。
登るといっても、この木は根元から3メートルくらいは横倒しなので、歩く、と言ってもいいかも。

朝の裏山で3

変わりはないかしら

クンクンするナナ。このあたりの、ちょっと上に伸び始めてるあたりがお気に入り。


朝の裏山で4

マロン、どこ?あっ、いた!


朝の裏山で5

松の木のすぐそばで伏せーっしているマロン。

ぼく、隠れてんの。

あー、マロンったら、またナナちゃんに飛びかかろうとしてるな。
でもね、ナナに見つかってるのよ、マロン。


朝の裏山で6

ふふん、あたし、知ってるもん。

余裕で爪とぎのナナ。


朝の裏山で7

あっ、あそこで遊ぼうっと。


朝の裏山で8

松の木を降りて笹藪に入ったナナのあとをマロンが追いかけて

マロン、来たのね。

う、うん。ぼく、来た。

後ろから飛びかかる作戦、失敗のマロン。


朝の裏山で9

チェッ、失敗しちゃった。

マロン、諦めたのかな。


朝の裏山で10

あ、あっちになんかいそうだな。

あたりをきょろきょろのマロン。


朝の裏山で11

これ、齧れないかしら?

食べるのにちょうどいい草を探してるナナ。
でもね、ナナちゃん、それ、違うと思うわ。


朝の裏山で12

僕ね、降りちゃうよ。お腹、空いた。

マロンは先にさっさと降りて家の近くまで行っちゃいました。
そっか、朝ごはんがまだだったのね。


朝の裏山で13

あっ、マロンったら、一人(一猫)で降りちゃったのね。


朝の裏山で14

うん?なんだ?

降りる途中で脱線マロン。(毎度ですが)


朝の裏山で15

次に降りてきたナナちゃん、マロンと同じ場所で足を止めて

?これ、だれ?

マロンとナナの興味を惹いたものはなに?


朝の裏山で16

蝶々さんでした。枯葉と保護色だけど、羽が動くのが猫たちの興味を惹いたようです。
でも、おとなしいので、ナナもマロンもふーん、で終り。
蝶々さん、無事でした。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


変なヤツ
オオバギボシが咲き始めました。

giboshi3.jpg

今年、かもしかにあまり食べられなかったので、家のまわりはギボシの葉がずいぶんたくさんあります。
でも、花が咲くようになるまでは数年かかるようなので、花の咲く株は大切にしてます。

ギボシを見ていたら、近くでマロンが何か、じーーっ。

変なヤツ1

「マロン、何してんの?」

こいつ、変なんだ。


変なヤツ2

くねくねするんだ。

「マロン、それ、ミミズさん。土をよくしてくれるから、獲らないでね」


変なヤツ3

あれ?伸びたぞ?

近寄ってクンクンのマロン。
どうやら、抵抗しない、おとなしいヤツだと思ったらしい。


変なヤツ4

動かなくなっちゃった・・・

そりゃ、ミミズは恐怖(?って感じる?)で固まってる?


変なヤツ5

噛んじゃおかなぁ・・・

マロン、噛む寸前でやめました。
どうやら、捕まえるとき、相手がちょっとあばれないと面白くないらしい。
よかったね、ミミズさん。

ちなみにナナはずーーっと前、大きなミミズを咥えて戻ってきて、

これ、いらない。変なの。って私にくれました。
どうもミミズは猫たちの好みではないらしい。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


アップ
朝早く、裏山に上って遠くの山を眺めるととてもいい気分です。

yamayama_20100720000128.jpg

今朝はうっすらと山並みが重なってブルーのグラデーションになってました。

昼間思いっきりお外で過ごすナナとマロン。
お昼寝も窓を開けてある車の中、トイレもお外、日中デッキだったり、玄関まわりだったり、車の中だったり、家の近くにいることが多いのですが、家の中に入ってくるのはごはんとお水。

だから、夜には遊び疲れてます

26a_20100720000128.jpg

「ナナちゃん、疲れたの?」

ふーん。


ごあんの後、床にコテッのナナ。

たまにはアップで撮ろうと迫ってみました。


26b_20100720000127.jpg

ふーっ。

人間だったら、こんなため息が聞こえてきそうなナナの様子です。
もう、いっぱい遊んだから、いーや、と思ってるのかな。


26c_20100720000127.jpg

こっちはナナよりお昼寝の時間がなが?いマロン。
寝ている分、疲れてないのね。


26d_20100720000126.jpg

ぼくね、いっぱい遊んだ。面白かったよ。

うん、よかったわね、マロン。
しかし、もう一遊びしそうな顔だな。

この後、やっぱり、2匹で家中追いかけっこしてました。
ナナちゃん、疲れていたはずなんだけど?



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ナナは車の上
ホタルブクロの花も咲き始めました。

hotarubukuro.jpg

これはお散歩中に見かけた花です。
多年草なので、このあたりのはず、と思って探したら、我が家のはまだ蕾。

さて、朝起きてナナはすぐお外へ。
それから着替えたり、家の用をしてからやっとお散歩に行こう、とお外へ出たら、

ナナは車の上1

ナナは待ちくたびれて、車の屋根でのび?。

あたし、待ってたのよ。


ナナは車の上2

う?ん。こっから降りようかしら・・・

「あら、いつもは前デッキから降りるのに?」


ナナは車の上3

あっ?そうか。


ナナは車の上4

じゃ、デッキから降りようかな。

やれやれ。待ちくたびれて、ちょっとすねてるナナです。
でもね、人間は身だしなみだの、いろいろあるのよ。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


マロンとアゲハ蝶
家の周りでキバナノヤマオダマキが咲き始めました。

マロンとアゲハ蝶1

数年前に一株咲いたのが、今では家のまわりのあちこちで咲いてくれます。

さて、朝、「お散歩」と声をかけて一緒に玄関を出たはずのマロンがついてこない。

??
マロン、どこかな?


マロンとアゲハ蝶2

いました!
黒いアゲハ蝶を見つけて、じーーーっとうずくまってます。


マロンとアゲハ蝶3

このアゲハ、停まりそうで停まらない。


マロンとアゲハ蝶4

マロン、辛抱強く、じーーーっ。

おひげ、前に出ていて、懸命に狙っているマロン。


マロンとアゲハ蝶5

あ、飛んでっちゃう!

あせるマロン。


マロンとアゲハ蝶6

アゲハ、さらに上に。
どうやら、ボタン蔦の甘い香りに釣られているようです。


マロンとアゲハ蝶8

届かないや・・・


蝶はさらに上に・・・


マロンとアゲハ蝶9

と、こんな近く!

ぼ、ぼく、狙うぞ!


マロンとアゲハ蝶10

と、次の瞬間、蝶はすーっと上に。

く、悔しい。


マロン、ついに全く手を出せませんでした。(蝶々さん、よかったわね)
「さ、マロン、お散歩に行きましょう。ナナちゃん、待ってるわよ」



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


木登りごっこ
玄関の近くでボタンヅルが咲き始めました。

botan-zuru2.jpg

この花、スイートアリッサムに似た、とても濃厚なあま?い香りがします。

雨の上がった今朝、ナナもマロンも元気、元気。
一本の木に一緒に駆け登っちゃいました。

木登りごっこ1

ナナちゃ?ん


マロン、どいてっ!あたし、下りるの!

木登りごっこ2

そっか、ぼく、先に下りなくっちゃ!

あせって飛び下りるマロン。なんて、猫(人)のいい・・・


木登りごっこ3

こ、こわい・・・

頭を下にして、危なっかしい足取りで下りてくるナナ。
ナナは木登りは好きだけど、下りるのは苦手。


木登りごっこ4

もうちょっとだわ・・

あのね、お尻を下にして下りるか、飛び降りるのよ、ナナちゃん。


木登りごっこ5

最後は
えいっ!

飛び降りました。

ナナちゃん、大丈夫?

心配して待ってたマロン。

と、マロンに心配されて格好悪かったかな、とそのまま次の木にすごい勢いで駆け登ったナナ。

木登りごっこ6

ああーっ、登りすぎちゃった・・・


木登りごっこ7

お、下りなくっちゃ!

今度はちゃんとお尻から下りようとしているナナ。


木登りごっこ8

う。下までずいぶん、あるわ。

思わず、下を見てぶるっちゃったナナ。


木登りごっこ14

ナナちゃん、大丈夫?

あらら、いつの間にやら、マロンも別の木に登ってました。


木登りごっこ9

よいしょっと。

少しづつ、なんとかずり下りてくるナナ。


木登りごっこ10

下・・まだあんなに遠い。

「ナナちゃん、斜面の下側を見ちゃだめよ。」


木登りごっこ11a 木登りごっこ11b

そっか、こっち見るのね?             も、やっ!
                             思い切って飛び降り!


木登りごっこ15

ぼくも降りちゃお!

こっちは思いっきりのいいマロン、ドサッと飛び降り!

ナナの木登りは、登るのは一瞬、下りるのは大騒ぎです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


大水!
家の近くではウツボ草が群れをなして咲いています。

utsubogusa.jpg

ひとつだと目立たないけど、たくさん咲いているとちいさなお花もきれいです。

家の前の道を下っていくと、大雨の後で、斜面から水が滲みだして流れを作っていました。この場所は大雨のあと、いつも水が出てくるところ。でも、今回はいつものちょろちょろではなく、音をたてて水が流れています。

大水!1

あ、お水!

濡れちゃうぞ。

道路を流れる水の前で立ち往生のナナとマロン。
水はほんの2,3ミリの深さだけど、道路の巾いっぱいに流れています。

大水!2

マロン、どうする?

うーん。

流れのない道の端に寄ったナナとマロン。


大水!3

後ろから廻れない・・・だめだわ。


前はずっと水だぞ。

濡れるの、大嫌いなマロン。


大水!4

お水、深いの?

うーん。

2匹とも、考えてるな。
こういう時、危険はないので好きにさせてます。
たまには頭を使おうね。


大水!5

ぼく、こっち。

マロン、どろんこの中を歩き始めました。


大水!6

あたし、よごれんのや。
こっち、渡れないかな・・・


でも、お水の中を歩く決心がつかないナナ。


大水!7

・・・仕方ないわ。

なるべく泥になっていないところを選んで歩くナナ。
でも、ナナもマロンもなんだかんだ言っても、結構面白がってます。
どっちも「帰る」って言わないもの。


大水!8

マロン!

あ、ナナちゃん、来たの。
ぼく、このやぶ、見るんだ。



大水!9

あたし、先に行くわ。

ナナ、濡れてる中を歩くのにすっかり慣れてきました。


大水!10

ど、どうしよう??

?ナナちゃん、大丈夫?


ナナ、やっと乾いた地面にたどり着いたものの、その先、道路を渡れないでまた立ち往生。


大水!11

うーん。水、おおいな。

オオバコの根元はすっかり水浸し。
こんなところを歩いた足で家に入ってほしくないな、マロン。


大水!12

ナナちゃん、大丈夫かな?



大水!13

あたし、渡れない・・・

道路をとうとうと流れる水の前で立ち往生。

このあと、
えいっ!
とばかりに水しぶきをあげなたら、トットと道路を渡ってブルブルしたナナです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


雨?やんだ?
今朝、4時に起きてまたお山にやってきました。
途中、雨、大雨、曇り、そしてまた小雨。

雨?やんだ?1

「ナナちゃん、濡れない?」

お外がいーの。


あれ、マロンは?


雨?やんだ?2

ぼく、ここ。

テーブルの下で雨宿りしてるマロン。


雨?やんだ?3

デッキのてすりにナナ、テーブルの下にマロン。

ナナはあたりがよく見えるけど、マロン、そこで見えるのかな?


雨?やんだ?4

もう、降ってないな。

テーブルの下から出てきたマロン。
やっぱり、よく見えなかったのね。


雨?やんだ?5

こっちのほうが面白いな。

デッキの端にうずくまって、あたりをキョロキョロ。


雨?やんだ?6

あそこ、なんかいる?


ナナもお目々を見張って、好奇心いっぱい。
楽しそう。


雨?やんだ?7

いつの間にか、マロンも手すりの上へ。
こっちのほうが遠くまでよく見えるものね。


雨?やんだ?8

気の向くまま、あっちを見たり、こっちを見たり・・・


雨?やんだ?9

マロンも楽しくって、顔が子供のようになりました。
ナナとマロンのこういう顔を見ると、ちょっとスケジュールが厳しいけどやっぱりお山に来てよかった、と幸せになります。

雨?やんだ?10

朝から打ち合わせに来てくれた工務店の人にご挨拶のナナ。
ナナちゃん、4月にも会ってるの、思い出したかな?



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

マロンと荷物
今朝の収穫。

kyuri_20100714082645.jpg

キュウリ、トマト4種類。初めて普通サイズのトマトが取れました。

さて、朝食後ナナはお気に入りになったベッドルームの籠の中へ。

マロンと荷物1

様子を見に来て、わざわざナナの寝ている籠の下をくぐってみるマロン。
うん?何か見つけたのかな?


マロンと荷物2

これ、なんだ?

お山行きの荷物をまとめてあったのが気になったようです。


マロンと荷物3

はじめて見るぞ?

この間買ってきたチェストの上に乗っちゃいました。


マロンと荷物4

マロンったら、何騒いでんの?うるさいわ。

マロンのバタバタに起こされちゃったナナ。
マロンは歩いても、何しても音を立てる猫らしくない猫です。


マロンと荷物5

ナナとマロンはこんな関係。
マロン、しきりにビニール袋の中を覗いてます。


マロンと荷物6

ぼく・・・こんなか、入れるかな???

ビニール袋の中に潜ってみたいけど、自信のないマロン。


マロンと荷物7

ナナちゃんなら入れるな・・・
もう、入ったのかな?



マロンと荷物13

マロンには無理よ。


ナナの冷たい一言。
あれ?でも、ナナがこの中に入ったのを見たこと、ないぞ。


マロンと荷物9

う?ん。入りたいなぁ・・・入れないな・・


マロンと荷物10

やーめたっ!

ついに諦めたマロン。


マロンと荷物11

こんだ、こっちだ。

ベッドサイドの椅子に移動。ここはマロンが夜時々寝る場所です。


マロンと荷物12

って、ここだな。

あーあ、そこ、最近はナナのお気に入りで独占している(つもり)のところ。
マロン、ナナちゃんに怒られないかな?


マロンと荷物8

ちょっとお!マロン、そこ、あたしんとこ!

ナナちゃん、御機嫌斜め。
知らないぞ、マロン。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ナナの新しいお気に入り
今朝、起きぬけにナナが箪笥の上からベッドのヘッドボードの上をドドドドッ!
ガッシャーン!

ナナの新しいお気に入り1

陶器のナイトランプを倒して割っちゃいました。

かけらを始末して、ランプを見たら、陶器の部分が2/3に。
中の金属丸見え。しかもまだ、ひびが入ってるし・・・
ナナがこのランプを倒して割ったのはこれで2度目。
同じものをまた探して、シェードをオーダーするのはとっても大変。


ナナの新しいお気に入り2

さて、同じベッドルームの窓辺のテーブルの上に、夏の間余っているカゴを置いてみました。
さっそく、潜り込んだナナ。


ナナの新しいお気に入り3


どうやら、気に入ったらしくてすやすや。
窓からは微風も入るので気持ちよさそう。

ナナはランプを割っちゃったことなんて、全然気にしてません。
怒らないからでしょうが、ちょっとは
ごめんね
って顔をして欲しい・・・


ナナの新しいお気に入り4

う、う?ん。なんか、用?

気持ちよさそうに伸びをするナナ。

「気に入ったの、よかったわね。
でもね、ナナちゃん、ナイトランプをまた探すの、大変なんだけどね・・・」
知らん顔のナナ。


ナナの新しいお気に入り5

ナナと話していてふと気づいたら、いつの間にかマロンがベッドルームの入口に。
また、ナナと私で何をしてるのか、見にきたな。
でも、あんまり近づくとナナに怒られるかも、とこちに背中を向けてる微妙なマロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ヤマカガシ登場!
週末、友人たちが来てくれて、ジャガイモを収穫しました。合計9.5キロ!

じゃがいもほり

さっそく、ジャガイモ料理を食べながらシャンペンやワインでわいわい。
トマト、キュウリ、万願寺トウガラシのお料理もつつきながら楽しいひとときでした。

さて、この間、テラスにヤマカガシがいてマロンが大騒ぎしてましたが、
今回は芝生でにょろにょろしているのを発見!

ヤマカガシ登場!1

なんと、テラスに向かって前進しているヤマカガシ。
ウーン。これは、ナナに見せなくては。


ヤマカガシ登場!2

「ナナちゃん、これ、な?んだ?」

こ、これ、お山で見たわ!

ヤマカガシ、ナナを見て、あわててUターン中。


ヤマカガシ登場!3

か、噛まない?

急にヤマカガシが動いたのでひいちゃったナナ。
(予想外の動きにナナの顔が欠けちゃいました 


ヤマカガシ登場!4

「ナナちゃん、大丈夫よ」

そ、そお?

芝生から植え込みに逃げようとするヤマカガシを恐る恐る追跡するナナ。

このあと、ちょっとでもヤマカガシから興味が逸れたら何をするかわからないナナはお家に入れて、マロンに訊いたら、マロンは怖がって、ぼく、ぜーったい、出ない!

こんどはリビングからヤマカガシを見守るナナとマロン。

ヤマカガシ登場!5

あっちに行っちゃったわ!
あたし、引っ叩けばよかったかしら。


そ、そうだね・・・

ヤマカガシを直に見たナナ、強気になってきました。


ヤマカガシ登場!6

マロン、怖いんでしょ。

う"。

ナナに指摘されて、マロン、ぐさっ!

お山では蛇を追いかけたこともあるのに、なぜかお庭にでるヤマカガシをとぉっても怖がったマロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


寝苦しかった朝
公園では今、夾竹桃が満開です。

kyochikuto

暑い季節に暑苦しい色の花はあまり好みじゃないけど、白がちょーっとだけ混じっているのを発見!
白い花だけのほうが涼しげだと思うのですが・・・

見た目で涼しさを感じたりする人間と違って、猫たちって温度に敏感。
暑いと涼しい廊下や板のうえにぺったり。涼しいとタオルやちょっとぬくぬくしたところでまったり。

寝苦しかった朝1

この頃、ベッドルームの箪笥の上がお気に入りのナナ。
昨夜は暑くて、仰向けになって寝ていたようです。
猫たちも寝苦しかったのかな、朝になってもぐずぐず。


寝苦しかった朝3

「ナナちゃん、暑いの?」

う?ん。暑いの。


冷たい木の肌さわりが気持ちいいらしい。
まだ起きる気、なさそう。


寝苦しかった朝4

マロンも暑くてベッドの上でのびのび?。

この頃、わたしが夏用の羽毛布団をちょこっとしか掛けないのでずーずーしくベッドを占領するのがお気に入り。
夏用のシーツの上が気持ちいいらしい。
でもね、お前が場所をとるから、わたし、寝にくいんだぞ。


寝苦しかった朝5

ふん??

日本語のわからないマロン、仰向けになって、態度がでかい。
おなか、まだ空かないのかな?


寝苦しかった朝6

チチッ

あ、小鳥さん!


寝苦しかった朝7

あ、お外だ!

中庭で鳴いた鳥の声でナナもマロンもやっと目がぱっちり。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ごきげん?
公園の小道ではノウゼンカズラが咲いています。

nozenkazura

棚が作ってあって、小道はノウゼンカズラのトンネルになってます。
ここはテニスコートや野球場のある区画で歩くコースからはずれているので、この季節でないとこの小道にはなかなか行きません。

さて、ナナのお気に入りの場所のひとつは書斎のデスクの上の棚。
どうも、暑くてもマロンはタオルやシーツの上が好き、ナナは板の上が好きなようです。
ナナのほうが柔毛が多いから暑がりなのかしら。
今の時期、ナナのブラッシングはとっても大変。掃除機をかけても30分後には抜け毛がふわふわ。

ごきげん?1

今日も棚の上でぐったり、寝ているナナ。

板の上って硬くないのかな?

ごきげん?2


「ナナちゃん、ご機嫌いかが?」

ふん?

う。横から見ると機嫌がいいのか、悪いのか、いまいちよくわからない・・・


ごきげん?3

「ナナちゃ?ん」

うん?なあに?

あ、御機嫌でした!


ごきげん?4

気持ちいいのよ、あたし。

お腹を見せて、しっぽは棚の隙間からだら?ん。ぐでーっとしてくつろいでいるナナ。


ごきげん?5

御機嫌でくるりん!


ごきげん?6

あっ、マロン、来ちゃった!

廊下を歩いてくるマロンの足音(猫のくせに足音がします!)を聞きつけてシャキッとしたナナです。
マロンはわたしがナナの相手をしてると必ず気づいて ぼくも! とやってきます。
ナナにはそれが気に入らない、というのが理解できないのよね、マロン。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

窓辺番
桔梗が咲き始めました。

ききょう

朝、蕾が膨らんでいるな、と思ったら夕方きれいに開いてました。
もう、この桔梗は10年選手。ちいさな鉢を買ってきたのをプランターに移し、地植えにし・・毎年ちゃんと咲いてくれます。

さて、雀を見るのが大好きなマロン。


窓辺番1

あ、飛んでる!

今朝もごあんが終わったら窓辺に陣取って雀を待ってます。
マロンのいる場所から雀の餌入れまでほんの1メートル足らず。


窓辺番3

「あのね、マロン、そこにマロンがいたら、雀さん怖くて来ないのよ」

??

何度説明してもマロン、わかりません。

「あのね、ネコ科の動物は獲物を見つけたら、見つからないように隠れるんだぞ」

??



窓辺番2

まだかなあ

じーっと待ってるマロン。
でも、そのうち、眠くなってソファに寝に行っちゃいました。

と、

suzume_20100705131839.jpg

すぐに降りて来ました!
雀たちはマロンがいなくなるのを待ってたようです。
この子たち、毎日よく食べるのよね。
でも、雀は長い年月人間のそばで暮してきているから、野鳥だけど餌をあげてもいいわよね?



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


もうひとつ、トイレ
今朝はトマトの初収穫!

トマト

他の畑はもうずいぶん熟して赤いトマトが生っているのに、うちは苗を植えるのが遅かったのでやっと今朝黄色と赤のトマトをとりました。どちらもこぶりな「愛子」です。
黄色はひとつだけだったので、畑でがぶり。おいしかった!

さて、猫トイレ。
3週間ほど前に買ってきたトイレにナナも少し慣れてきたので、もうひとつも思い切って同じトイレにすることにしました。
そうすると手入れが楽だし、猫砂もどっさり買わなくて済むし・・、経費はかかるけど。
このトイレ、メーカーのユーザー囲い込み作戦の典型的なパターンだけど、判っていて、ひっかかってます。


もうひとつ、トイレ1

段ボールを開けたら、マロンはさっそく、トレーにしゃがみ込んじゃいました。

「そ、そこでしないわよね?」


もうひとつ、トイレ2

ぼく、これ知ってるんだ。

そっか、マロン、前回のトイレを開けた時のこと、憶えてるんだな。


もうひとつ、トイレ3

あっ、またトイレ?

ナナもトレーを見に来ました。
写真がぶれててごめんなさい


もうひとつ、トイレ4

これでするの?

今回は段ボールよりトイレに興味を示してくれたナナです。


もうひとつ、トイレ5

こっち、なに?

スコップの入っている小箱発見!


もうひとつ、トイレ6

砂を入れたら、さっそく点検しているナナ。
どうやら、このトイレ、前ほどいやじゃなさそう。
よかった。


トイレ

玄関に2個並べたら、でーん!!
う、すごい存在感!
うーん。困った・・・お客様が多い時には1個にしよう。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


オモチャ?
今朝の収穫は大きな丸ナス。

まるなす

どっしりと重いので揚げだしにしようかな。

今週末にはジャガイモの収穫を予定しているので、次に何を蒔こうかと種を出していたら、

オモチャ?1

これ、音がするぞ。

マロンが種の袋をパシッ! カシャカシャ。

マロンはこういう軽い音のするものが大好き。


オモチャ?2

なんか、中にいるのかな?

クンクン。
あのね、種なのよ、マロン。


オモチャ?3

も、いっかい・・・

パシッ! カシャカシャ。


オモチャ?4

何度でもちょっかいを出すので、ちょっと椅子の背に載せてみました。

あれ?こっち?



オモチャ?5

えいっ!


オモチャ?6

おちちゃった・・・

「落としたのよ、マロン」

で、もう一回・・・

オモチャ?7

えいっ!

すぐに袋をパシッするマロンです。

中で種がびっくりして、成長するのに影響しないわよね?



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


プリンター到着!
公園では柿の実が稔り始めました。

kaki

梅にもまるまるした実がびっしり。
でも、公園の「方針」で実は全く採らないそうです。なんと、もったいない!

さて、3年使ったプリンターの調子が悪くて写真で青空や薄いピンクの花を印刷するとどうしても色ムラが出てくるようになりました。ヘッドクリーニング、強力クリーニングなど、できる限りのことをして相談窓口に電話をしたら、修理に出すのと買い換えるのと結果的にはほぼ同じ価格になってしまうことが判明。
まだ、3年しか経ってないのに・・・と思ったら、「プリンターは使用年限は3年の消耗品だと思ってください」と店頭で言われてしまいました
これも、もったいない・・・
でも、仕方なく、代替機種を購入。

プリンター到着!1

「ナナちゃ?ん!」
プリンターが届いて開梱している時ナナを呼んだらさっそく段ボールに飛び込み!
ナナは空き箱、だ?い好き。


プリンター到着!2

?でも、これ、何?

ちょっと不思議そうなナナ。

と、

プリンター到着!3

なんと、書斎のデスクの上からおろして来客用のベッドの上の置いた前のプリンターを見つけて、
上にちょこんと乗っちゃいました。

なんで、ここにあるの?


プリンター到着!4

あたし、これ、好きなのに・・・どうすんの?


「ナナちゃん、それね、捨てなくちゃいけないのよ。」

ホント、もったいない。普通にカラー印刷するには全然支障がないのに・・・
プリンターで遊ぶのが好きなナナはとっても気になるようです。

ナナはプリンターが好き


プリンター到着!5

こんど、それ?

な?んとなく、流れがわかったみたいで、新しいプリンターをセッティングしているのを興味津々に見るナナ。


プリンター到着!6

でも、とりあえずはまだ動かないプリンターよりも段ボール。


プリンター到着!7

これね、あたしの。

「はいはい、しばらく置いておくわね。」

こうやって時々、リビングが段ボールだらけに。


プリンター到着!8

あ、ナナちゃん、そんなか。

あ、マロン、来ちゃだめ! だめーっ!

あーあ。いつものパターンです。きっとまた、マロン、負けるな。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


日曜日の夜は・・・
日曜日の昨日、公園に行ってお花の写真を撮っていたら、このお花の名前を忘れてしまいました。

hiogizuisen

と、コンパクトカメラを持った男性が「ひおうぎずいせん」と教えてくれました。
散歩の楽しみにカメラでお花を撮っている、と見せていただいた写真数十枚・・・

さて、夜いつものように「ダーウィンが来た」を見ようと思ったけど、今夜は熊。
マロン、見ないだろうな、と思っていたら、ラグの上にお座りしてテレビをジーッ。

あわててテレビの前に椅子を用意してあげました。

日曜日の夜は・・・1

「マロン、どお?」

うーん。

画面では熊の親子が戯れてます。


日曜日の夜は・・・2

今度は木に背中をごしごししてマーキング。

こいつ、ちょっとおっきいな。

うん。猫の獲物じゃないわね。


日曜日の夜は・・・3

ぼく、ちがうのがいいな。

マロンもナナも一番好きなのは鳥の番組。


日曜日の夜は・・・4

お外、なんか来てないかな・・・

テレビの熊より庭のカエルのほうがいいのね、マロン。
でも、今夜、カエルさんは見かけません。


日曜日の夜は・・・5
そういえばナナは?・・・と探すとベッドルームですやすや。

ベッドサイドの箪笥の上は最近お気に入りの根場所です。
タオルの上より木のほうがひんやりして気持ちがいいのでしょう。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


結束ひも
あじさいの季節になりました。

あじさい

いつもの公園でも色とりどりのあじさいが咲いています。
私は白が好きなのですが、白はなかなか見かけません。

さて、届いた荷物を開けるので、箱を縛ってある結束紐をパチン。
これ、ナナもマロンも好きです。でも、噛むとちょっと痛そう・・・
で、束ねてみました。

結束ひも1

「ナナちゃん、ほうるわよ」

あっ!


結束ひも2

あたしっ!

結束紐に駆け寄るナナ。

お次はマロン。

結束ひも3

「ほーら」

マロンが爪を磨いでいたキャットタワーにポーイ。

あっ!


結束ひも4

こ、こっちから狙うか・・・

いちおう、考えてるマロン。


結束ひも5

え、えーいっ!

マロンの勝ち!
でも、噛んじゃったマロン、ちょっと痛そう。


今度は玄関で待ってるナナに

結束ひも6

「どお?」

これね、ちょっと痛かったの。

ちょっとお手々をだしたものの、考え込んでるナナです。

猫のおもちゃはいろいろ売ってるけど、やっぱり構ってあげると一番イキイキと遊んでます。
わたしも楽しい



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


帽子 その2
菜園のナスが稔り始め、ぽつりぽつりと収穫があるようになりました。

nasu nasu

一本に実が3つさがったのは初めて。まだ上のほうにはちいさな実が。
右は丸なす。こちらは味噌田楽にしようかな、と待ち構えています。

帰宅後、PCの上の棚で寝ていたナナに菜園用の帽子を被せました。

帽子 その2 1

あたし、これ、好き。

そう。ナナはこの帽子が結構お気に入り。

30bR.jpg

あっ、ナナちゃん、帽子かぶってるな。

棚の下からマロンがナナの様子を見に来ました。


帽子 その2 3

こいつも帽子?

棚の下に垂れてる帽子の日よけを引っ張るマロン。


帽子 その2 4

マロン!なにすんの!

ぼ、ぼく・・・

帽子から飛び出してマロンに怒るナナ。


帽子 その2 5

あたしの帽子なの!

ご、ごめん。


帽子 その2 6

お手々出しちゃだめっ!

ぼく、しない・・・


帽子 その2 7

わかったっ!?

・・・わかった・・・


帽子 その2 9

も一回したら、ホントに怒るからね、あたし!

棚の上からのぞいてダメ押しをするナナ。
ちょこっとちょっかいを出して、すっかり後悔してちいさくなってるマロンです。
お手々一回だしただけで、これだけ怒られて割に合わないわね、マロン。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


臭いわ
黄色のトマトが色づき始めました。

臭いわ1

この品種は赤と黄色の2本を植えたのですが、赤はまだ緑色。
もう少ししたら収穫できるかな、と楽しみに眺めてます。

トマトはせっせと脇芽摘みをしなければなりません。
でも、上へ上へのトマトが伸びていくのに合わせて脇芽摘みをしていればいいんだと思っていたら、なんと、下のほうからも脇芽がにゅ?っ!全然気づかず、「なんでこんなに茂っちゃったんだろう??」と思っていたら、注意されて「あっ!!」
トマトの芽を摘むとなんとも青臭い、トマト独特の強烈な香りに包まれます。

臭いわ2

「ナナちゃん、どお?」
トマトを摘んだ指先をナナに嗅がせたら、

臭いわ!

お鼻にしわが寄りました。


臭いわ3

「マロン、どお?」

く、臭いぞ!

思わず目をつぶったマロン。


臭いわ4

臭いものはとっちゃわなくっちゃ!


マロン、一生懸命、トマトの匂いを取ろう、とせっせと指先を舐めてくれました。
ありがとうね、マロン。でも、お手々洗ったほうが早いわ。

猫たちって、自分たちの嫌いな匂いが私につくと、懸命に取ろうとして舐めてくれます。
蚊に刺されたあとにンカンを塗ると、目をぶつりながら舐めまくり。舌もぴりぴりするだろうに。
でも、夜中に足に貼った絆創膏をベリベリッとはがされた時には跳び起きてしまいました。
やっぱり、あの匂いがどうしてもいやだったんでしょうね。
これも匂いで敵に場所を知られてしまう危険を避ける本能なんでしょうか。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



  生い立ち

   街の家

   山の家

プロフィール

沖 ゴンベエ

Author:沖 ゴンベエ

沖 ゴンベエ


2005年末に我が家にきたナナとマロンの飼い主。
前の猫を亡くしたばかりのところ、家ににきた2匹の猫にバタバタひっかきまわされ、遊んでもらっています。ちなみに、沖ゴンベは25年一緒だった前の猫の名前ですが、もともとは写真のお魚の名前。好奇心いっぱいでダイバーに近寄ってくる、ちいさな岩場の魚です。