FC2ブログ

写真でつづるナナとマロン、2匹の猫の物語

  ナナ


2005年10月初旬生まれの
女の子。
気が強くておすましさん。
でも心細くなるとマロン を頼っ
ている。 鳴き声がソプラ ノ。
山のお散歩で虫を捕まえる
のが大好き。
最近、「ダーウィ
ンが来た!」がお気に入り。


 マロン


2005年10月下旬生まれの 男の子。ひょうきんものでドジ だけど、くじけなくて人懐こい。 ナナが大好き。
なんでもナナの真似をしようと する。テレビの 「ダーウィンが 来た」が大好き。

  ナナとマロンのお家

ナナとマロンはいつもは街に 住んでいます。つづき・・・

  最近の記事

  月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

ナナとマロンにお便りをいただければ嬉しいです。 でも、メールには原則的にお返事を出せませんので ご了承ください。
名前:
メール:
件名:
本文:

僕、調べてくる!
暖かな午後、ナナとマロンに連れられて(!)お散歩に行きました。
足元には落ち葉がいっぱい。

僕、調べてくる!1

ナナが斜面をのぞきこんでます。
あ、ここ、前にナナが下りて行って、枯葉にはまっちゃったところね?

何か、いるのかな?



僕、調べてくる!2

ナナちゃん、何を見てんのかな?
なんか、いるのかな?


ナナにつられて見にきたマロン。



僕、調べてくる!3

ナナちゃん、ぼく、調べてくるね!

えっ?

マロン、斜面に突撃!



僕、調べてくる!4

マロンは斜面の枯葉をかき分けて、さっさか、さっさか。



僕、調べてくる!5

どんどん、下っていくマロン。
マロン、早いぞ!



僕、調べてくる!6

うん?
この辺かな?ナナちゃんが見てたの・・




僕、調べてくる!7

何にもないぞ?



僕、調べてくる!8

ナナちゃーん、何にもいないよ!
あれ?ナナちゃん、いない??


ナナに教えようと道をふり仰いだマロン。
でも、ナナの姿が見えない・・・



僕、調べてくる!9

ま、いいや。
ついでに・・・・

(シーシー)



僕、調べてくる!10

隠さなくっちゃ!

枯葉をシーシーにかけようとするマロン。
でも、猫って、わりと隠すの、下手なのよね。
かけるところがずれてたりして。



僕、調べてくる!11

さ、上らなくっちゃ!

枯葉に埋もれまいと、勢いをつけてマロン、ダッシュ!
一気に道まで駆け上ってきました。



僕、調べてくる!12

ナナちゃん、どこだ?
あれ?あんな遠くにいる!
ナナちゃーん!




僕、調べてくる!13

マロンったら、またシーシーしに行ったんじゃない!

むくれているナナ。
でも、本当はなんとなく眺めていたら、マロンが突進しちゃったので、
知らん顔してお散歩していたナナです。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


スポンサーサイト



小鳥さんだ!
山の家は西斜面に建っているので、朝日は家の裏山から昇ります。

小鳥さんだ!1

今の季節は朝日を浴びると黄葉した木々が金色に輝いてとてもきれい。
家の窓から見ていても楽しくて素敵な風景です。
金色の間にところどころ紅葉したもみじもまじるので、ほんわか暖かな色になってわくわくします。
いろいろな名所も素晴らしいけど、なんでもない場所でも長い時間をかけて季節の変化を楽しんでいると、光線によって変化する黄葉とか、夕暮れ、流れる雲、雨の日の木々の鮮やかさなど、なにげない時に思いがけない美しさに出会います。
そんな時、気付かなかった宝物を見ぃつけた、という気がします。



小鳥さんだ!ad1

ぼく、急がなくっちゃ

今朝もマロンはナナに置いていかれて、急いであとを追いかけ始めました。



小鳥さんだ!3

あれれ?

急ぐはずのマロン、お散歩を忘れていきなり襲撃準備態勢!
お尻を落として獲物に近付く格好になりました。

小鳥を見つけたのかな?

・・・しかし、マロンのお尻は大きい。



小鳥さんだ!4

小鳥の様子をうかがうマロン。
どっかにいっちゃったのかな?
そんな立ちあがっちゃいけないんじゃない?



小鳥さんだ!5

もうちょっとこっちだ!

小鳥のいる場所の見当を間違えちゃったらしいマロン。
お尻を落として急いでもうちょっと先へ。



小鳥さんだ!6

道端に座り込んで小鳥を観察するマロン。
あれ?そんなポーズでいいの??
それじゃあ、小鳥を狙っていないのかな?



小鳥さんだ!7

いました!
ミソサザイが斜面の少し下にある灌木の枝先をちょんちょん飛び回ってます。
でも、マロンが襲撃できないような距離です。(ちっちゃくて写真も撮れない)

そうか、だからマロンは襲撃体勢をとっていないのね。
最初から見るだけ、にしてるのね、マロン。

ミソサザイさん、気をつけてね。(わたしはどっちの味方だ?)



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ナナ、甘えてるの?
夏には緑色だった笹の葉も周りが白くなってきました。

笹

この笹はみやこざさ。
私は周りが白くなるのは全部、隈笹だと思い込んでましたが、
自生で隈笹が生えるのは京都の鞍馬あたりだけだそうです。(あっせ
植物も動物も知らないことだらけ・・・いろんな方に教えていただいてます。
でも、知ったそばから忘れる・・・

さてさて、今日もお散歩のナナとマロン。

なんか、いるよね?1

マロン、なんか、見つけたのかな?



なんか、いるよね?2

さかんに匂いを嗅ぎながら、道の端に近寄っていくマロン。



なんか、いるよね?3

マロン、何してんの?

マロンの様子に気づいて近寄ってきたナナ。



なんか、いるよね?4

なんかね、匂いがしたんだ・・・


ふーん

2匹で内緒話してるような、ナナとマロン。



なんか、いるよね?5

あっちに行く?

うーーーん・・・

さりげにマロンにすり寄ってるナナ。



なんか、いるよね?6

「ナナ、マロン、何してるの?何か、見つけたの?」

ぼく、わかんない・・・

困った顔のマロン。

ナナはさらにさりげなく、マロンにすり寄って甘えて、
こっちの言うことなんか、聞いていない顔。



なんか、いるよね?7

マロンにぐいぐいよっかかって、甘えるナナ。
マロンのお尻って・・・頼りがい、ありそうな大きさね。

お散歩の途中、マロンに甘えるなんて、珍しいわね、ナナちゃん。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

こっちにおいで!
出窓の籠で寝ていたナナがいきなり飛び起きて、開けてあるゲストルームの窓へ!
ナナ、どうした?
窓辺に行ったら、家の裏手の山道をカモシカがのんびり歩いてました。
どうやら、ナナは枯葉の上を歩くカモシカの足音で飛び起きたようです。
カモシカは振り返ってこっちをジーッ。窓から7,8メートルくらいです。
ナナをなでながら、「カモシカさんはナナになんにもしない、いい子よ。怖くないのよ」
と話しかけていたら、ナナもそのまま、目を丸くしてカモシカをジーッ。
途中から、マロンも起きてきて、一緒にジーッ。

春に車の中から、10メートルくらい先のカモシカを一瞬見たことはあるけど、
ナナとマロンは窓ガラスを通さずに見る生のカモシカ(!)は初めて。
マロンの尻尾の毛がちょっぴりたったけど、2匹ともこの邂逅を怖がってませんでした。

人間と猫に見られていたカモシカのほうが怖かったかもね。
カモシカには夕暮れ時のお散歩とか、早朝にも家の近くで会います。
でも、まだ写真は撮れていない・・・・
今日も、ナナとマロンの体験を優先して、カメラを取りに行きませんでした。
この次は撮ろうっと!この次はいつか、が問題だが・・・


さて、今日もお散歩のナナとマロン。
私、こっちにいるとまるでナナとマロンのお散歩係です。


こっちにおいで!1

ここ、上ろうかしら?
斜面に手をかけて考えてるナナ。



こっちにおいで!2

ナナちゃん、登る?

うーーん、どうしようかな

ここはちょっとナナにはきつい斜面です。
ナナはもうちょっと急じゃないところか、
岩が多くて跳び乗れるところのほうが得意。



こっちにおいで!3

あっ

なんだ?

向こうでなんか、バサッ。
なんでしょう?


こっちにおいで!4

どうやら、大きな栗の実でも落ちた音だったようです。
ナナは登ろうか、どうしようか、考えていて、
マロンはナナが登るなら、ついて行こう、と待ってます。



こっちにおいで!5

「ナナーッ、マローン、こっちにおいでー!」

ナナもマロンも動かないので、もっと先に行こう、と声をかけてみました。



こっちにおいで!6

あたし、用があるもん


ナナはさっさか、わざと反対方向へ。
気ままなナナは、自分で決めるのが好き。
気が向かないと全然言うことを聞きません。

ぼく、どっちに行こう?

マロンはジレンマ。
呼ばれたほうに行きたいけど、ナナのすることも気になって、
動けなくなっちゃいました。

こういう時、ナナとマロンの性格がでて、面白い。
おかしくて楽しい猫たち。
でも、リードもつけず、自然の中をこんな2匹を連れて散歩するのは大変です。
怖かったり心細くなると言うことを聞くけど、
時にはナナとマロンが帰る気持ちになるまでじーっと待つはめに陥ります。
それでも、一緒に散歩したがるナナとマロンにせがまれて、
今日もお散歩。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


マロン、早くー!
秋は実りの季節。
木には栗、どんぐり、山ぶどうなどが成ってます。

まむし草

道端で赤い、トウモロコシをちょっと変形させたような実は、まむし草。
今の時期、真っ赤になるので、とっても目立ちます。
花はグリーンでめだたないのに。



マロン、早くー!1

朝、まるでヨーイドン!とでも言われたようにさっさかお散歩を始めたナナ。
ナナはこういう時、わき見もせず、ひたすらさっさか歩きます。



マロン、早くー!2

ナナちゃーん、待ってーっ


後を追うマロン。
あら、今日は寄り道しないのね、マロン。



マロン、早くー!3

相変わらず、さっさかと先頭を行くナナ。
もう、家から150メートルくらい来てます。

ナナちゃん、早いな・・

後からのそのそ、ついていくマロン。



マロン、早くー!4

うん?

急に立ち止まったナナのお耳がピクッ!

ナナちゃん、どうしたの?



マロン、早くー!5

あらら!
いつの間にかマロンが岩場に上ってガサゴソ。
枯葉をかく音・・・ってことは?



マロン、早くー!6

マロンったら、またトイレしてる!
マローン、はやくー!


マロンを待ってるナナは耳がピクッピクッ。

それでも、マロンを待ってるのよね、ナナちゃん。



マロン、早くー!7

ぼく、おーわった!

崖から飛び降りてきたマロン。
やっぱり、寄り道マロンね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

また、クンクン
朝、キッチンからデッキに飛び出したナナとマロン。
出てすぐ、クンクン。

クンクン

さかんに匂いを嗅ぐナナとマロン。

きっと、夜中にイタチとかキツネとか来たのかしらね?
でも、イタチはいつもデッキじゃなくて、玄関の前を通るみたいだけど・・
(玄関の前のタタキに時々糞をしてくれます)


さあさあ、お散歩に行きましょう。

また、クンクン1

と、いきなり、また敷地からでないうちに
ナナがマロンを押しのけてクンクン。
あれ?そこ、この間、クンクンしたところじゃないの?
あ、もしかしたら、デッキと同じ匂いなのかな?



また、クンクン2

ぼく、いーや

マロンはその匂い、知ってる、とばかり、嗅ごうとしません。



また、クンクン3

あたし、納得いかない!

ナナはまだ盛んにクンクン。
いったい、何の匂いだか、人間の私には全くわかりません。
野生動物の糞を見つけるのは特技(?)なんだけど・・・



また、クンクン4

ナナちゃん、ぼく、お散歩行くよ

マロンはお散歩気分満々。
さっさかとナナを置いてお散歩、お散歩。
まあ、こういう朝もあるわね、マロン。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


マロン、待ってんの??
ナナとマロンの大好きなお散歩道はこんな、
黄葉が始まって秋の木立になりました。

山道

日が射すと金色に輝きます。
もう、夏の草はなくなって、道は落ち葉でいっぱい。


マロン、待ってんの??1

枯葉の上を歩いていたマロン、立ち止まっちゃいました。

「後からくるナナを待ってんの?マロン?」



マロン、待ってんの??2

上を見上げてボーっとしているマロン。
黄葉に見とれてるの、マロン?・・・そんなわけはないか。

ナナはさっさか近づいてきます。



マロン、待ってんの??3

あたし、マロンなんか、関係ないもん
って顔をしてマロンを見もせず進むナナ。

マロンもボーっと上を見上げたまま、ナナに知らん顔。



マロン、待ってんの??4

「あれれ?マロン、ナナちゃんに追い越されたわよ、いいの?」

こっちをボーっと見ていて、全然動かないマロン。



マロン、待ってんの??5

あたし、先に行くの!
ナナは相変わらず、お散歩気分満々、まだまだ行くぞ、と顔に書いてあります(ね?)

マロンは突っ立ったまま、ボーっ。



マロン、待ってんの??6

あーあ、ついにマロンは座っちゃいました。
お散歩の途中、よくぼーっと余所見するマロン、
そうしてるのが好きなのね。
ボーっとしてて、いいわよ、マロン。

でも、こんな・・・道の真ん中でずーーっと、ぼーっとしている猫って・・・なんだ?




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ご機嫌ナナ
お山の空気は澄んでいるので、夕暮れ時はとてもきれいです。

sunset

ふと、気づいたら、薄暗くなったので、窓から見たら、まだ夕焼けが残り、
麓の道路の灯もきらきら見えました。
赤い夕焼けとはまた違った、やさしいピンクとブルーのトーンの夕暮れです。

夜は猫たちはお休みタイム。
夜行動物に遭遇したら大変なので、家の中ですやすや。


昼間はナナもマロンできるだけ、お外で遊びます。
小心者のマロンは玄関の前でコロコロ。
でも、無鉄砲ナナは、道路でコテンが大好き。

ご機嫌ナナ1

今日もお散歩の途中、道路でコテンするナナ。



ご機嫌ナナ2

えーいっ

反対側に転がって、



ご機嫌ナナ3

うーーん!

お腹、丸出しのナナ。
道路でそんな無防備な格好していいの?ナナちゃん。



ご機嫌ナナ4

そのまま、コロンコロンするナナ。



ご機嫌ナナ5

あっ、気持ちいい!



ご機嫌ナナ6

う、うーーん

お手々の先まで広げて思いっきり、伸び。
ご機嫌、ナナちゃん。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

秋のお散歩
家のもみじもだいぶ色づいてきました。
日があたると色がきれい。

家のもみじ

パソコンに向かっているとき、窓からよく見えるので
楽しんでいます。


秋のお散歩1

ナナとマロンは枯葉の舞い落ちるなかをお散歩、お散歩。
家の前からカーブしている道をどんどん、降りていきます。
お散歩、大好きな、ナナとマロン。

まあ、お散歩するために来てるのだものね、
でも、そのためにこちらは街と日帰りで往復したり、予定を変更したり、
大変なんだけどな。



秋のお散歩2

ねえ、なんで葉っぱが落ちてるのかしら?

おかしいねえ・・・

なんて会話してるのかな?
夏には一面の草だったところも枯葉だらけ。



秋のお散歩3

おっとと・・・マロンが急に落ち葉をずかずか踏んで
カーブの先の藪にさっさか入っていっちゃいました。

マロン、一人(一匹)でどこに行く?



秋のお散歩4

マロンがどっか行っちゃったのー!

ナナが一人(一匹)で駆け戻ってきました。



秋のお散歩5

うわっ!

と、突然、マロン登場!
藪の中を駆け上ってきたようです。
ナナはびっくり!



秋のお散歩6

ナナちゃん、ぼく、戻ったよ

ナナがびっくりしたのなんて、全然気にしないマロン。



秋のお散歩7

こんど、こっち行こうよ。

ま、お散歩するなら、いいかしら。

そうね、ナナちゃん、マロンと一緒のお散歩なら楽しいからいいわね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

斜面のナナ
お散歩中、岩場に上っていったマロン。
(昨日の続きです)

一方、ナナは

斜面のナナ1


あたし、降りようかしら?

道から下の斜面を下りようか、考えてます。
ナナちゃん、こういうところは苦手では?



斜面のナナ2

枯れ木を伝って下り始めたナナ。




斜面のナナ3

なんか、この枝、じゃまね・・・

まあ、この辺は枯れ木を伝えるから、大丈夫ね。



斜面のナナ4

たいしたことないわ。

枯れ木を伝ってスイスイ。



斜面のナナ5

ここも歩きにくくないわ。

岩場を歩くナナ。
ここは斜面が急じゃない・・・違う、ナナは斜面を縦方向ではなくて、横に歩いてる!
それは、ナナちゃん、難しくないわ。



斜面のナナ6

あっ!

ナナの身体がいきなり沈んだ!どうした、ナナ?



斜面のナナ7

動けない!

岩場がなくなって、いきなり枯葉の吹き溜まりに踏み込んじゃったナナ。



斜面のナナ8

ど、どうしよう?

歩きにくくて、もがいているナナ。

ナナ、思い切って歩けば大丈夫なのよ!



斜面のナナ9

ナナちゃーん!大丈夫?

ナナが困っているのを見つけて岩場から飛び降りてきたマロン!
マロン、ナナを助けてあげて。



斜面のナナ10

マロン!あたし、動けないの!

マロンに訴えるナナ。
なんだかんだ言いながら、ナナは困るとマロンを頼ってます。



斜面のナナ11

ナナちゃん、こっちに来て!

近くまで下りて助けようとするマロン。
マロン、いつもながら、えらいぞ。



斜面のナナ12

ここの岩まで来れば、大丈夫だよ。

ナナを励ますマロン。

この岩って・・・マロン、そこ、道からすぐじゃないの。
あんた、手抜きしてるわね。



斜面のナナ13

わかった・・・

枯葉と戦いながら、一足、一足、上ろうとするナナ。



斜面のナナ14

だいぶ、岩に近づいてきたナナ。



斜面のナナ15

よーいしょっと。

足元がふかふかしていて、なかなかよじ登れないナナ。



斜面のナナ16

「ナナちゃん、もう大丈夫ね!」

うん!
ここは跳ぶわ、という顔で返事するナナ。



斜面のナナ17

やっと、さっきマロンがいた岩にたどり着きました。

おや?マロンはナナはもう大丈夫、と思ったらしく、いつの間にやら
さっさか道を歩いてます。
ナナちゃん、マロンに励ましてもらってよかったね。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

岩場のマロン
家の前の木の葉が日を浴びてきれいな色。

黄葉

あたりは落葉広葉樹が多いので、緑から金色のトーンの素敵なハーモニーになってます。
地面はもう、落ち葉でふかふか。
まだまだ、これからも落ち葉は積もります。

そんなこと、ナナとマロンは関係なく、お散歩。

お散歩の途中、トットコ岩場に上っていったマロン。

岩場のマロン1

マロンはこういう岩場が大好き。
石や岩を蹴落としても、なんのその。
全然気にせずトットコ。



岩場のマロン2

ぼく、上ってきちゃった。

ナナはこないな、と思っているマロン。



岩場のマロン3

隠れ家、探すんだ。

そっか、マロン、岩穴(洞窟)とか、好きだものね。
いいところがあるかな?



岩場のマロン4

この辺にないかな?

?そんなとこ?



岩場のマロン5

おっと、頭、はいんないや。

マロン、そこは狭すぎ。(マロン、太すぎ)



岩場のマロン6

どっか、ないかな?



岩場のマロン7

ここ、ちょっとくぼんでるから、どうかな?

座っちゃったマロン。
それって・・・体の半分くらいしか、入ってない気がするけど・・・
でも、お日様があたってていいかもね。



岩場のマロン8

あっ、あー!ナナちゃん、あんなとこだ!
大丈夫かな!?



ナナが道から斜面を降りて、落ち葉に埋もれて身動きできなくなっているのを発見!

さあ、マロン、どうする?(続きは明日)




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


いつもの、藪
昨夜、マロンの好きな「ダーウィンが来た!」だったので、
見るかな、と椅子に乗せてみました。

ダーウィンが来た1

ちょっと見たけど、ちょうどアルマジロの追跡の話で
退屈してあくびするマロン。



ダーウィンが来た2

さっさとお気に入りの寝椅子に戻って眠っちゃいました。
昼間遊んで疲れたかな、マロン。



さてさて、秋の晴れた日、気持ちよくお散歩のナナとマロン。
猫も空気がおいしい、と思うのかな?


いつもの、藪r1

ねえ、ナナちゃん、

なに?マロン?

ひそひそ、相談しているようなナナとマロン。



いつもの、藪r2

どっちに行く?

藪、行く?

そうだ!藪を見なくっちゃ!




いつもの、藪r3

目的が決まって、お気に入りの藪に歩いていくマロン、
後からついて行くナナ。




いつもの、藪r4

どっちから入ろうかな?
なんか、様子が違うな?


だいぶ、葉っぱも落ちたし、草も枯れちゃったものね、マロン。




いつもの、藪r5

こっちはどうかな?




いつもの、藪r6

マロン、どうしたの?

うーん・・・
なんか、ちがうんだよ





いつもの、藪r7

ほんと、匂いも違うわね

うん、なんでかな?


夏は藪の中は暗かったのに、今はもう、葉っぱもだいぶ落ちて明るいし、
匂いも秋の匂い・・・
不思議ね、マロン、ナナ。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


追いかけてきたナナ
お山では日毎に秋が深まって、デッキには落ち葉とどんぐり、栗がいっぱい。
でも、今片付けてもまたすぐ落ちてくるので、
葉が全部落ちてからきれいにします。


どんぐり

栗、どんぐり、まつぼっくりがしょっちゅう落ちてくるので、お散歩していても、
大きな枯葉や木の実の落ちる音でお山はにぎやか。



午後、お散歩に行こうとしたら、ナナは何故か、呼んでもデッキから動きません。
しかたなく、マロンと一緒に山道を登りました。


追いかけてきたナナ1

待ってーーっ

テッペンまで来たら、ナナが鳴きながら追いかけてきました。
あのねー、だから、一緒に行きましょって言ったのに。



追いかけてきたナナ2

あ、ナナちゃん、来たの。
ぼく、待ってたよ。


ふーん・・・

ナナは知らん顔。



追いかけてきたナナ3

ねえ、ナナちゃん・・・


あたし、マロンに会いに来たんじゃないもん

マロンを無視するナナ。
ほんとかな?




追いかけてきたナナ4

ふーん。あ、小鳥。

梢を見上げるマロン。
ナナは知らん顔でさっさと別の方角へ。



追いかけてきたナナ5

おや?ナナが戻ってきたのかな?
どこに行くのかな、ナナちゃん?



追いかけてきたナナ6

下を覗きにきたのよ、あたし。

あ、そうなのね?



追いかけてきたナナ7

こんどはあっちに行くの、あたし。

わざわざ、マロンの近くを通過するナナ。



追いかけてきたナナ8

あれ?ナナちゃん、今、ぼくんとこ、触ってったよ。

そうよ、マロン、ナナはね、本当はマロンと一緒がいいのよ。
でもね、気づかないふりしてようね。
ナナはきっと
ちがうもん
って言うからね。

お外では本当はマロンを頼る、我侭ナナです。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


嗅げなーい!
昨日、お山の初日、ナナとマロンは夕方になっても戻らないので、
お気に入りの場所に迎えに行きました。
呼んだら、マロンは寄ってきて、
ぼく、帰りたかった・・
って。だって、ご飯タイムだものね。
でも、ナナは
あたし、帰らないもん!
と、全然帰る気なし。
仕方なく、いやがるナナを抱っこして、マロンに声をかけて家まで戻りました。
こういう時、マロンは「おいで!」と言うと、ちゃんとわかって、トットコ一緒に歩きます。

我侭ナナは、家に戻るまで
あたしはいやなの!まだ遊ぶの!
あのねー、ナナちゃん、もう、夜行性動物の時間になっちゃうのよ。


さてさて、今日も朝からナナとマロンはお散歩。
お山のお散歩で葉っぱだの、石だの、いろいろな匂いを嗅ぐのは
ナナとマロンの大事なお楽しみのひとつ。


嗅げなーい!1

お家を出た途端、道端でクンクン始めたナナとマロン。

何かな?

嗅げなーい!2

マロンが押すの。匂い、嗅げないの。

訴えるナナ。ナナはよく、こういう風に訴えます。



嗅げなーい!3

いいわ、あっちからまわろーっと。



嗅げなーい!4

大回りするナナ。

夢中になってるマロンは知らん顔。



嗅げなーい!5

こっちからなら、嗅げるかしら?

マロンの反対側にたどり着いたナナ。



嗅げなーい!6

ぼく、もーいいや。

納得したマロン。いきなり、下りちゃいました。
あらら。ナナちゃん、せっかく大回りしたのに。



嗅げなーい!7

あたし、納得いかない。
これかな?マロンが嗅いでたの・・・


動物の匂いかな?ナナちゃん。どんな動物か、わかるのかな?
匂いは情報源というけど、おやまの動物のどの匂いか、わかるのだろうか??




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


いきなり、木登り
秋が深まってきたので、家を閉めるためにお山に来ました。
本当は一人で日帰りで来よう、と思ったのですが、
来春までナナとマロンは来れなくなるので、連れて来る事にしました。

昨夜、キャリーを出した途端、ナナの顔がぱあっと反応。
あたし、行く!
もう、キャリーに入る、玄関の荷物の上に陣取る、大変。


紅葉

お山についたら、落葉樹は全体に黄色味がかかっていて、
所々、きれいに紅葉し始めてます。
お日様が射していても、空気は冷たくて、やっぱり、秋深し。



早速、木登り1

ナナはいきなり、木登り。
ミズナラの木に飛びついて、登っちゃいました。



早速、木登り2

ちょっと・・・高いわ・・・



早速、木登り3

下りなくっちゃ・・・

ナナ、ちょっぴり怖くて、背中の毛が逆立ってます。
でも、気づかないことにしておかないと・・


早速、木登り4


前足の爪を必死に立ててるナナ。
あのねー、下りるときはお尻から下りなくちゃ、危ないのよ、ナナちゃん。



早速、木登り5

うあああ。それじゃ、逆立ちだわ、ナナ。
怖くて動けなくなっちゃったナナ。



早速、木登り6

一方、マロンは山道のテッペンで、丸太に乗っかってご機嫌。



早速、木登り7

ありゃりゃ、ナナちゃん、大丈夫かな!?

下のほうの木で、さかさまになってるナナを発見したマロン。

ま、結局ナナは飛び降りました。
ナナちゃん、ウォーミングアップしてから遊ぼうね。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ナナの寝返り
旅行に出たら、宿場町の露地で日向ぼっこしている猫の親子に遭遇しました。
お母さんを中心に4匹の子猫たち。

親子猫親子猫2

おひさまを浴びて幸せそうでした。ずっと一緒だといいわね。


さて、我が家の猫たち。
秋になってパソコンのそばが気持ちいい暖かさになりました。

ナナの寝返り1

パソコンで仕事中はナナもマロンもそばで寝るのが大好き。
今日は仲良く一緒に寝んね。



ナナの寝返り2

暖かくて気持ちいいナナはお得意のひっくり返りポーズ。
マロンも気持ち良さそうにナナに顔を埋めてます。



ナナの寝返り3

ナナ、パソコンにくっついて暖かく、右手をマロンのほうに伸ばして、
おなかを出したまま熟睡ポーズ。



ナナの寝返り4

マロンもスタンドの灯りがポカポカ。
気持ち良さそうに眠ってます。



ナナの寝返り5

グエッ

ナナが寝がえりをうって伸びをしたら、右手がマロンの喉を直撃!

マ、マロン、大丈夫?
我慢強いマロンは静かにまた、寝ました。
ナナは知ったこっちゃなく、熟睡。
秋の夜は静か・・・



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ぼく、わかんない
来客用のアルパカの毛布を洗ったので
乾燥させた後、余熱を取るのにソファに広げたら、
やっぱり、マロン登場!


ぼく、わかんない1

ここに何か、いるんだよ!

マロンはなんだか、「枕の中になんかいるんだ」と思い込んでいたのが、
「ソファに広げた寝具にはなんかいるんだ」と拡大解釈。
もともとの原因はよーく考えると、枕のそばがらが動いたのを見たのではないかな、
と思うのだけど、わかりません。

(絶対、なんかいる、話)



ぼく、わかんない2

あれ?ここじゃないかな?
なんにも動かないや


あのねえ、マロン、ただの毛布なんですけど・・・



ぼく、わかんない3

ここんとこかな?

今度は違う場所に頭を突っ込んで調べるマロン。



ぼく、わかんない4

おっかしいなぁ

ちょっと様子を見るマロン。
不思議なことに同じ毛布をベッドにかけておいても、
何にもしません。
何を考えてるのやら・・・



ぼく、わかんない5

そうだっ、こっちかな?


もう一度毛布に乗って調べるマロン。



ぼく、わかんない6

ここんとこ・・・違うな・・・

あっちこっち、毛布を叩くマロン。
これじゃ、毛布を洗ったって言えないな・・・アップロードファイル



ぼく、わかんない7

そっか、きっと、こっちの上だ!

今度はソファの背もたれに乗ってるほうだと思ったマロン。
何かが、どっかにいる、と思ってるのね。



ぼく、わかんない8

うーん??気配がないな・・・
おかしいな・・・


いや、おかしいのはマロンだってばぷぷ


ぼく、わかんない9

におわないぞ?

洗ったばっかりだもん、マロン。


ぼく、わかんない10

ぼく・・・わかんない・・・

未だ、なぞが解けないマロン。
もう、見ていて笑っちゃいました。
ありがとね、マロン、いつも笑わせてくれて。
見ていて楽しいマロンです。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ナナと枕
ナナがパソコンのそばのマットで寝るとき、
いつも頭が体より落ちてしまって寝にくそうなので、
トラベル用のジュエリーポーチ(っていうのかしら)を枕にどうかな、と置いておきました。

ナナと枕1

ちょうど、枕にいいらしくて、ジュエリーポーチに頭を乗せて眠るナナ。
よかった。
旅行にジュエリーなど持っていかない私としては不用品の活用。



ナナと枕2

これ、好きなの。

枕を抱きしめて寝るナナ。

ちょうどいいのね。



ナナと枕3

よほど気に入ったらしくて、枕を離さないナナ。



ナナと枕6

顎を乗せて熟睡。
すっかり、ナナの枕になって、ジュエリーポーチは第2のお勤め。



ナナと枕7

あらあら、頭が落ちてるなら、枕はいらないんじゃないの?



ナナと枕8

そんなことない、とばかりに枕に頭を乗せ、
足でパソコンのディスプレーを蹴っ飛ばして寝ているナナ。

なんて、寝相のいい・・・
実はこれ、力いっぱい、ディスプレーを押すので、
こっちは押し返しながらキーを叩いてます。



ナナと枕9

ぐわっと爆睡。

やっぱり、頭は落ちてる・・・ナナちゃん、本当に枕がいるの?




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

どっか、いっちゃった・・・
今朝、網戸を開けようとしたら、マロンが「やーっ」
いつもおとなしく退くのに、どうしたのかなと思いながら網戸を開けたら、
あっ!おっきなトカゲ!
マロン、見てたのね、ごめん、ごめん。


どっか、いっちゃった・・・1

マロン、代わりに遊んであげるわね。
マロンの大好きな、ポリ袋をまるめたカシャカシャ。


ソファに向かって、えーいっ!

どっか、いっちゃった・・・2

あったぁ!

ソファのクッションの後ろで見つけたマロン。
マロンもナナもクッションやソファの背もたれに放り投げてもらうのが大好き。



どっか、いっちゃった・・・3

あ、あれっ?


猫パンチがスカッ!



どっか、いっちゃった・・・4

こんなか、はいっちゃった・・・

クッションに潜り込んで探すマロン。

ナナはこういうとき、わざとクッションを蹴飛ばすのが大好き。



どっか、いっちゃった・・・5

どっか、いっちゃった・・・
ぼく、わかんないや・・・


あらら、あきらめちゃったマロン。
やっぱり、バッタと違って動かないからあきらめちゃうのね。
(マロンとバッタの話)




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


仲良し???
肌寒くなってきて、パソコンの前が居心地のいい場所になりました。
ここ、ナナもマロンも寝るのが大好きな場所。


仲良し???1

今夜も仲良く一緒に寝んねのナナとマロン。

写真とんの?

なぜかナナはカメラを向けると意識します。
何を考えてるんだろう??



仲良し???2

ナナお得意の腕でマロンの頭をタックル、
あんよはマロンのお腹を蹴飛ばしポーズ。
マロンがこんなこと、ナナにしたら怒るだろうに・・・・



仲良し???3

ついに、両手でマロンの首をグイッ!

ぼく、ちょっと苦しいかも・・
人(猫)のいい、マロン。



仲良し???4

ナナは寝ながら、マロンの頭をグーッとつかんだまま。

うう・・・

耐えてるマロン。



仲良し???5

ついに、ちょっと顔をそむけて、ナナの手を避けたマロン。



仲良し???6

今度はナナ、マロンの顔を突っ張り!
マロンが邪魔なのか??

我慢しているマロン。寝られないわね、これじゃあ。



仲良し???7

マロン、邪魔っ!

怒ったナナ!

マロン、いつもの突然のナナの怒りにじっと我慢。



仲良し???8

ナナは怒って出ていっちゃいました。
反省(??)しているマロン。
何を反省(?)してるのやら、いつもこのパターンです。

ナナはどうやら、グルーミングしているときは一緒も好き。
でも、眠りたいときはのびのびしたいので、マロンは邪魔、と言いたいらしい。

そんな、勝手な、ナナちゃん。
マロンはどっちも一緒が好きだものね。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

野ボタンとマロン
庭の野ボタンを切ったけど、蕾がたくさんついてるから、と
知人から野ボタンの蕾をいただいたので、リビングに飾りました。

野ボタンとマロン1

と、マロンがやってきて、
野ボタンをじーーっ。
マロン、それ、食べる草じゃないわよ。

マロンはお花を生けると、
「これ、食べられるかな?」
と葉っぱを齧ったり、引っこ抜いたりします。



野ボタンとマロン2

と、いきなり、お手々で葉っぱをチョイチョイ。
?マロン、どうしたの?
齧ることはあっても今までお手々が出てきたことはないのに。



野ボタンとマロン3

また、じーっとお花を観察するマロン。
なんか、面白いのかな?



野ボタンとマロン4

今度は反対側からお花をクンクン。
?猫ってお花の匂いは嗅がないと思うのだけど・・・



野ボタンとマロン5

右手で蕾を そっと・・・チョイ!



野ボタンとマロン6

今度は左手で また、  チョイ!

何してんの? マロン??



野ボタンとマロン7

また、蕾に鼻をくっつけてなんか、嗅いでるマロン。



野ボタンとマロン8

ぼく、どうしようかな・・・

考えてるマロン。

翌朝、起きてきたら、リビングの床に何かがコロッ。
芋虫でした!
そっか、マロンが見つけてどうしようか、考えてたのはこれか!
夜中に捕ったのね、
でも、きっとあんまり動かないからつまんなかったのね、マロン。

そういえば、花瓶の周りに黒い点々が・・・
うーん。猫の観察力はすごい。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


帰宅
今日、街のお家に帰ってきました。
お山から車に乗る時はナナは帰る、と完全に理解していても、文句は言わずに乗るのに、
街のお家に着いた途端、ナナはもう、「あっちのお家」に戻りたくて、大変。


帰宅1

玄関で
「また、行くの!」
と訴えるナナ。
すごい、目力。
ナナちゃん、そりゃね、お山だけで生活できるなら、いいけどね、そうもいかないのよ。
ごめんね。我慢してね・・・しなくて騒ぐのよね。



帰宅2

ずっと玄関の扉の前で番を張るナナ。
もちろん、玄関から歩いて出たことはありません。
でも、玄関からキャリーで出る=お山のおうちに行く、と思ってます。

ナナとマロンの理解ではお山のお外と街のお家のお庭とは全然別モノらしい。
街のお家ではナナもマロンもお庭にでようとはしません。
こっちではお庭には出ないもの、と思いこんでます。
だから、助かるけど・・・頭の中、どうなってるのだろう??



帰宅3

やっと、あきらめてマロンと一緒にパソコンのそばに落ち着きました。
グルーミングして慰めるマロン。
マロンはあっちはあっち、こっちはこっち、と思っているらしくて、
街のお家に戻っても全然騒ぎません。
マロンはご飯さえあれば、満足かも。



帰宅4

やさしく、ナナを慰めるマロン。
ナナも気持ち良さそうに目をつぶりました。



帰宅5

まだ、グルーミングを続けるマロン。
ナナはくつろいで、いつものようにマロンに手をかけて
甘えるお得意ポーズ。
やれやれ、マロン、いい子ね。
また、今度時間がある時にお山に行きましょうね。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ナナ、落ちちゃった
お天気のいい日、玄関前はナナもマロンもコロコロしたり
グルーミングするのにお気に入りの場所。
デッキではコロコロしません。


ナナ、落ちちゃった1

玄関脇の敷石の上でグルーミングに余念のないナナ。
マロンよりナナのほうがグルーミングは丁寧。



ナナ、落ちちゃった2

そのままコテンのナナ。
気持ちよさそう。



ナナ、落ちちゃった3


ナナちゃん、ご機嫌だな

玄関前のコンクリートの上で見ているマロン。



ナナ、落ちちゃった4

そ、気持ちいいもん

コロコロしているナナ・・・・なんか、石のはじっこなんだけど?



ナナ、落ちちゃった5

お、落ちちゃった!

コロコロしてそのまま、石から落ちちゃったナナ。
こういうドジ、ナナは大嫌い。




ナナ、落ちちゃった7

マロンに見られなかったかしら?

ナナはドジなところはマロンには絶対見せたくない。
何か失敗すると、あわてて誤魔化すのが上手。



ナナ、落ちちゃった6

ぼく、見てないよ・・・

思わず見なかったふりをするマロン(にゃはにゃは・・・ホント)。


ナナは気どりやサン。
マロンは格好なんてどうでもいい、現実派。
2匹、全く性格が違います。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


マロン、降りてきて!
お散歩の途中、気付いたら一番後ろを歩いてるはずのマロンがいない!
あらら??


マロン、降りてきて!1

ぼく、ここだよ

居ました。
斜面を登って、白樺の間に登ってます。
まさか、太ってて木に挟まったんじゃないわよね?(笑)



マロン、降りてきて!2

マロンったら、降りてきてよ

ふん、と怒っているナナ。
また脱線してるんだから、とイライラしてるのかな。
まあ、いいじゃない、お散歩なんだから、ナナちゃん。



マロン、降りてきて!3

急いで斜面を駆け降り始めたマロン!



マロン、降りてきて!4

速い、速い・・・



マロン、降りてきて!5

おっとぉ!

道路に到着!



マロン、降りてきて!6

ナナちゃん、怒ってんのかな?

マロン、神経質に耳がぴくっ。
大丈夫よ、マロン、一緒に歩けばナナはすぐご機嫌になるわよ。
さあさあ、行きましょう。




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



ナナはどこに行く?
お散歩の帰り道、ナナが道端で立ち止まりました。

ナナはどこに行く?1

上を見て、考えてるナナ。
ナナはわりと考えてから行動するタイプ。
よその猫にパンチするときは別ですが・・・
上に行きたいのかな??



ナナはどこに行く?2

あたし、のぼろっと。
登り始めたナナ。



ナナはどこに行く?3

さっさか、



ナナはどこに行く?4

さっさか、斜面を登っていくナナ。



ナナはどこに行く?5

上から見ると、こんな真面目な顔して上っているナナ。
足場を確保するのに真剣なのかな?



ナナはどこに行く?6

どんどん、登るナナ。
どこまで行くのか?



ナナはどこに行く?7

と、あらら、スピードが落ちました。



ナナはどこに行く?8

えっと・・・あたし、どこに行くんだっけ?

何をしたかったのか、わかんなくなっちゃったナナ。
登ってて面白ければいいじゃない、ナナちゃん。

こんな時、マロンだったら、さっさと別のことをして遊ぶけど、
ナナは真面目。
しばらく考えてるように見えます。(飼い主馬鹿です)






ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


あら?どこ?
秋の日を浴びて薄が銀色に光ってます。

すすき

こういう、銀色の薄って、華やかな色の花より美しい。
大好きです。



あら?どこ?1

ナナが何か見つけたようです。
じーーっと横にしてある木を見つめたまま。

あっ、トンボ!

ツタの陰からじーっと様子をうかがうナナ。



あら?どこ?2

身を低く屈めて身構えたナナ・・・
とびかかる準備完了!



あら?どこ?4

飛び乗ったぁ



あら?どこ?5

あら、ら? ナナちゃん?
トンボはどこに行ったの??



あら?どこ?6

下に落ちたのかしら??

あのねえ、トンボは下になんか、行かないわよ。
飛んでっちゃったのよ、ナナ。
もっと素早く飛びかからなくちゃ、だめなのよ。
(トンボさん、よかったわね)




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ナナ、コロコロ
ご近所 (といっても300メートルくらい離れている) の方に、
「お宅の猫ちゃん、道路で会ったら、すり寄ってきてひっくり返ってたわ」と言われてしまったナナ。

出かける時に玄関の前でコテン、お散歩のときも道路でコテン、
すぐに転がるナナ。


ナナ、コロコロ1

一番のお気に入りは玄関の前のコンクリートの上。
乾いていれば、喜んでコロコロ。



ナナ、コロコロ3

おなかを上にしたまま、グルーミングするナナ。
なんと、無防備な!
あのね、キツネとか、襲うかも知れない動物もいるのよ。
ナナとマロンが子狐に出会った時は、子狐のほうが逃げて行ったので
親は怖いってたぶんまだ知りません。



ナナ、コロコロ6

とにかく、怖いものなんてないナナ。
そのまま、無防備状態で勢いつけて・・・



ナナ、コロコロ7

えーいっ!

顔もひっくり返って△顎のナナ。

(実家の母が猫のこういう顎が大好きで「ワニ」って呼んでました)



ナナ、コロコロ8

もう、ご機嫌。

また反対側にコテンのナナ。



ナナ、コロコロ9

う、う、う、うーーーん!

思いっきり伸びをするナナ。
ナナ、それにしても胴体が長いわね。

ナナの姿勢は、ここで、また最初に戻ってコロコロが続きます。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


ナナのお山タイム
マロンはお散歩したり、ナナと遊んだりしたら、そのあとお昼寝タイム。
猫の平均睡眠時間は一日16?20時間というけど、
マロンはお山でもだいたい16時間くらい寝てます。

ところが、ナナときたら、お山でお天気だとたぶん12時間くらいしか寝ません。
なにしろ、最初に来た時は興奮して夜中も走り回ったり、目がランラン。
お山に到着して24時間くらい経ったとき、私の腕の中で、突然バタッと熟睡。
たぶん、ずーーっと起きていたのでしょう。

ナナのお山タイム1

今でもナナはお天気さえよければ日中は殆どお外。
一番のお気に入りはデッキのてすり。
あたりがよく見えるものね、ナナ。



ナナのお山タイム2

デッキの端で小鳥を見ているナナ。



ナナのお山タイム3

あっ、虫かな?

デッキの手すりに止まりに来るトンボもよく追っかけてます。



ナナのお山タイム4

バランスのいいナナは手すりの上でグルーミングも。
ちなみに、バランス感覚のあんまりよくないマロンはできません。



ナナのお山タイム6

第二のお気に入りは車の中。
お天気なら、助手席の窓を開けておいて、席を二つ折りにしてタオルを敷き、
ナナが一休みできるようにしてあります。
あたしの場所って顔をして休んでいるナナ。

誰の車だ? ナナとマロンの車だそうです。



ナナのお山タイム7

車はデッキのすぐわきに止めてあるので、
ナナは好きにデッキと車を行ったり来たり・・・

なんて、やさしい飼い主だろう・・・(笑・涙)



ナナのお山タイム8

「ナナちゃーん」
うん?
「お散歩、行く?」
うん!

ナナはおしゃべりするのが大好きな子。
我儘嬢やだけど、とっても面白い。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


マロンとバッタ part2
夏の間、ナナとマロンの興味の的はちょうちょととんぼ。
秋になってバッタが加わりました。


マロンとバッタ21

マロンが、またバッタを見つけました。
この間は、バッタに逃げられちゃったけど、
面白かったらしくて、目がランラン。



マロンとバッタ22


上から見ると、マロン、お尻が大きい!=デブ!
(猫の場合は差別用語という抗議はこないわね?)
ナナは4キロ、マロンは5.7キロくらいだけど、
マロンを抱くとどうしても7キロくらいに思えるくらい、ずっしり。



マロンとバッタ23


あっ!マロンの猫パンチ攻撃!

残念!空振り。



マロンとバッタ24

えっと・・・どこだ?

マロン、お手々であたりをちょいちょい。
そんなことしたら、逃げちゃうわよ。



マロンとバッタ25

ここだっ!

マロン!片手じゃ捕まらないって!



マロンとバッタ26

あれ??いないなぁ・・・

マロン、捕獲失敗か?



マロンとバッタ27

ぼく、わかんなくなっちゃった・・・

マロン、残念でした。
(と言いながら、陰で逃がしてあげたこともあります。)
だって、ナナもマロンもおなかが空いてて捕るわけではないから、
命を助けられるときは助けてあげたいものね。

ナナもマロンも獲物を取り上げても怒らないし、忘れちゃうみたいです。
飼い主も三歩歩くと忘れるタイプだけど・・・似たかな?




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


朝もや
お山の家は標高1500メートル。
朝、時々霧や、もやが出てます。
きっと町から見たら、お山にうす雲がかかってるのでしょう。


霧の朝1

朝もやの中、山ブドウの葉が紅葉し始めてます。
山ブドウってそこらじゅうにからまるので、
大切にしたい木にはからまないよう、ついつい払ってしまいます。
考えたら、そうか、実が成るようにしたほうがいいのかな。



霧の朝2

朝もやの中、お散歩にでかけたナナとマロン。
例によって、先に行くナナ、遅れるマロン。

ナナもマロンも「もや」をどう思ってるのだろう?
「今日はなんだかよく見えないなあ」とおもっているのかな。



霧の朝3

ナナから遅れても全然気にしない、
寄り道マロン。
今日もそこらじゅう、クンクン。



霧の朝4

マーローン!はやくっ!


マロンを待ってるナナ。



霧の朝5

はいはい、ぼく、来たよ

追いついてきたマロン。



霧の朝6

さっ、行きましょ。
さっさと歩きだすナナ。

・・・・・
マロン、動かず。



霧の朝7

ぼく、こっち。

お気に入りの藪に入っていくマロン。
マロンはこの藪だーい好き。



霧の朝8

ここ、ぼくの。

そっか、ここはマロンの隠れ家なのね。
いつもこの藪の中にしばらくいるものね。



霧の朝9

?マロンったら、また、あの藪ね!

すっかり、ナナにはばれてる、マロンの隠れ家。

だって、この前はナナが藪の中まで入って探したものね。
(お気に入りの藪)




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



  生い立ち

   街の家

   山の家

プロフィール

沖 ゴンベエ

Author:沖 ゴンベエ

沖 ゴンベエ


2005年末に我が家にきたナナとマロンの飼い主。
前の猫を亡くしたばかりのところ、家ににきた2匹の猫にバタバタひっかきまわされ、遊んでもらっています。ちなみに、沖ゴンベは25年一緒だった前の猫の名前ですが、もともとは写真のお魚の名前。好奇心いっぱいでダイバーに近寄ってくる、ちいさな岩場の魚です。