FC2ブログ

写真でつづるナナとマロン、2匹の猫の物語

  ナナ


2005年10月初旬生まれの
女の子。
気が強くておすましさん。
でも心細くなるとマロン を頼っ
ている。 鳴き声がソプラ ノ。
山のお散歩で虫を捕まえる
のが大好き。
最近、「ダーウィ
ンが来た!」がお気に入り。


 マロン


2005年10月下旬生まれの 男の子。ひょうきんものでドジ だけど、くじけなくて人懐こい。 ナナが大好き。
なんでもナナの真似をしようと する。テレビの 「ダーウィンが 来た」が大好き。

  ナナとマロンのお家

ナナとマロンはいつもは街に 住んでいます。つづき・・・

  最近の記事

  月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

ナナとマロンにお便りをいただければ嬉しいです。 でも、メールには原則的にお返事を出せませんので ご了承ください。
名前:
メール:
件名:
本文:

中庭から
いつもナナとマロンが眺めているちいさな庭は家の南側。
北側の書斎の窓からもよく外を眺めてます。

書斎の外側はマンションの中庭でひとが通るところです。
間に竹が植えてあるものの、あまり目隠しにはならないので
いつもカーテンを下ろしておきます。
ナナとマロンはカーテンをめくって、窓の外をながめるので
私はナナとマロンがどんな顔してお外を見てるのか、見たことがありません。


中庭から1

中庭からナナとマロンを呼んでみました。

「ナナーッ、マローン!」

ぼく、ここ、ここだよ

思わぬところから呼びかけられて、あせって答えるマロン。


中庭から2

なんでそこにいんの?

冷静ナナちゃん。
ナナもマロンも私がこちら側にいるのを見ることはほとんどありません。


中庭から3

ちょっと焦ってたマロンも落ち着いてあたりをきょろきょろ。
きっといつもはこうやってお外を見てるのね。


中庭から4

ねえ、そこでなにしてんの?
お家に入ってきて。


はいはい、ナナちゃんに咎められちゃいました。
でも、いつも見ていないところでナナとマロンが何をしてるのか、
とっても知りたかったのよ。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



スポンサーサイト
新しいキャットタワー
窓辺に置いてあった小さいほうのキャットタワーの
上の台がかしいでいて危ないな、と思っていたのですが
ついに折れました。
マロンが飛び乗ったら、バキッ!

(かしいでいるキャットタワー)


ナナもマロンもお気に入りだったけど、また同じのを買っても
マロンの体重だと同じ結果になるのでしっかりしたのを注文しました。

新しいキャットタワー2

さあ、組み立てたわよ、マロン。

これ、なんだか、おっきいよ

でも、これ、ちっちゃいほうなのよ。



新しいキャットタワー3

よおっし!

ちょっと爪とぎして、登ることにしたマロン。



新しいキャットタワー4

ここ、お庭がよく見えるよ

そうね、よく見えるわね、だって前のより高いもの。



新しいキャットタワー1

このキャットタワー、結構、存在感があるので、ちょっとうっとおしいかな、
パーティのとき、どうしようかな、と考えちゃいます。



新しいキャットタワー5

ここ、気に入った!

そっか、よかった。でも、ナナは気に入らないみたい・・乗せてもすぐ降りちゃいます。
あーあ、お願い、気に入ってね、ナナちゃん。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ナナとテレビ
この頃はナナも時々テレビを見るけど、
いつもマロンが見てるから、つられて「なにかしら」と見始めていたように見えました。

ナナとテレビ1

ところが、今夜はマロンが全然見ていないのに、
テレビの前にお座りして画面をじーっと見ているナナ。


ナナとテレビ2

「ナナちゃん、面白いのね?」

こっちを見もせず、まじまじとBSの沖縄の動物たちの番組を見るナナ。
人間で言うと、口を開けて見てる感じ・・・



ナナとテレビ3

沖縄のネズミがでたり、やんばるくいながでたり、
動きがあるから面白いのかと思うと・・・


ナナとテレビ4

解説の人間が出ても
じーーーっと見てます。

いったい、ナナの「面白い」という基準はなんだろう??



ナナとテレビ5

いつもマロンがテレビを見る時に乗る椅子を持ってきてあげました。

「ナナちゃん、ここでどうでしょうか?」

ちょっと椅子の上でテレビを見たナナ、
これ、いや

テレビに飽きたのか、椅子がお気に召さなかったのか、降りちゃいました。
どうも、ナナとマロンは好みが違うのね。
難しいナナちゃんです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

水道工事
春、ちいさな庭には白い花が次々と咲きます。

ひめうつぎ

しゃくなげ、こでまりが終わったら、姫うつぎ。
地面を這うような低い枝から白いかわいい花がいっぱい、
あたりを明るくするようにさきます。


さて、キッチンの水栓金具が壊れてしまったので
交換してもらうことにしました。

ナナもマロンも点検とか工事の人が来ると怖い!

水道工事1

ぼく、怖い

あわててソファの後ろに隠れたマロン。
あんたねえ、男の子でしょ、怖がっちゃだめよ。


水道工事2

スツールの陰からしばらく工事をうかがっていたナナ。
だんだん、好奇心のほうが強くなってきたようです。



水道工事3

何してんのかしら

ついに出てきてキッチンの様子をうかがうナナ。


水道工事4

あたし、見張ってんの

キャットタワーの、キッチンから遠いほうの棚板に乗って、
ポールの陰から様子をうかがうナナ。

手前はまだ、液晶でない我が家のテレビです。



水道工事5

「マロン、出ておいて」
何度か声をかけたら、

ぼ、ぼく、やっぱり怖い

やっとソファの陰から出てきたものの、安楽椅子とソファの間の安全地帯から動かないマロン。

あんたねぇ、そこじゃ何にも見えないでしょ。

ぼく、見なくていいんだ



水道工事6

ついに、キャビネットに乗って、堂々とキッチンを見張ることにしたナナ。

変なことしたら、あたし、許さないもん

はいはい、見張ってね、ナナちゃん、頼りにしてます。

以前、留守の間に火災報知機の点検があった時、シッターさんに立会をお願いしたら、
やっぱりナナが「変なことしないか」ずーっと見張ってたそうです。
責任感強いのね、ナナちゃん。ありがとうね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


肌寒い日
このところ、雨だったり街も肌寒い日が続いてます。

肌寒い日ad

でも、もうそろそろお布団を冬物から春物へ替えよう、と
厚手の羽毛布団を干してからソファに広げておきました。


と、やっぱり・・・いつの間にか潜り込んだナナとマロン。

お布団をちょっとめくってみました。

肌寒い日1

ここ、きもちいいんだ

マロンが潜り込んだのは、窓に近い、明るい場所。
お布団に潜り込めばぬくぬく。



肌寒い日2

そのまま、また寝ちゃったマロン。
気持ちよさそう。


反対側にいるナナはどうしてるかな?

肌寒い日3

「ナナちゃん、いますか」

あたし、寝てんの


「ごめんね、ちょっと見たかったのよ」

ぼーっとしているナナ。


肌寒い日4

ちょとごそごそして向きを変えたと思ったら
ナナも寝ちゃいました。
お布団の中は暖かで居心地がいいみたい。


肌寒い日5

さて、お布団をめくったままのマロンは?

ぼく・・・寝てるよ

薄眼を開けてこっちを見たマロン。
ごめんね。ナナもマロンも寝ててね(って私が起こさなければ寝てるわね)



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


お山から帰る日
今日はお山から街に帰る日。
また5月に来ますが、用事がたまっているので一度帰ります。
夕方、ナナとマロンを車に乗せてさあ、出発。

お山から帰る日1

別荘地の出口で鹿に出会いました。
このあたりの鹿たち、車を怖がりません。
この鹿、運転席からほんの5メートルくらいのところで立ち止まってます。
鹿はここ数年見かけることが多くなりました。
近くの従姉の別荘では木を植えたら若芽を全部食べられて木が枯れたので
仕方なく、若木は網が囲って保護してます。


お山から帰る日2

あれ、だれ?

家の近くにはカモシカがいて、鹿はどうやら来ないのでマロンは興味深々。
運転している私の膝にのって鹿を眺めてます。
しっぽ、膨らまず。
うーん、カモシカ同様怖くないんだな。


お山から帰る日3

きっと、鹿も「あれ、なんだ?」とナナとマロンを見てるのでしょう。
しげしげとこっちを見てました。


お山から帰る日4

ぼく、車あんまり好きじゃないんだ

ナナのほうが大声でギャアギャア言うけれど、本当はマロンのほうが車は苦手。
もっとも2匹とも止まっている車で遊ぶのは大好き。
それに、市街地をゆっくり走るのも好き。
嫌いなのは高速道路です。どうも、体感速度が猫にとっては速すぎるようです。



お山から帰る日5

あ、イヌだ!

助手席で前を見ながら、鳴いているマロン。
ちょっと怖いけど、面白い。


お山から帰る日6

あれ、なに?

ナナは後部席のヘッドレストをしっかり掴って高みの見物。
一番よく見えます。
このポーズ、マロンはできない・・・お尻が重くておっこっちゃいます。



お山から帰る日7

信号で停まったらナナも助手席にやってきました。
やっぱり前が見えるほうがいいのね、ナナちゃん。

助手席は折りたたんで高くなっているので猫たちはお座りしてもお外が見えます。



お山から帰る日8

あっちもキョロキョロ


お山から帰る日9

こっちもキョロキョロ


お山から帰る日10

車の中にいれば安全、と理解しているらしくて、安心してお外を見てます。
ナナは落ち着いて香箱を作っちゃいました。

あのね、もうちょっとで高速道路だけどおとなしくしてね。
でも、また騒ぐんだろうなぁ・・・

(注:撮影は全部信号などで停車中のもの)



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


クンクン
お山ではいろいろな動物の匂いがします。
そのうち、人間にわかるのはほんの少しだけ。
よっぽど強烈な、近くの新しい匂いしかわかりません。
もっとも、だから「お山の空気はおいしい」と言ってられるのかも。

クンクン1

ナナとマロンにとってはお散歩=匂い嗅ぎのようです。
さっそく、クンクン。
うーん、きっと昨夜、キツネ、イタチ、アナグマといった夜行性の動物が通ったのでしょう。



クンクン2

歩いていてもクンクン。




クンクン3

マロン、ここになんか、匂いをくっつけちゃったわよ

マロンをクンクンするナナ。
動物の匂いのついている岩かなにかに触ったかな、マロン。



クンクン4

ナナちゃん、くすぐったいよ・・・

だって、匂うもん。



クンクン5

いーよ、お家帰ってからちゃんときれいにするよ。


クンクン、やっぱり匂うわ。

ナナはちょっとでも汚れるとすぐグルーミングするけど、
マロンはお外ではしません。



クンクン8

ぼく、何の匂い、つけちゃったのかな・・・困ったな


しまった、という顔のマロン。
本当は困っちゃったのよね。
お家で丁寧にグルーミングしてね、マロン。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効





お山の小鳥さん
街のお家の庭にも小鳥はたくさん来ますが
ナナとマロンは網戸越しに眺めるだけです。

でも、お山だと直に小鳥を見ることができます。

お山の小鳥さん1

朝からお山は小鳥のさえずりがほうぼうから聞こえてきます。
小鳥を見つけたマロン、お尻を落として忍び足。



お山の小鳥さん2

居ました!
近くの梢にとまってます。逆光でよく見えませんが、たぶんシジュウガラ。



お山の小鳥さん3

道端にうずくまって狙っているつもりのマロン。

でも、シジュウガラが止まっている木は近くに見えるけど、
下り斜面に生えていて、届かないところです。
マロン、わかっているかな?


お山の小鳥さん4

悠然とさえずりながら、枝先を飛び回っている小鳥。
マロンには届かない、とわかっているのでしょう。



お山の小鳥さん5

あっ、あんなとこに降りた!

お尻を落としたまま、あわてて斜面に駆け寄るマロン。
届くところかな?



お山の小鳥さん6

あ、あー!
・・・飛んでっちゃったぁ・・・


残念、マロン、小鳥さん、マロンが怖くなったのね。



お山の小鳥さん7

「マロン、行くわよ」

う、うーん。小鳥・・・

先に行こう、と声をかけると、マロンはまだ小鳥さんが気になって気になって
振り返り振り返り、しぶしぶ歩き出しました。
マロン、またどこかで小鳥さんに会えるからね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


何してんのかな、ナナちゃん
家の裏山は、ナナとマロンが安心して遊べる場所です。
誰も来ないし、お家にすぐ駆け込めるし。

あたし、登る!1

裏山をお散歩中、急に斜面を登り始めたナナ。
どうしたのかな?



あたし、登る!2

も、ちょっと上がいいわ

真剣な顔でさっさか歩くナナ。
急いでるのかな?



あたし、登る!3

ここ、どうかしら?

クンクン、枯葉の匂いを嗅ぐナナ。


あたし、登る!4

お鼻を枯葉につっこんで、確認!

あっ、もしかしたら・・・



あたし、登る!5

真剣な顔でシーシー中のナナ。



あたし、登る!6

ぼく、こっちに行こうっかな・・

ナナの行動に気づかない、脳天気マロンが近づいてきました。
あああ、怒られるぞ?、マロン。


あたし、登る!7

マロン、あっちに行ってよ!

あ、ご、ごめん、ナナちゃん、ぼく、知らなかった・・・

あ?あ、やっぱり怒られちゃいました。
そりゃね、マロンが悪いわ。
もうちょっと周りを見て歩こうね、マロン。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効





マロンの待ち伏せ
今日も朝からナナとマロンとお散歩、お散歩。
朝から・・というか、これをしないと、ナナとマロンの一日が始まらないようです。

いつだったか、朝お客様の朝食の支度で忙しくてお散歩に出られなかったら
ナナが「行かないのー?行かないのー?」と道路への出口でさんざん鳴いてこっちを見たあと
とっとこ、とっとこ、一匹でお散歩で出かけてしまい、しばらく怒ってました。

だから、まず自分の朝ごはんより一緒にお散歩。
10分でも一緒にお散歩してあげると満足するようです。

マロンの待ち伏せ1

お散歩から帰ってきて、玄関への車道に伏せしたマロン。

よそ見していて気付かないナナを待ち伏せしてるつもりかな?



マロンの待ち伏せ2

あっ、マロンったら、待ち伏せしてるわ

マロンに気づいたナナ。

ど、どうしよう・・・気付かれちゃった・・

マロン、丸見えなのよ。



マロンの待ち伏せ3

ふーん、どうしようかな・・・

どうやってマロンの攻撃をかわそうか、考えてるナナ。

さあ、マロン、困った!どうする?


マロンの待ち伏せ4

ぼ、ぼく、小鳥さん見てるんだ・・・

視線を外して、ナナに気づいていないふりをするマロン。にゃは
猫ってまずいな、と思うと視線をはずしますね。


マロンの待ち伏せ5

ふーん、あたしもマロン見てないから、あっちに行こうかな・・・

マロンの作戦の上を行くナナ。


マロンの待ち伏せ6

あ、あれ?ナナちゃん、あっちに行っちゃうんだ・・・

予想外のナナの行動に、またまた困っちゃたマロン。



マロンの待ち伏せ7

仕方ないや、ぼく、お家に入ろうっと。

ナナを待ち伏せするのをあきらめて、マロンは玄関に向かってとぼとぼ。

やっぱりね・・

マロンの行動を予想していたナナは悠然とマロンの後ろから歩きだしました。
マロン、全然気づかず。



マロンの待ち伏せ8

ふ、ふーん、あたしの勝ちよ!

お散歩が終わって玄関の前でコロンのナナ。

ぼ、ぼく・・・ナナちゃんに読まれちゃったんだ

がっくりしているマロン。

マロン、あんたねえ、単純だもの。ま、男の子だものね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

あらら?マロン
ナナとマロンが初めてお山に来た頃は
2匹ともなるべく近くにいて助け合ってました。
今は普段、お外では一緒にいたり、全く別々だったり、いろいろ。

でも、お散歩の時はお互い、一緒にいようとしてます。

ねえ、どこ、行く?1

お散歩の途中、マロンがナナのところによってきました。
挨拶するのかな?


ねえ、どこ、行く?2

ねえ、ナナちゃん、

なーに、マロン



ねえ、どこ、行く?3

今日も仲良くしようね

うん、いいわ

マロンに下手にでられて、気分のいいナナ。

ナナはマロンより2週間先住だから、自分が偉い、と思ってます。



ねえ、どこ、行く?4

機嫌のいいナナはすり寄ってきたマロンをぺろり。
やさしいナナの態度にマロンもいい気持ち。


ねえ、どこ、行く?5

あらら、マロン、ナナに甘えてるのね?
やっぱり、マロンはナナの弟分なのね。
姉御ナナと弟分マロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



ぼく、気に入った
ナナはいつも道路でコロコロ。
マロンは玄関の前でお散歩の前にゴロンゴロン。

ぼく、気に入った1

おや?
お散歩の途中、いきなり道路でゴロンゴロンはじめたマロン。

どうしたの?



ぼく、気に入った2

気持ちいいんだ!

そっか、よかったわね、マロン。
道路でするの、気持ちいいのね。


ぼく、気に入った3

えーいっ!

思いっきり足をあげてゴロンゴロン。
小心者マロン、そんな大胆でいいの?



ぼく、気に入った4

ぼく、気に入った!

そっか、マロンったら、いつもナナが道路でコロコロするのを見ていて
真似してみたかったのね。
気持ちよくてよかったわね、マロン。
またいつでもできるわね。

ナナをなんでも真似するマロン、今日は思い切って道路でゴロンゴロンに
挑戦の巻でした。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ナナのコロコロ2
今日も朝からお日様きらきらで気持ちよく、お山の一日の始まり。
ナナとマロンの一日はまずお散歩から。いえ、マロンはご飯から。

ナナのコロコロ2  1

道路に出てさっそくコテン、コロコロを始めたナナ。
仰向けになって、お腹、丸出し・・・本当に無防備。



ナナのコロコロ2  2

そのまま、あんよとお手々を・・・


ナナのコロコロ2  3

う、うーーん

思いっきり延ばして、いい気持ちそうなナナ。


ナナのコロコロ2  4

そのまま、反対側にコロン!


ナナのコロコロ2  5

またまた反対側にコロリ!
おや?お終いかな?


ナナのコロコロ2  6

まだまだ、また反対側にコロッ!


ナナのコロコロ2  7

気持ちいいの!

そ、ナナちゃん、よかったわね。
楽しそうね。


ナナのコロコロ2  8

う、うーん

またのびをして・・・


ナナのコロコロ2  9

ちょっと一息・・・


ナナのコロコロ2  10

えーいっ!

ナナの身体は本当に柔らか・・うらやましい。


ナナのコロコロ2  11

お得意、お腹丸出しポーズ。
ナナは真っ白なお腹の一部だけ、淡い茶色です。


ナナのコロコロ2  12

も一回行くの!

気合をコロンの準備。


ナナのコロコロ2  13

で、コロン!


ナナのコロコロ2  14

ふーっ、気持ちよかった。

ナナちゃん、見ていて楽しかった。お腹、かわいい・・



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ぼく、トイレ
お山を下って町にお買い物にいくとちょうどしだれ桜が満開。

桜

濃い目のピンクがきれいで買い物を忘れて見とれてしまいました。
今、町ではほうぼうで桜が満開。桜並木もたくさんありますが、運転しているとなかなか写真は撮れません。

お山では暖かくなって、少し冬芽が膨らんだものの、
まだ家の周りの木々は葉っぱを出していません。
このあたりの新緑が美しいのはいつも5月末くらいです。

朝の挨拶1b  朝の挨拶1a

去年の秋は黄葉で金色に輝いていたナナとマロンのお気に入りの散歩道も
今は枯木立でお日様がいっぱい。
道の端は落ち葉の吹き溜まりです。

マロンはお散歩の途中でトイレするのが大好き。
どうも、マーキングというよりも気持ちがいいらしくて(そうでしょうね)、
しょっちゅうトイレしているのを見かけます。
ナナは時々。


ぼく、トイレ1

ぼく、この辺がいいと思うんだ

お散歩の途中、急に道端によっていったマロン。
うん?シーシの場所探しかな?



ぼく、トイレ2

?なんか、匂うかな??

昨日のマロンのシーシじゃないの?


ぼく、トイレ3

ここにきーめたっと!

せっせと落ち葉を掘り始めたマロン。
猫って・・・掘るんだけど、たいていするところとずれるのよね・・・


ぼく、トイレ4

こっちにお尻を向けて、汚さないようにしっぽをちょっぴりあげて
シーシ中のマロン。


ぼく、トイレ5

おーわったっと!

せっせと痕跡隠滅中のマロン。
これも・・・いつもずれるのよね。

こういうの、ナナはちゃんと何度も何度も匂いを確認して
てんこもりにして隠しますが、マロンはいっつもいい加減。


ぼく、トイレ6

あっ、マロンったらまたトイレしてるわ。
ちゃんと隠したかしら?


家のトイレでマロンが砂かけをしないでいると、
ナナがあとからきて

くちゃいの、くちゃいの、

とそこらじゅう、ひっかいて抗議します。
でも、代わりに砂をかけてくれるわけじゃないので、
トイレお掃除係りの私を呼びつけてる気がします・・・呼びつけてるんだろうなぁ。



ぼく、トイレ7

ナナちゃん、呼んだ?
もっとさきまで行こうよ


さっぱりしたマロン、涼しい顔でお散歩の続きを催促。
はいはい、もっと先に行きましょうか。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



朝の挨拶
昨日は30分ほど車で行ったところで富士山がきれいに見えました。

富士山

雨に洗われた空、まだ残っている雲、富士山の雪と雲がどっちがどっちだか・・・
坂道を登ったら、いきなり目の前に見えたので、思わず声をだしてしまいました。

お山にも日毎に暖かさがしみてきます。
お日様さえ出れば、このごろは朝もとっても暖か。

朝の挨拶2

今朝もご機嫌でお散歩のナナとマロン。
あら、ナナちゃん、マロンを待ってるのかな?



朝の挨拶3

マロン、待ってたのよ

うーん、ぼく、きたよ、ナナちゃん

ナナとマロンの鼻をくっつけあって、においを嗅ぎあってのご挨拶。



朝の挨拶4

マロン、どこ、行く?

うん、どうしようか

今日はやたらとマロンに愛想のいいナナ。
でも、どうかするとマロンを無視したり、「うるさい」ってひっぱたくし、
気分屋ナナにつきあうのは大変ね、マロン。
マロンはたいていの時は気分屋ナナにあわせる気のいい奴です。
たま?にマロンもナナをパシッてするけどね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効







雨上がりの朝
昨日は一日雨でした。

雨の日

外はもやがでて夢の中のような、ぼんやりした世界です。
こういう景色も心休まる気がして好きです。



外を見るナナ

ナナは開けておいた窓に座って、未練げにお外をじーっ。
今年、お山での初めての雨。
さすがにお外に行く、とはいいません。
初めてお山に来た頃は雨でも出るんだ、とがんばってましたが。


一夜明けて、今朝のお空。

雨上がりの朝1

空の青の濃淡、雲の薄いグレーの濃淡、枯木立の雨に濡れた黒、
それにうっすらとお月さまの丸い白。
なんとも素敵な朝です。



雨上がりの朝2

暖かな春の雨は山道の出口に残っていた最後の雪も溶かしてしまいました。
もう、お家の周りで雪が残っているのはキッチンの裏側にちょっぴりだけ。




雨上がりの朝3

木の芽もふっくら、膨らんできました。
いつもこの木の葉っぱがでるのは5月初めごろ。今年はあと一週間くらいで葉になりそうです。



雨上がりの朝5

雨上がりの湿気はいろんな匂いを増幅して届けます。
お外にでるなり、ナナはクンクン。
さかんに鼻をひくつかせていろんな匂いを嗅いでます。
どうも見ているとマロンよりナナのほうが匂いに敏感。



雨上がりの朝6

「ナナちゃん、それ、いつも置いてある切り株だけど?」

匂うのよ

ふーん。夜中に誰か(=いたち、キツネなど)来たのかな?



雨上がりの朝7

ここも匂うの

さかんに嗅ぎまわるナナ。

でも・・・人間には全然わかりません。顔文字1(背景黒用)



雨上がりの朝8


ここも!

家の土台も匂う、というナナ。
うーん。今まで匂いが薄くてわからなかったのが、雨の後で強く匂う、ということなのでしょう。
どっちにしても人間にはお手上げ。

家の車道は動物の通り道らしく、冬にくるといろいろな足跡がついてます。
ウサギは見かけたことはないけれど、冬だと足跡がくっきり。
だから、このあたりや玄関に動物の匂いがするかも知れません。



雨上がりの朝4

今度は空気が何かの匂いを運んでくるらしくて、盛んにクンクンするナナ。
今朝、ウサギさんでも通ったかな?



雨上がりの朝9

朝ごはんを食べ終わって落ち着いたマロンはデッキのテーブルに陣取ってクンクン。
やっぱり、雨の後はいろんな匂いがして面白いのね。
お天気になってよかったわね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


マロンのお迎え
昨日の夕日は太陽が金色に輝いて見えました。

夕日

お山にいると空気が澄んでいて、なんてもない風景でもとっても感動します。
特に太陽、雲、空、月、星などは本当にきれい。雨の日の雲もきれいだと思います。

今朝は久しぶりの薄曇り。
ナナとマロンはそれでも起きるなりお外にダッシュ!
でも、私が外にでるまで外と中をいったり来たりして待ってます。

マロンのお迎え1

マロンと歩いていたら、ナナが遅れちゃいました。
ナナが気になるマロンはナナをお迎えに。


マロンのお迎え 2

ナナちゃん、早くおいでよ

ふーん

おや?マロン、お腹でてない?
(人の・・いや、猫のことは言えない飼い主)


マロンのお迎え 3

ねえ、ナナちゃん・・・

ナナ、知らん顔でマロンからちょっと向きを変えちゃいました。

ナナ、マロンと朝のご挨拶しないのかな?
お散歩の途中、よくお互いにお鼻をくっつけあってご挨拶します。



マロンのお迎え 4

あたし、自分であるいてきたの
マロンのお迎え、いらないの


冷たい態度のナナちゃん。そ、それはないでしょ?


マロンのお迎えad

ナナちゃん、冷たい・・・

呆然とした顔のマロン。

あたし、先に行くわ!

マロンの態度なんて知ったこっちゃなさそうなナナ。
うーん。相変わらず我侭。

ナナはそのまま、さっさか、さっさか。
今度はマロンが遅れ始めました。



マロンのお迎え 6

マロン、遅いわよ!はやくっ!

あれれ?やっぱりマロンが気になるナナはちゃんと待ってます。
ねえ、やさしくしたら、ナナちゃん。


マロンのお迎え7

今、行くよ

ちょっぴり射してきた日がまぶしくて目を細めながら
早足になる気のいいマロンです。


maron  nana

お散歩のあと、今朝は寒いのに何度か外と家の中をいったりきたりしていたナナとマロン。
結局、昨日よりだいぶ気温が低いので、諦めて丸まって寝ちゃいました。
やれやれ、とドアを閉めたら、ポツリポツリと雨。


一緒

ストーブをつけましたが、昨日までは初夏の暖かさだったので、
やっぱり寒く感じたマロン。
ナナの籠に 「ナナちゃん、いれてね」と潜り込み。
寒かったナナも歓迎して、一緒で暖か。
よかったわね、ナナ、マロン。

でも、この籠、2匹が入るのでだんだん、ゆがんできた・・・



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ぼく、ゴロンゴロン
このところの暖かさで、標高の高いこのあたりでも木々も急いで春に向けて
駆け足で準備しているようです。

アブラチャン


家の近くのアブラチャンも黄色の花がだいぶ咲いています。
いつもは4月末に満開なのに。

さてさて、大冒険したナナとマロンは昨日の昼間は結局殆ど寝ていたものの、
マロンときたら夜中に

ぼく、お外で遊ぶんだ!

と主張するじゃありませんか!全然懲りてない。なんてやつでしょう。

でも、ともかく今日も暖かくてナナもマロンもお外でご機嫌。
ナナは道路でコテン、コロコロするのがお得意だけど
小心者のマロンは玄関の前がお気に入り。
でも、真夜中まで一匹で外遊びしてた子は本当に小心者かな?


ぼく、ゴロンゴロン1

朝、玄関からお外に出たら、まずゴロン。
気持ち良さそうね、マロン。



ぼく、ゴロンゴロン2

頭をタイルでグリグリしてからゴロンゴロン。



ぼく、ゴロンゴロン3


ぼく、ゴロゴロ大好き!

ご機嫌でゴロゴロのマロン。

うーん。猫はみんな、好きね、マロン。



ぼく、ゴロンゴロン4

気持ちい?んだハート

そっか、やっぱり後ろ足は縮めて上に向けて、お手々は折るんだ。
なーんだ、ナナとおんなじポーズとってたのね、マロン。
ナナはゆっくりコロコロ、マロンはすごい速さでゴロンゴロンで
見た目が違うから判らなかったわ。
これって猫の基本的なコロコロポーズなんだろうか?

ナナとマロンはこうやって、お山の家にいると全身汚れちゃいます。
特に真夜中まで遊んで戻ってきた時は、真っ白なナナのお手々はグレーになってました。
でもナナは疲れてしまって、そのまま身づくろいもせず、枕の横でぐっすり・・・
こっちも疲れてぐったり・・・そうだ!シーツ洗わなくっちゃ。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

大自然の子たち?
ナナとマロンはお山に来るといつでも外遊びをしたい!
だから、出かけるときナナとマロンを家に入れるのはとっても大変です。

昨日、出かける前に朝からずっと閉じ込めておくのは可哀想、と一旦外に出して、ナナが帰宅したところでキッチンのドアを閉めればマロンはすぐ捕まえられると待っていたら、ナナが帰宅しない。
出かける直前ナナが帰宅した、と思ったら今度はマロンが全然姿を見せない・・・
もう、時間がないし・・・泊りがけのお出かけなのに・・・kao05
お手上げになって、ええいっとキッチンのドアを細めに開け、ナナも自由にさせて
車に乗り込んだら、なんと、マロンはデッキでナナと一緒に遊んでいるじゃありませんか!
も?、こいつらは!
でも、2匹とも「つかまんないもん!」って顔に書いてあるので、諦めてそのまま出発。
ナナとマロンを野放し状態での初めての外出です。

思えばこの2年余り、お山の家で殆ど毎日出かけるときや夕方、2匹とも捕まえていたほうが奇跡に近いと思ってました。いつか、捕まえられないときもあるだろう、とずっと思っていたけど、何も泊りがけで出かける日にそうならなくとも・・・ため息
幸い、風も雨も心配のない暖かな天候だからキッチンを少々開けておいても大丈夫だけど、
暗くなったらキツネやアナグマが猫たちを追いかけて家の中に入ってきたら無事、逃げ切るだろうか、と心配はいっぱい。
でも、もう、自然の中で生き延びる猫たちの本能に任せるしかない、と腹を括り、(太ったお腹をどうくくる?)急遽、日帰りで帰宅できるよう予定を変更しました。

もともと、のんきなところがあるせいか、街で用事を片付けた後、友人と会ったり食事したりしている間はたのし?い。ああ、こういう飼い主だから猫たちはもっと能天気なのかも・・・

深夜、12時前に帰宅したら家は空っぽ!!トイレはきれい、ご飯も殆ど減っていない!!
どこにいったぁ、ナナ、マロン!!

直線距離で20メートルくらい離れた別荘に人がきているのに気づいたものの、
ええい、明日謝ろうと、大声で

ナナーッ、マローンッ!!

と、

あたし、ここ?

細い声でナナが帰宅!

会いたかったの、でもまた遊びに行くの!

と甘えるナナを寝室に閉じ込め、また外で

マーローーンッ!

本当に隣人になんて謝ろう・・・

その間にナナは

あたしー、遊びに行くっていったでしょ!お外に行くの!

と寝室の中で大騒ぎ。あーあ。あんたねぇ。

お水、ご飯、トイレを寝室に入れてしばらくなでたり抱っこしたり・・・ナナは心細くて甘えたかったらしく、すぐご機嫌になってゴロゴロゴロゴロ、お得意のコテン。

やれやれ・・・でも、もういくらなんでも大声は出せないな、と諦めてキッチンのドアを開けたまま、
ナナと一緒に寝室に閉じこもってマロンを待つことにしました。

ぼくだよ・・・

ドアの外でちっちゃなマロンの声が聞こえたのは1時過ぎ。
やれやれです。
猫たちは大冒険の一日、わたしは猫に振り回されてぐったりの一日がやっと終わりました。
それでもやせないわたし・・・

今朝はいつもより遅くまで寝ていたナナとマロン。

大自然の子たち?1

朝起きて、まっすぐ外にでたものの、すぐ戻ってきて甘えるナナ。
やっぱり昨日は心細かったのね。
許しちゃいます。



大自然の子たち?2

ぼく、まだねむいんだ

マロンも一度お外にでたものの、また寝室の籠に逆戻り。


大自然の子たち?3

ナナはその後もお外にでてもデッキの手すりに乗ってあたりを眺めたり、


大自然の子たち?7

まだ雪の残るデッキをちょろちょろ。
遠くに行こうとしません。


大自然の子たち?4

マロンは起きてきてご飯を食べたら
今度はリビングの出窓からお外を見て


大自然の子たち?5

そのまま出窓の籠に入っちゃいました。
とっても疲れてるのね、マロン。


大自然の子たち?6

2階のパソコンでブログの下書きを始めたら
ナナはわざわざパソコンの横の窓にきました。
昼間、ここに来るなんて珍しい。


大自然の子たち?8

マロンもやっぱり顔を見たいらしくてパソコンの横にきました。

やれやれ、君達、お外にずーーっと出てるのは心細いでしょ?

ナナとマロンの生き延びる力としての本能を信じてはいるものの、
甘やかされて育った以上、ナナとマロンは決して大自然の子にはなれないでしょう。

でも、きっとまた懲りずに「お外にいるの!」と家に帰るのを拒否したりするんだろうなぁ。
あーあ。大変。

と、ここまで書いて気づいたら、家の中にナナもマロンもいない!
またどこかに消えちゃってました。
昨日心細かったのに全然懲りてないようです。あーあ。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



ナナのコロコロ
今日も朝から言いお天気。

御嶽山

はるか遠く、御嶽山が白い雪を冠って
まるで空に浮いているように見えます。

お天気がよくて、暖かで今日もお散歩日和。

ナナのお得意は道路でコロコロ。
わたしにだけでなく、ご近所の方の前でもコテンしてコロコロ。
呆れられてました。
一応、車の通る道路でそんなに無防備でいいのか?


ナナのコロコロ1

今日もお散歩のとき、早速コテン、コロコロ。
あああ、体中、ごみだらけのナナ。



ナナのコロコロ2

今度はこっち!

ごみなんて知ったこっちゃなく、コロコロに夢中のナナ。
しかし・・・身体がやわらかでうらやましい。



ナナのコロコロ3

ま、まぶしい!


お日様を見ちゃって目を細めるナナ。
コロコロしてたら全方向見ちゃうものね、ナナ。



ナナのコロコロ4

両足を上にしたまま、コロコロ。
このポーズ、ナナのお得意。



ナナのコロコロ5

えーいっ

あんよを思いっきり伸ばしてストレーッチ!



ナナのコロコロ6

おや?コロコロするのに意外と真剣な顔をしてるナナ。
でも、道路でコロコロなんて、何も考えてないとしか思えなんですけどね、ナナちゃん。
そのごみいっぱいの毛をどうする?



グルーミング

夕食後、ベッドの枕の横でグルーミングに余念のないナナ。
ああ、どこでグルーミングしてるの・・・
この、枕のこっち側はナナのお気に入りの場所。
夜もここで枕にくっついて寝ます。



おやすみ

さて、寝ようかな、と寝室にいったら昼間遊び疲れて
ナナはもう、すやすや。
いつもなら、私が部屋に入った途端、目が醒めるのに身動きもしません。
よっぽどいっぱい遊んだのね、ナナちゃん。よかったわね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



カモシカさん!
昨日は本当にお天気がよくて遠くの山々までくっきりと見えました。

やま

これはちょっと用事で出かけたとき撮った写真。
青空に雪山が映えて空気が澄んでいるので本当にきれい。


さて、朝のお散歩でまたカモシカさんに遭遇!

家から下りてきてほんの2,3メートル歩いたら、
カモシカさんが道のすぐそばにいたと思ったら
ひょいとこっちを見て道の下の斜面をドドドッ!

カモシカさん!1

7,8メートル下ったところでこっちを振り向いたカモシカさん。
カモシカってかならずじーっと見るのが習性なので
つぶらなお目々がよくわかります。

おとなしいカモシカさん、驚かしてごめんなさいね。



カモシカさん!2

ご近所の方に出会っても家に逃げ帰っちゃったりする小心者マロンだけど
今回もカモシカさんにびっくりはしても怖がりません。
わざわざ道の端に行ってカモシカさんを眺めてました。

怖くないのね、マロン。
相手が襲わないって知ってるのかな?



カモシカさん!3

今のだーれ?うるさいわね。

先を行ってたナナ、カモシカのすごい物音にも動ぜず
尻尾をふりふり、あたし、関係ないって顔。

ふーん。
どうやら、ナナもマロンも自分達だけで遊んでるときにも出会ってるな。
カモシカにしたら、「なんだこいつら、チョコチョコ縄張りに出てきて!」だろうなぁ。



カモシカさん!4

あいつ、まだいるかな?

通りすがりにもう一回、斜面を覗き込むマロン。
うーん。カモシカと話が通じるんだろうか。

どっちにしても、マロンの尻尾も膨らんでません。
本当に怖くないんだな。



カモシカさん!5

カモシカさんにはへいちゃらなナナとマロンを連れて
そのまま、お散歩してきました。
舗装道路が切れたら、さっきのカモシカさんのらしい足跡が。

野生動物ってどうやら人間がいないと道路を歩いているようです。
そのほうが楽ですものね。
雉や狐も道路を歩いているのを見かけます。



カモシカさん!6

帰り道、カモシカさん、もういないかな、と思っていたら、いました!
家のすぐ近くの道路より上の斜面でまた、じーっ。
私の顔、覚えてね。今度から怖がらないでね、カモシカさん。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効






マロンの雪辱!?
お天気がよくて空気もきれいなお山では夕方も素敵です。

夕焼け

あたりが薄暗くなってきたな、と窓辺に行ったら
ピンクとインクブルーの夕方の空でした。


今朝、わざと昨日とは逆に雪を越えてから山道に入るほうから
お散歩に行くことにしてナナとマロンを誘ってみました。
どうするかな?
冷たい雪の上を我慢して歩いてくるかな?


マロンの雪辱!?1

こんなのへっちゃら、ぼく、考えたんだ

昨日はとうとう雪を越えられず、大回りしてキッチンから家に戻ったマロン。
今日はナナのルートをヒントに、
タンクの近くの雪がないところを歩こう、としてます。
うーん、ちゃんと考えたのね、マロン。

ちなみにナナは昨日、このタンクの裏側を通りました。



マロンの雪辱!?2

余裕でタンクの匂いをクンクンするマロン。
わざと余裕を見せてるな、マロン。

このタンク、家を建てた時は道路より高いので渇水期には必要と設置されたもの。
でも、その後給水状況がよくなったので使ってません。
とっちゃいたいけど、撤去も大変だし・・・



マロンの雪辱!?3

ほらね、ぼく、雪踏んでないよ。

得意げなマロン。

わかった、わかった、マロンは頭いいのねぇ。



マロンの雪辱!?4

こっから、枯葉の上を歩くんだ

そっか。考えたね、マロン。
昨日ナナが歩いたのは、黒いパイプの上です。
でも、ナナと違ってマロンはこういうところを歩くのは苦手。



マロンの雪辱!?5

あれ、頭がちょっとつっかえるな・・・

枯葉の巾が細jくなってきて段々姿勢が苦しいマロン。



マロンの雪辱!?6

ここ、しょうがないかな

あーあ、残念、雪の上に一歩!
お手々をいっぱいに広げてすべらないようにしてるのかな?



マロンの雪辱!?7

もう、大丈夫だぞ!

ついに土の上に着地。やれやれ。


マロンの雪辱!?8

ふふん。ぼく、ちゃんときたもんね。

よしよし。えらいね、マロン。
頭、使ったのね。

ここからは石垣に飛び乗って山道まで駆け上がる、マロンにとってはおなじみのルートです。
しかし・・マロンがこんなに頭を使ったのを始めて見た気がする・・・

ちなみにナナはマロンのまねをしたらコケンにかかわるわ、と知らん顔。
あたしは獲物をみてんの
とずっと玄関の前でなんか、わからないものの番を張ってました。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

雪、どうする?
標高1500メートルのお山はまだ冬。
あたりは落葉樹の枯木立と足元は白く隈取したみやこ笹。

yama

窓からの眺めは枯木立と常緑樹の緑の低い山々
遠くの山は雪を冠ってます。
家の北側や裏手にはもちろん雪が固くなって残ってます。



雪、どうする?1

家の裏手の山道を車道からのぼって
ナナとマロンと一緒にぐるーっと一周してきました。
あらら!

玄関に戻るには雪の塊を越えなくてはならないようです。
ナナ、マロン、どうする?

こいつ、つめたいんだ。
ぼく、やだな


去年面白がって雪の上を歩いてみたら手足がすっかり冷たくなったのを覚えているマロン。
うーん、あんた、記憶力いいじゃないの。


雪、どうする?2

また山道をちょっと戻って石垣の上に出てきたマロン。
ここからずっと上を伝ってデッキに出られます。
そうするのかな、マロン?


雪、どうする?3

あ、マロンったらあんなとこにいるわ

ナナが石垣の上のマロンに気づきました。
ナナもどうやら雪の上は歩きたくないらしい。



雪、どうする?4

マロン、そこで何してんの?

マロンとおなじく山道をちょっと戻って石垣に出てきたナナ。

ぼく、どうしようかなと思ってんの



雪、どうする?5

あたし、おりるわ

自信ありげに石垣から下りるナナ。
ナナはちゃんと雪をよけるルートを見つけたようです。

マロンは考えてんだか、考えてないんだか、ボーっ。


雪、どうする?6

あーっ、ナナちゃんたら、あんなとこ通ってる!
・・・ぼく、通れないや・・・




雪、どうする?7

あたし、細いもん!

得意げに家の外壁とパイプの隙間を通って雪をよけてるナナ。
たしかにこうすれば全然雪を渡らずにすみます。

でも・・・マロンには無理だなぁ。
昨日来たとき、外からナナとマロンが帰れるように
去年と同じくらいキッチンの扉を開けておいたのに、
マロンは詰まってジタバタ!わはは
思いっきり笑わせてくれました。



雪、どうする?8

ふふん!軽いもんよ。

玄関の前でコテンして得意げなナナ。
やっぱり、猫にとっても太って通れないって問題なのね。
人間は・・どうしよう?



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


お山だ!
お山の雪もそろそろ消えて、冬の間壊れているところはないか、
点検に行く季節になりました。

昨日、お山に持っていく荷物をどんどん玄関に並べていたら、ナナが
!お山!
と感じたようです。
最後にキャリーを出したら、
ナナ、飛び込み!

お山だ!1

あたし、行くもん!!

お山に行きたくて行きたくてしょうがないナナ。

「ナナちゃん、わかってますよ。一緒に行きましょうね」

ナナがいなければ日帰りでさっさと点検して帰ってくるけど
せっかくなら連れて行ってあげよう、となるとしばらくお山に居ないと、
と用事を片付け、向こうですることの準備で荷物はてんこもり。
冬の間避難していたパソコンとプリンターも持って行かなくては。
なにしろ、真冬は零下20度にまでなる標高1500メートルの場所なので、
春になると何が起きてるやら・・・



お山だ!2

あ、マロンが来ちゃった!

キャリーでがんばっていたら、マロンが何事だろう、と近寄ってきちゃいました。

急いで逃亡するナナ。



お山だ!3

ナナちゃん、こんなか、入ってたんだ・・・何してたのかな?

早速ナナのまねをしてキャリーに入ってみるマロン。

マロン、お前は荷物を見ても何も感じないの??
キャリーはお山に行くときしかださないでしょ?



お山だ!4

何してたんだろう??
ぼく、わかんないや


ナナがなせキャリーに入っていたか、判らないマロンでした。



お山だ!5

今朝、まだ暗いうちに起きたら、ナナはそのまま、キャリーにまっしぐら!!

あたし、行くの!

興奮して目がキラキラ。
猫、まっしぐらって・・キャットフードのCMじゃなかったかしら?



お山だ!6

お山についたら、家の周りにはまだ雪が残ってます。

これ、冷たいやつだ。

去年初めて雪を踏んだのを覚えているマロン。
去年は面白がってわざわざ雪の上を歩き回ったりしてましたが、
もう冷たいだけ、と判ったらしくてよけてます。



お山だ!7

あら?デッキにあがりにくいわ

そうです。いつもは車をデッキの横につけるので車からデッキにそのままあがれるのだけど
屋根から落ちた雪が固まっていてデッキの近くに停められません。

ナナちゃん、他から回ってね。



お山だ!8

臆病者のマロンはまず玄関から家の中を確認して
いつでも玄関に逃げ込めるようにしながらお外の様子を見てます。
半年振りでどうかな、マロン?



お山だ!9

一方、ナナは周りを見渡せるデッキの上から
ちょっと緊張した顔であたりを確認中。

今日は晴れていて落葉樹の芽吹きはまだまだ先なのであたりがよく見えます。
夜行動物も寝ている時間だから、2匹でお外にでていても安心、安心。

でもナナとマロンはまず一緒にお散歩、と私の手が空くのを待ってました。
やれやれ。またお散歩係りを拝命しちゃった。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ベッドカバーの下のナナ
急に暖かくなって、桜の便りがほうぼうから。
週末は京都で桜を満喫しました。
留守中ナナとマロンはシッターさんにお世話になってます。
シッターさんが来宅したら、ナナは「早く窓を開けてよ」と言った、と
シッターさんからの報告書にありました。
まったくー。
ナナとマロンはいつもお世話になってる方なので
安心して言いたい放題のようです。

さくら しゃくなげ

さてさて、今朝早速隣の公園を見てきたらやっぱり桜は満開。
庭のシャクナゲもだいぶ咲いてます。
春、爛漫。

午後書斎にいたら、ナナがやってきて、
来客用のベッドカバーの下に潜り込んじゃいました。
??何してるのかな?ナナちゃん?

ベッドカバーの下のナナ1

と、そこにマロン、登場。

ナナちゃん、こん中にいるんだ

ちゃんとナナを見つけました。
ナナが隠れるところを見てなかったのにどうしてわかるんだろう??



ベッドカバーの下のナナ2

あたし、マロンに見つかっちゃったの

ベッドカバーの下で座り込んでるナナ。
どうするかな?

カバーの下は明るくてマロンの動きも分かります。



ベッドカバーの下のナナ3

ナナちゃん、でてこないかな?
ぼく、遊びたいんだ


ナナが出てくるのを待ってるマロン。



ベッドカバーの下のナナ4

マロンったらそこで待ってるのね。
どうしようかな・・・


ナナちゃん、マロンに構ってもらいたくないのかな?
でもおめめパッチリで眠そうじゃないけど。



ベッドカバーの下のナナ5

あ!ナナちゃん、動いた!

カバーの下でナナがごそごそ。



ベッドカバーの下のナナ6

やったぁ!

思わず、飛びかかっちゃったマロン。

あら?
ナナが怒って飛び出してくるかと思ったら、また動かなくなっちゃったわ。
どうしたのかな。



ベッドカバーの下のナナ7

ナナちゃん、また動かないかな・・

じーっと待ってるマロン。
どうやら、ナナと、隠れん坊をしてるつもりのマロン。



ベッドカバーの下のナナ8

「ナナちゃん、どうしてるの?」

あたし、眠くないの・・

お目々パッチリのナナ。
なぁんだ。
ナナもマロンと隠れん坊してるんだ。
ナナもいたずらっ子のような、楽しそうな顔をしてます。
ナナとマロンのこういう顔、見ているとこっちも楽しくなっちゃいます。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ぼくだけじゃつまんないんだ
朝、小鳥たちがパンを食べるのを見るのが日課の
ナナとマロン。

遊びたいマロン1

こっから見てるの

最初は小鳥が一羽でもきたら大騒ぎだったのが、
小鳥がくるのは当然、とだんだん贅沢になってきて、
朝一番は窓辺で見て、
しばらくするとホットカーペットの上に香箱を作って悠然と小鳥を見ているナナ。

まったくもー、今では小鳥が来ないと私の顔を見て鳴きます。
まるで
「ねえ、ちゃんとパンあげたの?」
って言われているみたいな気がするわたし。
朝、パンをあげるのがちょっと手間取ると
「にゃ?(はやく?)」って言われちゃうし・・・



遊びたいマロン2

小鳥さん、いっぱいきてるの

パンを食べにくる小鳥たちをみてご機嫌のナナ。



遊びたいマロン3

ぼく、飽きちゃったんだ

小鳥を見るのに飽きちゃったマロン。
まったく、こいつも贅沢。
マンションにいたらそんなにいっぱい小鳥を見ない猫のほうが多いんだぞ。

ねえ、ナナちゃん、あそばない?



遊びたいマロン4

やなの。あたし、小鳥みてんの。

すげなくマロンの誘いを断るナナ。

マロンはいつでもあそぶ気満々。
だから、ナナがちょっとあそぼう、と言ったらもう嬉しくって大変。
でも、マロンがナナを誘ってもナナに知らん顔されたり、うるさいって怒られたり・・
マロン、苦労するわねぇ。

仕方なく、一人(一匹)遊びを始めたマロン。


遊びたいマロン5

ここ、おもちゃがあるんだ

昨日抛ったおもちゃをちゃんと覚えていたマロン。
さっそくソファの背もたれに飛びあがりました。


遊びたいマロン6

あったぁ!

ネズミのおもちゃを見つけたマロン。
しばらくお手々でチョイチョイしていたと思ったら・・・



遊びたいマロン7

ぼく、つまんない。

そりゃ、そうだ。動かないおもちゃのネズミより動く小鳥さんのほうが面白いわね、マロン。

ナナちゃん、あそばないかなぁ・・・

そっか!マロンはじっと小鳥を見ているよりも、
動いて遊びたいんだ!
ナナちゃんの気分が乗るまで待とうね、マロン。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ねえ、あそぼうよ
桜が見ごろになってきたと思ったら
我が家のちっちゃな庭でも花々が膨らんできました。

シャクナゲ シャクナゲ2 チューリップ

今年植えたちいさな白いシャクナゲは早くも一輪開きました。
もう7,8年経っている明るいピンクのシャクナゲはあと2,3日で開きそう。
白い八重のチューリップの蕾もだいぶ膨らみました。

さてさて、パソコンに向かっていたらマロンがやってきました。
寝たいのかな?


ねえ、あそぼうよ1

「マロン、どうしたの?」

どうやら寝たいのではないらしく、籠の中にも入らないし、パソコンの前にきません。



ねえ、あそぼうよ2

ぼく、あそびたいの

構ってほしいんだ、と顔で訴えるマロン。
どうやらナナちゃんに相手をしてもらえなかったのね。



ねえ、あそぼうよ3

ねえ、あそぼう・・・

壁の角にすりすりしながら甘えるマロン。

「あのね、今忙しいのよ。」
って言いながら写真を撮ってるのはだれだ?



ねえ、あそぼうよ4

ぼく、遊んでほしいんだ

うーん。困った。
ただ、甘えたいならパソコンをのしのし踏んで膝に乗ってくるから
カシャカシャやボールを投げてほしいんだな。



ねえ、あそぼうよ5

ねえ、あそぼうよ!

こういう顔を見ると・・・負けちゃいます。
忙しいんだけどな。
マロン、おまえ、私がこういう顔に弱いこと、知ってるな。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効




春のお昼寝
桜か開花してからずーーっと寒い日が続いてましたが、
ようやく満開に近付いてきました。

桜

隣の公園には「桜の広場」があって、ぐるーっと桜がまわりを取り囲んでいる場所があります。
まだ満開まであと少しあるけどようやく「ああ、桜だ」と思えるような雰囲気になってきました。
桜、大好き。



雪柳

下のほうでは雪柳が満開。


春のお昼寝1

で、そんなことに関係なく、ナナとマロンはグーグーお昼寝。
洗濯機の上でぐっすり寝るマロン。
洗濯機が乾燥モードになるとぽかぽかするので特等席です。



春のお昼寝2

シャッターの音くらいじゃ全然起きないマロン。
本当にお気楽ネコ。
お客様のベッドでも寝ちゃう奴です。



春のお昼寝3

いっぽう、ナナは書斎の籠でぐっすり・・・
と思ったら、気配で薄眼を開けてる?
起きちゃったかな?



春のお昼寝4

あーあ、やっぱり、気がついてました。
ごめんね、ナナちゃん。
ゆっくり寝てね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


だれの椅子?
書斎にこもっていたけど一区切りついたので、
お茶でも飲もう、とリビングダイニングに戻ってきたら、
あらら?

だれの椅子?1

わたしの椅子を占拠しているナナ。
今の時期、めずらしい。
いつもはホットカーペットの上でコテンしてるのに。



だれの椅子?2

「ナナちゃん、どうしたの?」

ここ、気に入ったの
下はマロンがうるさいの


そっか、ホットカーペットのお気に入りの場所争いで
マロンに負けたのね、ナナちゃん。



だれの椅子?3

あたし、ここなの

椅子にしゃがみ込んで「ここ!」を主張するナナ。

「あのー、わたし、お茶なんですけど・・・」



だれの椅子?4

聞こえないの・・・

知らん顔することに決めたらしいナナ。
何がなんでも椅子に居たいらしい。

あーあ。私、座りたいのに・・
他にも椅子はあるけど、やっぱりいつもの席が落ち着くもの。



だれの椅子?5

あたし、ここなの・・・

「わかったわ、ナナちゃん。じゃあ、そこにいていいわ。」

仕方なく、ソファでお茶を飲んだわたし。
椅子に座って新聞読みたかったのに・・

マロンが椅子を占拠しても簡単に追い出せるけど、
ナナの心理を考えるとなかなかそうはできません。
デリケートなナナちゃんです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

たぬきしっぽのマロン
出かける前、バタバタと玄関に持っていくものを置いておきました。
忘れ物がないよう、いつも、あ、これも、と思うと玄関に出しておきます。

たぬきしっぽのマロン1

大変だぁ!

と、突然、しっぽを膨らませて玄関にダッシュのマロン!

??マロン、どうした??



たぬきしっぽのマロン2

変な奴がいる!

頭を下げ、しっぽを振りたてて攻撃体勢で突進するマロン。



たぬきしっぽのマロン3

あ、あれ?・・・
これ、知ってるバッグだぞ??


そう、いつもの書類カバンよ、マロン。
どうしたのかな??



たぬきしっぽのマロン4

あ、あれ?こっちのも知ってるぞ・・・

そうよ、グレーの布のバッグよ。
車にのっけておくのよ。
なんか、見つけたかな?マロン?

だんだん、しっぽが下がってきちゃったマロン。



たぬきしっぽのマロン5

ぼく、なんか・・・間違えちゃったかな・・・

しまったな、という顔のマロン。
しっぽも普通の太さに戻りました。



たぬきしっぽのマロンad2

ぼく、なんか、動いたと思ったんだ・・・

そっか、マロン、バッグが何かの拍子で揺れたりしたのを見て勘違いしたのね。
変な奴がいたら、やっつけようと思ったのね。
ありがとうね、でも、いっつも可笑しなことするのね、マロン。にゃは
ピエロのような楽しいマロンです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



  生い立ち

   街の家

   山の家

プロフィール

沖 ゴンベエ

Author:沖 ゴンベエ

沖 ゴンベエ


2005年末に我が家にきたナナとマロンの飼い主。
前の猫を亡くしたばかりのところ、家ににきた2匹の猫にバタバタひっかきまわされ、遊んでもらっています。ちなみに、沖ゴンベは25年一緒だった前の猫の名前ですが、もともとは写真のお魚の名前。好奇心いっぱいでダイバーに近寄ってくる、ちいさな岩場の魚です。