FC2ブログ

写真でつづるナナとマロン、2匹の猫の物語

  ナナ


2005年10月初旬生まれの
女の子。
気が強くておすましさん。
でも心細くなるとマロン を頼っ
ている。 鳴き声がソプラ ノ。
山のお散歩で虫を捕まえる
のが大好き。
最近、「ダーウィ
ンが来た!」がお気に入り。


 マロン


2005年10月下旬生まれの 男の子。ひょうきんものでドジ だけど、くじけなくて人懐こい。 ナナが大好き。
なんでもナナの真似をしようと する。テレビの 「ダーウィンが 来た」が大好き。

  ナナとマロンのお家

ナナとマロンはいつもは街に 住んでいます。つづき・・・

  最近の記事

  月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

ナナとマロンにお便りをいただければ嬉しいです。 でも、メールには原則的にお返事を出せませんので ご了承ください。
名前:
メール:
件名:
本文:

マロンinエコバッグ
ウォーキングする公園ではシャクナゲが満開。

しゃくなげ

あざやかな濃いピンクが小道を照らしてます。


つつじ

トンネルをくぐるとき、ふと上を見上げたら、ツツジも満開。
まさに春爛漫。


さて、ナナがエコバッグに入るが好きなのは毎度のこと。
実はお山の家にいるとき、マロンもついにエコバッグに入りました。

マロンinエコバッグ1

なんか、ちがうんだ・・・

以前、入り損ねたバッグにちゃんと入れたものの、なんか、思ってたのと違うマロン。

うーん。ナナちゃん、中に潜ってたわね、マロン。

(かくれんぼ)



マロンinエコバッグ2

そうだ


マロンinエコバッグ3

こんなか、潜りたいんだ、ぼく。

どうやら、ナナが何をしていたか思い出したマロン。


マロンinエコバッグ4

潜るって・・・どうやるんだ??

「たぶんね、そんなにどっかりお座りしてたら潜れないのよ。」

どうしてもナナのようには潜れないでジタバタのマロン。


マロンinエコバッグ5

「遊びましょ、マロン。」

えっ?

マロンの入っているバッグをひっぱってみました。

マロンinエコバッグ6 マロンinエコバッグ7

「ほら、ほら」    あ、あれ?


マロンinエコバッグ8

動いてるぞ!

びっくりのマロン。


マロンinエコバッグ9

ぼ、ぼく、ちょっと怖いんだ。

あ、ごめんね。
そうでした。マロンはこういうのが動くの、あんまり好きじゃありません。
ナナは大好きなんだけどね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



スポンサーサイト



エコバッグ
久しぶりに公園に行ったら、藤の花が咲いてました。

藤

いつもなら、今時分に満開になるのに今年は咲いているのは一部だけ。
やっぱり、寒かったり暖かかったりなのでお花もどうしていいのかわからないのでしょう。

菜園にも寄ってきました。
保護シートをとろうとしたら、まだ待ったほうがいい、とアドバイスされてそのままに。

収穫

じゃ、じゃ?ん!初めての収穫
アイスプラントと間引いた二十日大根、青梗菜。
アイスプラントと二十日大根はサラダ、青梗菜はお味噌汁の実に。

さて、お家での生活に戻ったナナとマロン。
友人が荷物を入れて送ってくれたエコバッグを書斎のテーブルに置いておいたらナナが入っちゃいました。

エコバッグ1

バッグごと膝に抱きあげたら御機嫌ナナちゃん。


エコバッグ2

あのね、あのね、

「な?に?」


エコバッグ3

きもちい?の。

膝の上は温かいし、バッグの中にいると守られているような安心感に包まれているようです。
ちょうど、カンガルーの袋に入っている子カンガルーの心境かな?

すっかりくつろいでゴロゴロのナナ。

ところが、

エコバッグ6

あっ、マロンが来ちゃった!
バッグに入っていたら襲われちゃう!



エコバッグ7

あわててバッグから飛び出してデスクに避難するナナ。

やれやれ。膝の上のからのエコバッグをテーブルに戻しました。


と、


エコバッグ8

そのエコバッグにマロン、飛び込み!


エコバッグ9 エコバッグ10

あああ!バランスを崩してる・・・ドサッ!
バッグごと墜ちちゃったマロン 


エコバッグ11

ぼ、ぼく・・・墜ちちゃったんだ。
ナナちゃんみたいにしたかったのに・・・



あのね、マロン、お尻が入ってなかったのよ。
ちゃんと考えて行動しようね。
ま、失敗してもめげないのがマロンのいいところ

でも、エコバッグを送ってくれた友人もまさか、カンガルー袋になっちゃったとは思ってないだろうな。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



雨の帰路
昨日、午後から雨の天気予報だったので、お昼過ぎに街に戻ることにしました。
本当は夕方に戻るとETCの割引が大きいのですが。

しゃくなげ

帰ったら、街も雨。
今年植えたシャクナゲが満開。
蕾はとても濃いピンクだったけど咲いたら可愛いピンクだったのでちょっと嬉しくなりました。
この色なら他の花と調和します。
お庭が狭いので色同士が主張するとめちゃくちゃになってしまいます。

さて、帰り路。

雨の帰路1

ぼく、お腹、すいた?!

街に入ってからの高速で叫ぶマロン。

今日はお山は寒くてちょっとだけお外に出た後、ずっと寝ていてあんまり食べていないナナとマロンです。

雨の帰路2

お家、まだだな・・・

あたりをうかがうマロン。


雨の帰路3

あっちは何かしら。

お腹なんかより、あたりに興味津々のナナ。


雨の帰路4

この車、ずっと一緒だよ。

ここ、なんか、見えるの。

バックミラーをのぞいているナナ。
ホントにわかるのかな?
猫って鏡がわかりません。
でも、鏡の中でなんか動くと確かに見てる時があります。

雨の帰路5

あっ、あそこ、知ってる!

覚えているものを見つけたナナ。


雨の帰路6

きっともうすぐお家だわ!
あたし、準備しなくちゃ。


な、なにを??


雨の帰路7

ナナちゃん、まだお家、着かないよ。

お腹、ギュルギュルのマロン。

ナナもマロンも高速を降りると
お家!
おうち?!
といつも大騒ぎ。
高速を降りたらお家まですぐ、というのは覚えているようです。
お家についたら、ご飯にするからね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


朝のお散歩
花桃を見に行ったとき、近くに素晴らしい桜の名木もありました。
車を停めてから、800メートル上り坂。

さくら

でも、登った甲斐がありました!
堂々とした桜が満開。

朝のお散歩1

さあ、今日は朝早くからお散歩。
玄関を出たらまずゴロンのマロン。

朝のお散歩2

ナナはもう、お気に入りの石垣の上であたりを観察中。

「ナナちゃん、お散歩行く??」

もちろん、いくわ。


朝のお散歩3

待って!

せっせと石垣の上をやってくるナナ。


朝のお散歩4

道路におりたら、コテンのナナ。

ご機嫌ね、ナナちゃんも。

ナナは一緒のお散歩だ?い好き。それに今朝はお天気でご機嫌です。


朝のお散歩5

マロン、いくわよ。

ボーっと斜面を見ているマロンを置き去りにしてナナはさっさか。


朝のお散歩6

さあ、やってきました、お気に入りポイント。

ま、まぶしい。

朝日に目を細めるマロン。

?何の声?

小鳥の囀りに耳を澄ませるナナ。


朝のお散歩7

いました!
まだ芽吹いていない枝に小鳥さん。
たぶん、センダイムシクイのようです。
ちっちゃな体でチュイチュイチュイ。

朝のお散歩8

マロン、いくわよ。

もう、お気に入りの岩を登り始めたナナ。


朝のお散歩9

うん、ぼくも行くよ。

後を追うマロン。

朝のお散歩10

いつもここでナナとマロンは遊んできます。

でもね、ぼく、ちょっと寒いんだ。

そう。お山は暖かになったといっても今朝も霜がちょっと降りてました。
でも、ここなら寒かったらナナもマロンもさっさとお家に帰ってこれる安心な場所です。
私は家に戻って暖かいコーヒーを飲もうっと。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

いっしょ、いっしょ
友人と花桃の里に行ってきました。

花桃

方々で花桃が満開。標高の高いところはまだでしたが、一本の木からピンクや紅色の花桃が咲き乱れて微妙な色のハーモニーを醸しているのを堪能しました。


ご機嫌で夕方帰宅しして、お留守番のナナとマロンと一緒にお散歩したので、ナナとマロンもちょっと満足。

夜、メールをするので2Fにあがっていたら、ナナも2Fにあがってきて、
お気に入りのベッドの枕の横に。
ここはナナ用にセーターを敷いてあるので、いつでも暖か。

いっしょ、いっしょ1

そこにちゃっかりマロンも身を寄せてきました。
もっとも、マロンの体はベッドからはみ出して、半分ナイトテーブルに乗っかってます。

このナイトテーブルとスタンドは自分で塗ったので、ところどころムラがあります。
でも、お山にはムラのあるほうが似合う(と言い訳)。


いっしょ、いっしょ2

ナナちゃん、一緒に寝かせてね。

う?ん。ま、い?わ。

マロンにグルーミングしてもらうナナ。


いっしょ、いっしょ3

きれい、きれい、するからね。

丁寧にナナをグルーミングするマロン。


いっしょ、いっしょ7

気持ちよくてナナはうとうと。

お留守番、ありがとうね。一緒に仲良くお休みね。
明日は朝から遊ぼうね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ナナちゃん、ぎりぎり 
今日もお日様がでていて、気持ちのいい日です。

ナナちゃん、ぎりぎり 1

「ナナちゃん、気持ちいいの?」

う?ん?

お日様を浴びてご機嫌のナナ。
ナナはここでコロコロするのが大好き。


ナナちゃん、ぎりぎり 2

まずはのび?。

おっとと、ナナちゃん、そこってギリギリでは?


ナナちゃん、ぎりぎり 3

へーきなの

わざとギリギリでコロン。


ナナちゃん、ぎりぎり 4

ほ?らね。

今度は反対側にコロン。


ナナちゃん、ぎりぎり 5

ふふん。


余裕でペロペロ。


ナナちゃん、ぎりぎり 6
よ?い・・・


おっとっと。そこでコロンしたら・・・


ナナちゃん、ぎりぎり 7

ま、まずいわ。

ナナも気づきました。

反動をつけてた足とお手々をぺったりつけて体を確保。


ナナちゃん、ぎりぎり 8

ふふん。


余裕たっぷりなの、とデモンストレーションするナナ。


ナナちゃん、ぎりぎり 9

こっからなら大丈夫。

反動をつけて・・・


ナナちゃん、ぎりぎり 10 ナナちゃん、ぎりぎり 11


コロン、コロ。


ナナちゃん、ぎりぎり 12

ついでに、クルッ。

どお?

ギリギリで止まって見せるナナです。

でもね、ナナちゃん、落ちたの覚えてるんだけどな。

(あっ、落ちちゃった)



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


マロンのゴロンゴロン
マロンのゴロンゴロンのお気に入りの場所は玄関の前。
なぜ?
だって、小心猫のマロンはすぐ逃げ込めるから、ここが好き。

マロンのゴロンゴロン1

今日もご機嫌でゴロンゴロン開始!


マロンのゴロンゴロン2

よーいしょっと!

まずは腹筋を使って・・・



マロンのゴロンゴロン3

うーんと・・・

がんばって、もっとお腹をひっこめて・・
真剣な顔のマロン。



マロンのゴロンゴロン4

ふ?っ。

ようやく、小休止。



マロンのゴロンゴロン5

と思ったら、そのまま、コテン。

「あらら、マロン、お耳がつぶれてない?」

ぼく、い?の。気持ち、い?から。

あっそ。


マロンのゴロンゴロン6

ぼ、ぼく、お耳、へん!

ありゃりゃ。
やっぱり、お耳がスコティッシュフォールドだぞ、マロン。


マロンのゴロンゴロン7

こんだ、こっちだ


また、ゴロンのマロン。



マロンのゴロンゴロン8

はあ?、きもちい?な。

まったりのマロンです。

なめらか?なナナのコロンと違って、マロンのは力いっぱいのゴロンゴロン。
でも、お腹、ひっこまないね、マロン。(わたしも・・・)




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


マロンのお出迎え
ナナが
あたし、デッキにいるもん
というので、マロンだけお散歩についてきました。
しばらくしたら、ナナの鳴き声。

どこいるの?

あらら。

急いで、マロンがナナを迎えに駆け戻っていきました。


マロンのお出迎え2

ナナちゃん、こっちだよ?

マロン、きてくれたの。

マロンの姿を見て安心したナナ。


マロンのお出迎え3

はやく、おいでよ


う?ん
だんだん落ち着いてきたナナ。


マロンのお出迎え4

ナナちゃん、

ふ?ん


マロンのお出迎え5

ね、あそぼ。

ふん?


余裕のナナ。


マロンのお出迎え6

クンクンしあって、ご挨拶。
こういうところは仲良しさんです。


マロンのお出迎え7

じゃね、マロン、あたし、あっちに行くわ

え、えーっ??

一緒に遊ぼうと思ってお出迎えしたマロン、がっくり。
やれやれ。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


雪と雨
また、お山にやってきました。
ナナもマロンのわくわく大騒ぎ。でも・・・

雪と雨1

そう。天気予報は雨・・で、途中もお山も雨の中。
しかも家のまわりには靄。
景色はいいんだけど、ナナとマロン向きではありません。


雪と雨2

なに、あれ?

あっ、デッキにはなんと、雪の塊!
先週雪が降ったとは聞きましたが、しっかり降ったようです。
屋根から落ちた雪がまだ残ってます。


雪と雨3

ぼく、い?んだ。おうちにいるんだ。

怠惰猫マロンは床暖の上でちゃっかりとぬくぬく。


雪と雨5


あたし、お外行くの。開けて。

「あのね、雨に濡れちゃうわよ。」

納得しないナナ。
寒いのがわかるように少し開けてみました。

雪と雨6 雪と雨7

ガラス戸をバシバシ。どうしてもお外に出たいナナ。

そのうち、戸の隙間をすり抜けて出ちゃいました!


雪と雨8

「ナナちゃん、戻ってらっしゃい」

お外に出たものの、呆然とするナナ。
さ、さむい・・・濡れちゃう


雪と雨9

ついに、テーブルの下で雨宿り。

しばらくしたら、不承不承、鳴きながら戻ってきました。
やれやれ。お家でぬくぬくしようね、ナナ。

こんな日はストーブの暖かさを感じてぬくぬくしているのもいいものです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


狙ってるマロン
お庭ではこでまりが咲き始めました。

こでまり

ここはどうしても午後日影になるので、いつも咲くのが遅くなります。
白い花が咲いているとお庭が明るくなるので、今年は芝桜、ゼラニウム、インパチエンスと白ばかり植えました。だいぶ踏まれてしまった姫ウツギも蕾をつけたのでもうじき咲きそうです。


さて、リビングに置いてある、穴をあけてナナとマロンが出入りできる段ボールハウス3つ。
ナナが入ったので、もうひとつの段ボールの穴をそっちに連結するように置いてみました。
ナナ、こういうの、だ?い好き。

狙ってるマロン1

ところが、マロンがナナが入っている段ボールの上に乗っちゃいました!
どうやら、ナナが移動するのを狙ってる様子。
さあ、大変!


狙ってるマロン2

ちょこっと穴から顔を出して様子を窺おうとするナナに気付いたマロン、
お手々を構えて・・・


狙ってるマロン3

あっ、マロン!

え、ぇぃっ!

ナナを狙うマロンのお手々にためらいが・・・


狙ってるマロン4

あ、ナナちゃん、引っ込んじゃった

当り前でしょ、マロン。
あんたが狙っていたら、ナナは用心するわ。


と、

狙ってるマロン5

ナナ、猛スピードの脱出!

あ、あ、

マロンの攻撃間に合わず。
シャッターを」押したときにはナナの影も形も・・・


狙ってるマロン6

い?んだ、ぼく。こっちの箱に興味があったんだ。

誤魔化すマロン。


狙ってるマロン7

ナナちゃん、あっちに行っちゃったな。
ぼく、遊びたかったのに。


あのね、マロン、遊びたいときはもうちょっとナナちゃんにやさしくしようね。
上からいきなりひっぱたこうとしたでしょ。
ナナにひっぱたかれてもめげないマロンは、ひっぱたこうとしただけで逃げちゃうナナの気持ちが全然わかりません。
困ったもんです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ねえ、ナナちゃん
昼間は暖かくなっても夜になると肌寒くなります。
ナナとマロンはお風呂のふたの上でぬくぬくが好き。

ねえ、ナナちゃん1

先にナナが寝ていたところに後から来たマロン、
タオルを持ち上げてあげると、中に入ってくるっとまわり
ナナのほうに顔を向けました。



ねえ、ナナちゃん2

ね、ナナちゃん

マロンはナナと一緒に寝るのが好き。


ねえ、ナナちゃん3

あたし、一人がい?の

冬はマロンにくっついて甘えてたりするけど、
ナナは寒くなければ一人が好き。


ねえ、ナナちゃん4

ね、ナナちゃんったら

なんとかナナに近づきたいマロン。

マロン、寝相悪いから、や。

あーあ。ナナに一蹴されたマロン。


ねえ、ナナちゃん5

それでも、マロンはいつの間にかなんとなく、ナナのタオルに接近。


ねえ、ナナちゃん6

そのまま、寝ちゃいました。

ナナは何時間でも同じ姿勢でおとなしく寝てるけど、マロンはそのうち、タオルからはみ出します。
だからナナに寝相が悪いって言われちゃうんだぞ、マロン。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

マロンとカシャカシャ
昨日は友人たちとのどかな里に行って暖かな一日を過ごしました。

ビオラ


用水路の上ではヴィオラが満開。


ミツマタ

お店のまえではミツマタが日差しを浴びて輝いていました。

さて、お留守番だったナナとマロン。
今日は朝から
あそんで?
あそんで?。

あの?、忙しいんですけど・・・遊ぼうか?


マロンとカシャカシャ1


「マロン、どうだ?」
カシャカシャをマロンの上で振ってみました。

!こいつ、とってやるぞ

やる気満々のマロン。


マロンとカシャカシャ2

えーい、えいっ!

カシャカシャ取りに夢中なマロン。


マロンとカシャカシャ3

あ、あれ?

カシャカシャがほぐれちゃいました。

?なんか、違うな

そうです、マロンは結んだカシャカシャが好き。


マロンとカシャカシャ4

でも、そのまま、ほ?ら、ほら、マロン。

!とるぞっ!


マロンとカシャカシャ5

ぼ、ぼく、とった!

カシャカシャを抑え込んだマロン。


マロンとカシャカシャ6

マロンばっかり遊んで、ずるいわ

ちょっとムッとしたナナ。

「ごめんね、ナナも遊ぼうね・・ああっ、時間が・・・」


マロンとカシャカシャ7

?ぼく、怒られた?

ナナの不機嫌に気付いたマロン、ちょっぴり大人しくなりました。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


日向ぼっこ
4月なのに寒い毎日が続く中、昨日は午後から晴れて暖かくなってきました。

桜 菜の花

近くの運河沿いの遊歩道では、白い桜が花盛り。そして菜の花も満開。


猫

ベンチのそばにはボーっとして日向ぼっこの野良猫さん。
この子、ずっと舌を出しっぱなしでした。
「舌、出てるわよ」と注意しても知らん顔。(そりゃ、そうだけど)
猫って時々こんなふうに舌を仕舞い忘れている時があります。
でも、出しっぱなしだと舌が乾いてくっついちゃのに。


家ではナナも久しぶりのお日様を求めて窓辺へ。

日向ぼっこ1

あったかいのよ

気持よさそうに窓辺で日光浴のナナ。
そうね、ナナちゃん。今まで寒かったものね。


日向ぼっこ2

ふぁっふあっふぁ??

マロンも起きてきて、爪とぎしながらお庭を眺めてます。
窓辺の黒い土は枝豆の芽が出てくるのを待ってる苗床です。


日向ぼっこ3

「マロン、タオルしいてあげましたよ。」

うん、ここ、あったかいや

窓辺に猫タオルを敷いて日向ぼっこできるようにしました。


日向ぼっこ4

庭仕事をしながら、日向ぼっこしているマロンを見たら、窓ガラスには点々と曇ったところが。
そうか、猫の鼻のあと!
うーん。気付かなかった。
鼻をくっつけて外を見てるんだな。


日向ぼっこ5

「マロン」

??


日向ぼっこ6

「マーローン」

なに?

「あのね、お鼻をくっつけるとガラスが汚れちゃうんですけどね」

ぼく、まぶしいんだ

いつもながら、猫耳東風のマロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ナナと段ボール
毎日4月とは思えない寒い日が続いてます。
リビングのホットカーペットを仕舞ってしまったので、ナナもマロンも
さむいの
さむいよ?

仕方なく、エアコンを点けてます。本当は乾燥するし、好きじゃないのだけど。

さてさて、いらない本を仕分けして引き取ってもらうことにしました。
今回は段ボール2箱分くらい。
専門書意外はなるべく図書館から借りるようにしているのですが、それでもいつの間にか、街とお山とあわせて7本ある本棚がいっぱいに・・・。

で、リビングに段ボール箱を持ってきました。

ナナと段ボール3

あたしが見なくっちゃ。

早速入ってみたナナ。
ナナは段ボール箱点検係です。


ナナと段ボール4

「ナナちゃん、どうですか」

うん?い?んじゃない?


ナナと段ボール5

ついでに角でクイクイ。


ナナと段ボール6

小鳥さん、来たかな?

「いや、もうはちみつパンあげないから、来ないと思うわ、ナナちゃん。」


ナナと段ボール7

ふーん・・そうなの・・・

段ボールから半分だけ出ているナナはヤドカリさん。
気に入ってるな、ナナちゃん。

仕方ないな、ナナが飽きて段ボール箱から出るまで、本を入れるのは待とうね。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


あ、あら??
留守にしている間にお庭のしゃくなげは満開。

しゃくなげ

冷たい雨にうたれてしおたれてます。

天気予報だと今日もお山は雪の様子。
昨日、お山から帰ってきてよかった。でも、こっちも寒い。

さてさて、お山の家に置いてある、ナナお気に入りの箱。

nana in box

去年の秋はこの箱に入って寝るのがナナ大好きでした。
だから、冬の間もこの空き箱をとっておきました。

今回、お山のリビングでこの箱を見て、迷わず入ったナナ。

あ、あら??1

??なんか、変なの?

あ、あら?ナナちゃん、太った!

箱に入っても前のように横になれないナナ。


あ、あら??2


箱、ちっちゃくなったの・・・

う、うーん。
ナナを基準とすると相対的に箱はちっちゃくなったけど、箱を基準とすると、ナナが相対的に太ったとも言えるのよ。

でも、このナナの様子、デジャヴ?
そうだ!書類箱で寝られなくなった時もナナ、こんな風にお座りして困った顔をしてたわね。

(むむ、ナナちゃん)


あ、あら??3

どっちにしても、ぼく、入れないんだ
のびのび寝ている悟りのマロン。

こりゃ、リビングに置いておくと、ナナがずっと気にするな、と箱は隠しました。

今まで、マロンが箱に入れないのをふふん、と笑っていたナナが傷ついちゃったお話。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

雪の朝
この間、友人と桃の里に行ってきました。

もも

桃の花は7分咲きくらいで、あたり一面、ピンクの雲のようでした。


昨日は午後には風がやんで、暖かい日差しのなか、お外でいっぱい遊んだナナとマロン。

雪の朝2

ナナはご機嫌で玄関の前でコロンコロンしてました。


寝る前も暖かだったので、安心していたら、

雪の朝1

起きたら、雪!
むむむ! 

雪の朝3

「マロン、雪よ」

?なんだ、これ?

窓の外の雪は見たことあるけど、お外で見るのは初めてのマロン。
粉雪を頭に被って、ブルブル。すぐ、ひっこみました。



雪の朝4

「ナナちゃん、雪」

??寒いわ


雪の朝5 雪の朝6

ナナもすぐに雪を被って、プルプル。
さすがにあきらめました。

こうやって、「雪は遊べない」と確認してもらわないと後で「遊びたかったのに?」と不平を言われちゃいます。
・・・それでも猫だから、不満は言うけど。


さて、明日も気温が低いというので方々に電話して予定変更。
今朝のうちに街のお家に戻ることにしました。

戸惑っているナナとマロンをさっさと乗せて出発!


雪の朝7

みんな、白いわ

寒いね

お外を不思議そうに見るナナとマロン。
今まで雪なんて、ちらちら降るくらいしか見たことがありません。


雪の朝8

このへん、白くないぞ

下のほうに降りてきたら雨に変わりました。
よかった。


高速に乗る前に給油しなくっちゃ。


雪の朝9

あのひと、なにしてんの?

スタンドで窓を拭いてくれたら、雑巾にじゃれようか、とずっと見ていたナナです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効




寒い朝
昨日の夜から風がざわざわ。
今朝起きたら、お日様は出ているものの木が大きく揺れてます。


それでもお外、というナナとマロン。
キッチンを開けると風が強いので、バスルームの窓から出なさい、といいました。


寒い朝1

さっそく、バスルームの窓から裏山にぴょ?んと跳んだナナ。
なんと、あたりは霜柱!
天気予報で3月くらいの気温と言ってましたが、確かにこのあたり、3月ならまだ雪が残っている気温なので納得。



寒い朝2

あっちいこうかな

寒いけど、とりあえず、お外で遊びたいナナ。
霜柱の前をトコトコ。


寒い朝3

ナナちゃん、寒くない?

ふ?ん?

後からマロンがやってきました。
でも、聞こえないふりのナナ。
きっと寒いのね。


寒い朝4

風がぴゅーぴゅーで、寒くて背中が丸まっちゃったナナ。
しばらくお外でがんばってましたが、冷た?くなって駆け込んできました。
その後も何度か出たり入ったりしたけど、どうしても寒い。
やっぱり、3月の気温で風にはお日様も負けてるようです。


寒い朝5

ぼく、寒かったんだ

マロンはちょっとお外に出たものの、すぐに引き返してきました。
ストーブのそばでくつろいでご機嫌のマロン。
マロンは雨もいや、寒いのもいや、お家であったかいほうがいいや、という猫です。


寒い朝6


お日様出てんのに、なんで寒いの?


窓辺で日向ぼっこしながらも、悔しそうなナナ。


寒い朝7

あたしね、お外がいいのに・・・

お山の本当の寒さを知らないナナはどうしても納得できなくて不機嫌。
あのね、ナナちゃん、風がやんだら、また出てみましょうね。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ナナの松の木
今朝は雨があがって、小鳥のさえずりで目が覚めました。
マロンは
起きて
とお布団をパシパシ。あのねえ、6時になったら起きるからね。


やま


家の裏山から望んだ遠くの山々。
靄が山々にかかっていて、素敵なグラデーションを作っていました。


さ?て、裏山の山道の落ち葉をどうやって片付けようか、と考えていたら、マロンが登ってきました。

ナナの松の木1

ぼくも?、そこ行くよ

おうちの屋根を眺めていたマロン、道のな急斜面をせっせ。


ナナの松の木2 ナナの松の木3

笹が茂っていて歩きにくい斜面をせっせ、せっせ。
山道からさらに上がってあたりを見ていた私のところまで上がってきました。


ナナの松の木4

これ、ナナちゃんの木だ。

松の木に乗って、クンクン。
そう。これはナナのお気に入りの松の木。
ナナがいると怒られちゃうのでマロンはこの木に乗れません。


ナナの松の木5

あっ、ナナちゃん、来たよ

下の広場に降りたら、ナナが鳴きながら登ってきました。


ナナの松の木6

なんであたしの木に乗っちゃうのよ

あらら。不機嫌ナナです。
マロンが乗ったの、見てたのね。


ナナの松の木7

ナナちゃん、おいでよ

ふん!

マロンのお出迎えにむっとしているナナ。


ナナの松の木8

あたし、こっちから登るもん。

お出迎えのマロンをよけて、ナナ、斜面を直登。


ナナの松の木9

あたしね、マロン、知らない。


えーっ!


マロンを無視するナナ。
マロン、しょぼん。
あーあ。


ナナの松の木10


でも、そのうち、だんだんナナのご機嫌は直ってきていつも間にか、マロンと一緒に遊んでました。
やれやれ。


と、
ナナの松の木11

あっ、そうだわ!

いきなり、斜面を駆け上ってくるナナ。

ナナちゃん、どうしたの?

置いてけぼりされたマロン。


ナナの松の木12

ナナ、大好きな松の木に飛び乗りました。

マロンの匂いがするわ!

さかんにクンクンするナナ。
ありゃりゃ。そりゃ、大変。

この松、根元から2メートルくらいは這っているので乗っていて安定するからナナのお気に入り。

さっきマロンが乗っていたから、ナナもちゃんと乗って「あたしの」宣言をしておかないとね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


朝靄・小雨
今朝起きたら、あたりは朝靄に包まれてました。

朝靄・小雨1

木立の色もよく見えず、幻想的な山の朝です。
雨は上がったのかな?


朝靄・小雨2

木の枝からはしずくがポタッ、ポタッ。
しずくなら、ま、いいか、と思ったら、小雨。
天気予報も雨。
あーあ、せっかくお山にいるのに。


朝靄・小雨3

あたしね、絶対、お外なの。

小雨にめげず、ナナはデッキへ。


朝靄・小雨4

お散歩、行かないの?

ちょっと寒そうなナナちゃん。
あのね、濡れちゃうと思うわ。


朝靄・小雨5

・・・濡れちゃった

少しぐらい濡れてもめげないナナもあきらめて、デッキの下で雨宿り。


朝靄・小雨6

葉っぱも濡れてるぞ。

歩くたびにお手々が濡れるので、ぷるぷるしているマロン。
マロンは濡れるの、大嫌い。


朝靄・小雨8

あっ、マロンが来るわ!
遊ぼうかしら。



朝靄・小雨9

ぼく、濡れちゃったんだ・・・


デッキの下に潜り込んできたマロン。
マロンも雨宿りするのね。

と、思ったら、

朝靄・小雨10

ぼく、お家、入るんだ。

やっぱり、濡れるの大嫌いなマロンでした。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

お山でも!?
昨日はお日様も出ていたものの、雲も出ていました。

そら

でも、青空がきれいだと雲もまたきれいなので、曇りの日も空を見て楽しんでいます。

今回デッキと一緒にデッキ用のテーブルとベンチも作ってもらいました。
ところが、ベンチの寸法が微妙に違う!

お山でも!?1

さっそく、いつもお願いしている工務店の人が直しに来てくれました。
ところが、ナナとマロンが大恐慌!!
な、なんで??
マンションの工事は大好きで見物していたのに。


お山でも!?3

「ナナちゃん、大丈夫よ。見に行来ましょうね」

いや、こわいの

2階からデッキを見下ろして警戒しているナナ。


お山でも!?2

でも、好奇心もいっぱい。
階段の途中まで降りてきたものの、立ち止まって、グルグル。
こわい気持ち、好奇心、そして「不審者」がテリトリーに勝手に入った、という怒りと複雑なナナ。


お山でも!?4

マロンは?
まちろん、ベッドの中に隠れてました。

ぼく、こわいもん

面子なんて、何にも考えないお気楽マロンです。



補修工事が終わって、「ナナーっ、マローン」と呼ぶとナナは

終わったの?(ウニャニャア?)

と駆け下りてきました。


お山でも!?5

ホントに終わった?もう、いない?

まずはキッチンからデッキを覗いて安全を確かめてるナナ。


お山でも!?6

安心してデッキで遊びはじめたナナ。
そこに、マロンがおそる、おそる、そーーっと顔を出しました。

ぼく、やだ。こわいんだ。

どうしても納得せず、デッキは怖い、と引っ込んじゃいました。
あーあ。


しかたなく、玄関からお外に出しました。

お山でも!?7

だれもいない?

玄関から出ても警戒しているマロン。


お山でも!?8

ナナはそんなマロンにかまわず、お得意のコロコロをはじめよう、と準備体勢。

ホントにいない?

まだ疑っている小心猫のマロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


お山?!!
久しぶりにお山に来ました。ナナとマロンは今年初めて。
お山が近づくにつれ、

おやまだ!
おやまよ!
車の中で大騒ぎ。

蕗のとう 窓辺

車から降りるとき、うっかりと蕗の薹を踏んじゃいました。ああ!
でも、今夜、お味噌汁にいれようっと。
家の周りにはもう殆ど雪がなくて、いつもの年より春が早いようです。
それでもこのあたりはまだ緑も花もありません。
だから、窓辺にはお花。これでちょっと春の雰囲気になりました。



お山?!!1

さっそく、玄関の前であたりを見回すナナとマロン。
あっちも見たい、こっちも歩きたい・・・



お山?!!2

なんか、変わったこと、ないかしら・・

まずは、玄関わきの切った木の上にのって周りを見回すナナ。
ナナはここから周りをみるのがだ?い好き。
今日はお日様が暖かくて気持ちのいい日です。



お山?!!3

ぼく、おなか、空いた・・それに寒いんだ・・・

あ、ごめん。ご飯、あげるからちょっと待ってね。
でもね、マロン、石の上に乗って日陰にいたら、誰だって寒いわよ

まだ荷物が片付かないけど、とりあえず、マロンのご飯。
人間もまだだぞ、マロン。


お山?!!4

と、ナナが玄関に運んだ荷物を点検してました。
ナナちゃん、運んでくれると嬉しいな。



お山?!!5


一方、ご飯の終わったマロン、ふきんを出そうとあけた引き出しにちゃっかり乗って遊んでる!

なんか、引き出しのなか、めちゃくちゃだぞ、マロン。


お山?!!6

ナナは家の周りを一回りしてきて、やっとご飯。



お山?!!7

ご飯が済んで落ち着いたマロンは新しいデッキの上でお外を見張ってました。
このデッキ、ついこの間、全部作り直してもらったばかり。
なのに、ナナもマロンも「当然」という顔をしてます。
においが違うのは気にならないのかな?


お山?!!8

ご飯の済んだナナはデッキの陽だまりでほっこり。でも顔はちょっと警戒モード。

「ナナちゃん、どうですか」
あったかいの。小鳥さんいるの。
でも、なんか音もするの。


あたりは小鳥のさえずりでいっぱい。楽しんでね、ナナちゃん。

やれやれ、これでやっと私も朝ごはん。
今日はお天気がよくて暖かいから、ナナもマロンも一日遊んでるでしょう。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


朝のナナ
日ごとに春の気配が濃くなってきました。

新緑

ついこの間真っ白な花を咲かせていたコブシも今では淡くてみずみずしい緑の葉を伸ばし始めました。



モクレン

モクレンも満開。
この木、丈が低いなと思って調べたら、紫色の花のモクレンは落葉低木、白い花のハクモクレンはモクレン属の中でも大型で樹高が10メートルを超えるとありました。
知らなかった! 知っているようで木の高さの違いに気づいていなかった



朝のナナ1

さて、ナナは起きていつものようにまず、窓辺へ。
今朝、マロンはまだ寝てます。


朝のナナ2

小鳥さん、来ないのよ・・・

そうなんです。
桜の花が咲き始めたら、ヒヨドリたちは本物の花の蜜のほうに行っちゃいました。
だから、はちみつパンも少しだけ。


朝のナナ3

なんで来ないの?ちゃんと、あげてんの?

疑いの目で見るナナ。

ナナは時々、
パン、あげてよ
と催促するけど、もうね、小鳥たちは自分でごはんを見つけられるから、あんまり上げちゃいけないのよ、ナナちゃん。


朝のナナ4

あっ、マロンが起きちゃった!


お布団の中でぐーっすり寝ていたマロンが起きてきました。
お腹、空いたのかな?



朝のナナ5

このごろ、まど、あけらんないんだ・・・

ボーっとしながら、不満そうにお庭を見るマロン。


朝のナナ6

あたし・・お山に行きたいな・・・

待っててね、ナナちゃん。
すぐお山に行くからね。でも、お山、寒いんだけどな。
お山でナナとマロンが喜ぶのは嬉しいけど、まだ寒いから戸を開けっぱなしにするのはつらいなぁ。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ナナの身づくろい
菜園に行ったら、あたりいちめん、桜のはなびらの絨毯。

畑

桜は散り始めてもまだ朝晩冷え込むので種を蒔いてもなかなか芽吹かないし、その前にハトが狙ってます。
そこで、種を蒔いて不織布の保護シートを被せました。
ハトってちゃんと人間がまっすぐ種を蒔くのを知ってて、一列まっすぐほじくるそうです。

さて、夜肌寒いとPCの前に登場するナナ。

肌寒い夜は1

今夜もさっそく、グルーミング開始。


v肌寒い夜は2

ナナはきれい好きでとっても丁寧にグルーミングします。
マロンはどっちかというと、おおざっぱ。



肌寒い夜は3

だんだん、眠くなってきて、ちょっととろ?んとしながらもせっせとグルーミングするナナ。



肌寒い夜は4

「ナナちゃん、眠くないの?」

あたし、ねむくないの。もっときれいにするの。


眠くない?と聞かれてつっぱったナナ。


肌寒い夜は5

ナナはさらにせっせ、せっせ・・・



肌寒い夜は6

丁寧にグルーミング・・・


肌寒い夜は7

「ナナちゃん、眠くないの?」
もう一度聞いてみました。

あたし、まだ寝ないの。


あらら。
本当はグルーミングすると落ち着いて眠くなってくるはずなんだけどな・・・

眠くない、と意地を張ってるうちに本当に眠くなくなったナナです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ぼく、つまんない
日中暖かかったり寒かったり。

シャクナゲ

そんななかでお庭のシャクナゲの蕾も開き始めました。
自然界はやっぱり、春。

さて、この頃お庭に出たいモードになってるマロン。
なんとか、網戸をこじあけよう、とがんばるようなっちゃいました。
はぁ?

ぼく、つまんない2

爪でひっかいて、最初になんとか、隙間を作って・・・


ぼく、つまんない3 ぼく、つまんない4

鼻をつっこんだり、お手々を出して網戸をこじ開けるのをなんどか目撃!

用心してはいたのですが、ある朝、出かける前に居場所を確認しよう、と
「ナナーっ、マローン」と呼んだら

ただいま?

マロンがお庭から帰ってきました。
帰ってきた!?? な、なに?!!

マンションは飼ってるペットをお庭に出さない規約だし、まして猫はあっちの庭、こっちの庭に行ってしまうから、絶対だめ。
なのに、お外から帰ってきた!!

もう、だめだ、とホームセンターで相談してやっと家の網戸になんとか合う錠を見つけて取り付けました。

ぼく、つまんない5

ぼく、つまんないんだ・・・

網戸と格闘してみたけど、開けられなくて不満のマロン。


ぼく、つまんない6

外にでたいのにさっ!

ケッという顔のマロン。
ナナと違ってめったに不機嫌な顔をしないマロンとしては珍しい顔。


ぼく、つまんない7

「あのね、マロン、お庭に出たりしたら、一緒に住めなくなっちゃうんだぞ」

???・・・??

日本語のわからないマロンはキョトン?
天下泰平です。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



マロンと棒
友人たちと京都に桜を見に行ってきました。


sakura1.jpg sakura2.jpg

京都は桜の種類が多いので花の色も濃淡とりどり、しだれも多く、風情もあって桜を満喫。
そして、京都ならではのおいしいものでお腹もいっぱい・・・しあわせ♡


留守中、ナナとマロンはいつもお願しているシッターさんに甘えていたようです。
すっかりシッターさんになじんで、ナナもマロンもいつも玄関でシッターさんをお出迎えして歓迎。
おかげで数日ならナナもマロンも不安を感じないようなので、安心して旅行できます。


でも、やっぱり、帰宅すると
あそんで?
あそんで? 攻撃。

私はナナとマロンの相手、荷物の片付けなどで大忙し。

マロンと棒1

ぼく、遊びたいんだ


オモチャ入れの前で考えてるマロン。


と、

マロンと棒2

次の瞬間、ネズミをゲット!
あまりの素早さにカメラ、追いつかず。



マロンと棒3

今度はは爪とぎ。
あら?棒がこんな爪とぎの上に・・・留守中、なんかやったな?
この棒はテレビ台にしている中国のアンティーク家具の下に何か入った時のためにミニコンポの脇に置いてあります。



マロンと棒4

「マロン、棒だぞ?」

うん?



マロンと棒5

齧っちゃうぞ

あらら、そうきたか
お手々を出すと思ったんだけどな。


マロンと棒6 マロンと棒7

ちょっと棒を動かすと、お手々でチョイ。
マロン、空振り。
また、チョイ。
今度は肉球タッチ。


マロンと棒8

と思ったら、大きく、はずれ。

マロン、お前ね、どこを狙うか、よ?く見なさいね。



マロンと棒9

今度は大きいほうの爪とぎの乗って待ち構えるマロン。
遊んでもらえるのでわ?くわく。

あっ、棒だ!



マロンと棒10

えいっ、えーいっ!


オモチャ入れの下から棒にちょっかいを出すマロン。

この後も興奮してずっと遊んでました。
(或いは、私が遊んでもらった?)

マロンと棒11

「マロン、どう?」

うん。ぼく、いっぱい、遊んだ。

数日ぶりにいっぱい遊んで、満足のマロンです。
もっとも、留守中、ナナとマロンは一緒に寝たり遊んだりしてると思うのだけど、訊いても知らん顔されちゃいます。
今度、教えて欲しいんだけどな、マロン。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効






肌寒い夜は
家の周りでは方々の公園で桜が満開となりました。
いつもウォーキングしている公園はちょっと大きいけれどこのあたりは小さな公園がたくさんあります。
始めたばかりの菜園も公園の一部なので、畑の黒い土の上には薄いピンクのさくらのじゅうたん。

昼間暖かくなっても、夜にはると肌寒くなるこの頃、ナナとマロンはやっぱりパソコンの前がだ?い好き♡

肌寒い夜は1

ナナが来て寝ていたら、マロンがやってきました。
さっそくナナをグルーミングするマロン。
これは、

ぼくもいれてね

ま、い?わ

という御挨拶のようです。



肌寒い夜は2

丁寧にナナをグルーミングするマロン。


肌寒い夜は3

ナナもお返し。
安心してうっとりのマロン。



肌寒い夜は4 肌寒い夜は5

ナナとマロンのグルーミングごっこ。

ここで、仲良くしてるな、と安心してると、時々、ナナがいきなり

マロン、なにすんのよ!

と怒る時があります。
何が原因なのか、ちょっとわからないけど、どうやらマロンのやり方が乱暴らしい。
確かに、ナナに比べると、マロンはおおざっぱで時々乱暴。


肌寒い夜は6

いつの間にか、お得意ポーズでマロンに甘えて寝ちゃったナナ。
やれやれ。今日はこのまま、お休みね。
これでやっとパソコンに集中できます。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


やっぱりね・・・
芝生の植え替えが終わってやっとお庭らしくなったので、少しお花も植えました。

チューリップ シャクナゲ

淡いピンクのチューリップは八重咲きのアンジェリケ。以前、テラコッタのポットいっぱいに植えたらとてもきれいだったのですが、なんだか、今回のお花はちょっとちいさい気がします。となりには白い芝桜。これは根付けば来年も咲いてくれるかな、と手抜きを考えて。
10年経つシャクナゲも蕾が膨らんできましたが、今年は蕾の数が少ない気がします。去年の肥料が足りなかったのか、2月の寒肥が遅かったのか・・・よくわかりません。

でも、日影になっていたコデマリやだいぶ傷めつけられた姫ウツギもちいさな蕾を付け始めたので、これからだんだん春の庭になってくるな、と嬉しくてニコニコします。どんなにちいさくてもお庭は嬉しい。


さてさて、キャットタワーに取り付けた2つの籠。
あっ、ナナが右の籠に入っているな、とちらっと見てました。
と、後からマロンがキャットタワーを上ってきて、ナナの籠を覗きこんだら

だめーっ!

とナナがお手々でマロンの顔をグイグイ。

や、やっぱり、籠争いが始まっちゃいました。
はぁ。予想したパターンです。


やっぱりね・・・1

ぼく、だめって言われちゃったんだ・・・


ショボンのマロン。



やっぱりね・・・2

ぼく、籠にはいりたいんだ・・・

どうしていいのかわからなくて、立ち往生(お座り往生)のマロン。




やっぱりね・・・3

ぼくも、かご・・・

ここ、来ちゃだめ!

ナナに阻まれて困っちゃったマロン。

「あのね?、マロン。出だしが違うのよ。
あっちの籠に入りたいんなら、あっちのポールから登らなくちゃだめなのよ。」


日本語のわからないマロンのために抱っこして、あっちの籠へ。
やれやれ。私が居ない時はどうするんだ?


やっぱりね・・・4

マロン、来ちゃったのね?

うん。ぼくも籠。

やっと籠に入れたマロン。



やっぱりね・・・5

こっち、来ちゃ、だめよ!

念をおすナナ。
あのね、ナナちゃん、マロンも籠に入ったから、丈夫だと思うんだけどな・・・


やっぱりね・・・6 やっぱりね・・・7

こっち、来ちゃだめよ!               来ないわよね?

マロンが来ないか心配で何度も振り返るナナ。
なんで??



やっぱりね・・・8

あたし、降りちゃおうかな

不安になって、籠から出ちゃったナナ。
?あんなに強気でマロンを拒否して、籠をから動かなかったのに、ナナちゃん、どうしたの?



やっぱりね・・・9

あたし、ここがいーの

遂に、キャットタワーから下りて、ちいさなほうのキャットタワーにお座りしたナナ。
あれれ、それでいいの?



やっぱりね・・・10

ぼく、こっち、好きなんだ


素早く空になった丸いほうの籠に移ったマロン。
あっ、そうなのか!
どうやら、左手の四角い籠より、右手の丸い籠のほうが猫の目ランキングが上なんだな。
だからナナはあれだけ不安そうにしてたのね。
やっと訳がわかりました。
うーん。でも、丸いのをもうひとつ買うと四角いのが余るから、四角と丸で争ってください。
放っておくことにしました。

猫の目ランキング:ナナとマロンから見た人気ランキング



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効







気づいたら
キャットタワーのブリッジにつけた大きめのカゴ、今度は気に入ってくれるかと気になっていたら、

気づいたら1

寝てんの、あたし

いつの間にか、ナナが入ってました。
あ?、よかった?。
ナナが寝るなら、マロンも寝ます。


気づいたら2

あら?マロンったら、それ、違うわ

窓辺のマロンに気づいたナナ。


マロン、何してんのかな?

気づいたら3

こいつ、食べらんないかな・・

草を食べたくなったマロン、窓辺で育てている苗をクンクン。
あのね、マロン、それ、エンドウよ。
ネコ草は後で取ってきてあげるわ。



気づいたら4

あっ、マロン、来た。


気づいたら5

お隣の籠にマロン、登場!

やったあ! ブリッジの籠ふたつとも、ネコが入りました。


気づいたら6

ヤッホー、ナナちゃん。

こっち、来ちゃ、だめ

そうなんです。カゴに入ったら、別の問題がいろいろ。
たとえば、ナナはどっちかの籠にマロンが入っているか、よ?く観察してから、もう一つの籠に入る(だろうと思う)けど、マロンは考えずにいつものように右手のポールから登ってきて、ナナが右手の籠に入っていたら、それを踏み越えて左の籠に行く、ナナが怒る、とか。
ま、勝手にやってください。ネコの世界はネコがルールを作ってくれ?。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


大きいほうの籠
キャットタワーのブリッジにつけた小さめの籠がナナとマロンに不人気だったので
楕円形の大きめの籠と交換しました。

と、
大きいほうの籠1

おっきいほうになったんだね


さっそく、マロンが見に来ました。

「マロン、どう?」



大きいほうの籠2

このカゴだとブリッジに固定するのが穴のあいている端のほうの一か所だけでは危ないので、壁との隙間にも紐を通して、両方の留め具にプラスチックのボールを使ってしっかりさせました。
これなら、下から駆け上って、マロンがドッカーンと入ってもずれないでしょう。



大きいほうの籠3

ふーんと、こっちは・・・

あらら?
マロンは二つの籠の間でお座り。
籠を比べているみたい。この頃、マロン、比較するの、お得意なのね。



大きいほうの籠4

「マロン、どっちがいい?」

ぼくね、迷ってんの

左の籠はナナもマロンもよく寝てます。
右の籠も他の場所においていた時はよく入って寝ていたもの。
どっちも使ってね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



ベッドメークはお遊びタイム
ナナとマロンにとって、ベッドメークはいつもお遊びタイム。
いつもと違うことって、ネコはだ?い好き。


今日もシーツを交換しよう、と準備していたらナナがやってきて嬉しそうにあっちこっち探検。
と、
ベッドメークはお遊びタイム

マロンが来ちゃったの!

ナナは「独占」が大好きだから、独占しているときにマロンが来るのは嫌いというわがままネコです。



ベッドメークはお遊びタイム2

いきなり、ベッドにドッカーンとマロン、登場!

素早く箪笥の上に避難していたナナ。



ベッドメークはお遊びタイム3

ここ、寝やすそうだな。

あ、あーっ!
出したばかりのシーツの上で寝そうなマロン。



ベッドメークはお遊びタイム4

あれ?ナナちゃん、そんなとこにいたんだ

マロン、しっかりとシーツの上で香箱を作っちゃいました。
う、うーん。ベッドメークはどうなる?



ベッドメークはお遊びタイム6

マロン、あそこで寝るかしら?

マロンが落ち着くのを待ってるナナ。



ベッドメークはお遊びタイム5

寝た・・・かしら?

マロンの様子をうかがって、前進開始、のナナ。



ベッドメークはお遊びタイム8

ナナ、シーツの引き出しに、急いで潜り込み!



ベッドメークはお遊びタイム9

ナナちゃん、何してんの?

あっ、まずい!


駆け付けたマロンに気づいて、ナナ、逃走!
うえからパシパシやられちゃう!

ナナもこういうとき、マロンをパシパシするものね。
でも、ナナはパシパシされるのは大嫌い。



ベッドメークはお遊びタイム10

ナナちゃんったら、逃げちゃった・・・ぼく、パシパシできなかったな。

残念でした、マロン。
ナナちゃん、素早かったわね。



ベッドメークはお遊びタイム11 ベッドメークはお遊びタイム12

ぼくもこん中、はいろーっと。           うっ、狭いな・・・だめかな?

引き出しになんとか、入ろうとマロンはうろうろ。



ベッドメークはお遊びタイム13

はいれないな・・・

しばらくいろいろと試してみて、あきらめたマロンです。
こういうの、いつものパターンね、マロン。やっぱり一緒にやせよう!



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効




  生い立ち

   街の家

   山の家

プロフィール

沖 ゴンベエ

Author:沖 ゴンベエ

沖 ゴンベエ


2005年末に我が家にきたナナとマロンの飼い主。
前の猫を亡くしたばかりのところ、家ににきた2匹の猫にバタバタひっかきまわされ、遊んでもらっています。ちなみに、沖ゴンベは25年一緒だった前の猫の名前ですが、もともとは写真のお魚の名前。好奇心いっぱいでダイバーに近寄ってくる、ちいさな岩場の魚です。