FC2ブログ

写真でつづるナナとマロン、2匹の猫の物語

  ナナ


2005年10月初旬生まれの
女の子。
気が強くておすましさん。
でも心細くなるとマロン を頼っ
ている。 鳴き声がソプラ ノ。
山のお散歩で虫を捕まえる
のが大好き。
最近、「ダーウィ
ンが来た!」がお気に入り。


 マロン


2005年10月下旬生まれの 男の子。ひょうきんものでドジ だけど、くじけなくて人懐こい。 ナナが大好き。
なんでもナナの真似をしようと する。テレビの 「ダーウィンが 来た」が大好き。

  ナナとマロンのお家

ナナとマロンはいつもは街に 住んでいます。つづき・・・

  最近の記事

  月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

ナナとマロンにお便りをいただければ嬉しいです。 でも、メールには原則的にお返事を出せませんので ご了承ください。
名前:
メール:
件名:
本文:

秋の山道
秋。山では紅葉と落ち葉の季節。そろそろ水道が凍り始めます。


秋の山道2

ナナとマロンは仲良くお散歩・・・


秋の山道3

と思ったら・・どうも違うものに惹かれているみたい。
別々の方向に歩き始めました。


秋の山道1

いつの間にか、また一緒。
ナナ:何か面白いものあったの、マロン?
マロン:ううん。でも、楽しいよ。



ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます
スポンサーサイト
ナナちゃん、どこ?
ナナもマロンも山の中だと相手の居場所を確認しているようです。

ナナちゃんどこ?

あれ?ナナちゃん、どこに行ったのかな?


ナナちゃんどこ?2

あっちかな?


ナナちゃんどこ?3

ちがうな。こっちかな?


ナナちゃんどこ?4

あ、ナナちゃん、いた!ほっとしたマロン。


ナナちゃんどこ?5

ナナはナナで、さりげにマロンの位置を確認中。
どこかしら?


ナナちゃんどこ?6

あら。あんなとこにいた。ま、いいか。



ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます
はじめての木登り
山道の途中に枯れ木が2本あります。木登り初心猫?にちょうど手ごろ。

木登り1

マロン:ナナちゃん、怖い。どうやって降りるの??
ナナ:大丈夫よ。高くないわ。


きのぼり2

マロン:そっか。じゃあ、飛び下りればいいんだ!
ナナ: ・・・ 
実はナナはまだ自分で木から降りたことがない・・・



木登り3

ナナは最初、木に登ったものの、降りられず、悲鳴をあげたのでした。
しっぽに注目!


木登り4

今では、樹の上でも平気な様子で「そんなこと、なかったもん。」と澄ました顔。



ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます
つづき・・・
ナナとマロンはいつもは街に住んでいます。ちいさな庭がありますが、出していません。庭には「出られないもの」と分かっているようです。
春から秋の間、時々山の家に行きます。標高1500メートル。大自然の中、車も日に数台で交通事故の心配もなく、猫は数キロ先までいないようなところです。この山の家では安全なので、ナナとマロンは自由に外遊びをします。どっちも外遊び大好き。朝早くから私が起きるのを待って、イキイキと外に飛び出していきます。2匹だけだと家の見えるところで遊び、私も一緒にお散歩だともう少し遠くまで。近くの別荘の人達とも顔見知りでナナもマロンも挨拶します。ナナもマロンも呼ぶとちゃんとついてきますが、たとえ、一匹になってしまってもいつでも家まで帰れるように気をつけるようにしています。
本当の山の中なので、野生動物がいます。今まで出会った動物はカモシカ、子狐、鹿の群れ等。あと、リス、野兎、イタチなどもいます。野生動物からもらいそうなダニ、病気については獣医さんに相談しています。
最初にしっかりと「ここもおうちよ」と理解させて、猫たちがその家で安心するようになってから外に出せば、すこしづつテリトリーを広げていってその場所を理解するようです。場所の違いもちゃんとわかって使い分けています。山の家でどんなに外遊びしても、街の家では「お外にだして」と言いません。外には出られないもの、と納得しているようで、静かに窓から庭を眺めてるから、猫ってすごい。

はじめての山
家にきてから5か月。はじめてナナとマロンを山の家に連れて行きました。
標高1500メートル。大自然の中。他には猫もいないし、車も日に数台しか通りません。
家の中に慣れた二日後、ナナとマロンを外に連れていきました。
最初はおっかなびっくり。マロンはガタガタふるえてました。
でも、すぐに、お散歩をせがむようになりました。私が附いていないと心細いようです。
2匹とも私の見えるところを歩いたり、走ったり。呼ぶと戻ってきます。

はじめての山

ナナは好奇心いっぱい。緊張のかたまり。


はじめての山

マロンも見るもの、嗅ぐもの興味津々。道端の草も面白いようです。


はじめての山3

ナナ:ねえ、マロン、一緒にいよう。
マロン:うん。僕、ナナちゃんの近くにいる。
山の中ではナナとマロンは一緒だとお互いに心強いようです。


はじめての山4

なにげなく近くにいるナナとマロン。


はじめての山6

ちょっと慣れてきたら・・なんと、マロンは山道に伏せてナナを待ち伏せ。
2匹ともあっという間に山遊びになじんでしまいました。



ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます
お手伝い??
お手伝い1

お客様の準備をしていて、グラスの入っている棚の下に椅子を置いておいたら、さあ。
ナナとマロンはお手伝い(??)しようと早速椅子に乗りました。
いつもは手の届かない高さです。

マロン:ナナちゃん、届く?
ナナ:うーん・・・


お手伝い2

マロン:もうちょっとだったのに・・
ナナ:だって、見えないんだもん。


<お手伝い3

マロン:僕、や-めた。
ナナ:あら。じゃあ、私もやめるわ。
ほっ。グラス類は無事でした。



ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます
ねえ、マロン、私も・・・
ねえ、マロン、私も。

キャットタワーのブリッジに籠をとりつけたら、早速マロンが占拠。
ナナも飛び込もうとして、途中でとまりました。


ねえマロン私も2

どうやら、中からマロンが牽制パンチしたようです。
ナナ:ねえ、マロン、私も入りたい。


ねえ、マロン、私も3

マロン:だめ。ここ、僕の。
ナナはよほど入りたかったらしく、しばらく手をかけたまま、マロンの気が変わるのを待ってました。
どっちも譲らないぞ、とにらめっこ、でもマロンの勝ち。



ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます
仲良くお休み・・・
仲良くお休み2

仲良くなったナナとマロンは気が向くと一緒に寝ます。


仲良くお休み3

籠で一緒にうとうと。今では2匹だと重ならないと入りません。


仲良くお休み

仲良くお休み・・・ね。



ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます

キャットタワーで
キャットタワーで1

ナナは天井までのタワーがお気に入り。
マロンは登り易いちいさな2段のタワーをよじ登るのがお気に入り。
どちらも2段目はちょうど同じ高さで並びます。

キャットタワーで2

マロン:お姉ちゃん、あれ見て。
ナナ:あ、なんか、みんなでおいしそうなもの食べてる。



ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます
お友達が来た!
お友達が来た1

お友達猫のルイちゃんが泊まりにきました。
ルイちゃんはマロンより4か月くらいお兄さん。慎重派です。
マロン:ルイちゃん、キャットタワーで遊ぼう。

お友達がきた2

マロンはルイちゃんが大好き。しきりに誘います。

お友達がきた3

ついに上ったルイちゃん、慎重な様子。

お友達たきた4

マロン:ねえ、遊ぼうよ。

お友達がきた5

ルイちゃん:よし、マロン君、来い!
ちょっとびびるマロン。



ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます
不機嫌なナナ
不機嫌なナナ

可哀そうに膀胱炎になったナナはいらいらして不機嫌。
マロンが近寄るとフーッと威嚇。マロンは全然近づけなくてつまらなそう。


不機嫌なナナ2

ようやく少し気分がよくなったナナに近づいたマロン。
マロン:ナナちゃん、僕、看病してあげる。
ナナ:あんた、重いわ。どいて。
(ナナちゃん、そんな邪険な・・・)
マロンはやっぱりナナに追い払われてスゴスゴ退散。



ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます
僕のオレンジハウス
僕のオレンジハウス1

友人からオレンジの形をしたキャットハウスをいただきました。
最初、ナナは無関心。
マロン:僕、気に入った。これ、僕の。


僕のオレンジハウス2

マロンを見ていて、興味を持ったナナは、マロンがいなくなったら早速潜り込み。
結構気に入ったようです。


僕のオレンジハウス3


マロン:あれ?それ、僕んだよ。



僕のオレンジハウス4


マロン:ねえ、それ、僕の。

ナナ:あたし、これ気に入ったの。


僕のオレンジハウス5


ナナが飽きるのをじっと待つマロン。


僕のオレンジハウス6

じーーっと待つマロン。ナナは遊びに夢中。


僕のオレンジハウス7


マロン:ねえ、ナナちゃん・・・

ナナ:なによ


僕のオレンジハウス8

マロン:・・・僕も遊びたい
ナナ:やーよ!
・・・このあと、乱闘。



ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます
お泊りのお客様だ!
お泊り1

猫たちはお泊りのお客様が大好き。客用のベッドメークをすると、もう大変。
家中の変えたところを全部チェックしないと気が済まないようです。
マロン:お客様だ!ベッド、潜ってチェックしなくちゃ。
(せっかくきれいにメークしたのに・・・)


お泊り2

窓を拭くと・・・
ナナ:さっき窓で何してたの?




洗面所も客用タオルをセット。早速点検にきました。
マロン:どこを変えたの?(おいたをしないでね・・・)


お泊り4

ナナも来ました
ナナ:あたしも見なくちゃ


お泊り5

お客様が寝る前にベッドの毛布をめくると、早速・・・
ナナ:コロコロすると気持ちいいわね。
マロン:僕、気に入った。ここで寝る。


お泊り7

ナナ、マロン:ZZZ・・・・
泊り客がドアを閉めると、夜中にマロンが「開けて」とドアをカリカリ。
熟睡希望の方は酔っ払ってください。


ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます
キャットタワーが来た
キャットタワー1

天井までのキャットタワーが来ました。
一番上はブリッジになっていて、ステップは仔猫用に1段多くしたので4段あります。

ナナは早速えっちらおっちら。
まだ上ったりするのが得意でないマロンを2段目に載せてみました。

キャットタワーが来た2?1

マロンは立ち往生。

キャットタワー2

マロン:お姉ちゃん、どうやって昇るの?

キャットタワー3

結局、マロンを一番上に載せてあげました。
ナナ:ここ、高いわね。(そうよ。もうちょっとで天井よ。)
マロン:僕、降りらんない・・・(固まってる)
マロンがスムーズに上り下りするまでしばらく掛かりました。



ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます
お客様大好き
お客様大好き1

「猫が来た」メールを読んで2匹が来てから1か月のうちに30人くらいお客様が見に来てくれました。
マロンはお客様が大好き。抱っこも大好き。


お客様大好き2

抱いてもらうともう、ウトウト・・・


お客様大好き3


誰の膝でもすぐ寝ます。


お客様大好き4

大きくなってからも変わらずお客様大好き。抱っこで寝ちゃいます。



ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます
マロン登場
生い立ち5

友人たちに勧められて2匹目をもらうことにしました。
2005年12月14日、1時間電車に揺られてマロンが来ました。
ちょうど家にきた時のナナと同じくらいの大きさです。


oitachi-6.gif

ナナ:あんた、誰?どこから来たの?
マロン:僕・・・わかんない・・・お姉ちゃん、仲良くしてね。
ナナ:やーよ。ここはあたしんちよ。
(ナナ、仲良くしてあげてね)


生い立ち7

初めて並んでご飯。ちょっと距離が微妙。

それまで一人天下(?)だったナナはマロンが気に入らない様子でした。
時々ナナに威嚇されてもマロンはめげず、ナナの後をとことこ。


生い立ち8

マロンが来て3日目。帰宅したらリビングのソファで一緒にぐっすり。ちょっと触れあってます。
ナナはついに諦めてマロンを受け入れたようです。


生い立ち9

いつの間にやら、仲良く抱き合って熟睡



ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます
ナナ登場
生い立ち1

2005年11月27日、生後50日くらい、まだどこかよちよち歩きのナナが我が家にきました。
里親サイトが縁で見つけました。25年ぶりの子猫です。
ナナはさっそく家中、探検。

生い立ち2

ナナ:これ、トイレ?とっても大きいのね
(ナナがちいさいのよ)

ナナ登場7

「猫が来た」メールで早速友人たちが見に来ました。
ナナ:いろんな人が遊んでくれるの

生い立ち4

少し家に慣れてきた3日目。

ナナ登場5

この頃は抱っこが大好き。ちいさいのでエプロンの胸に収まってます。

ナナ登場6

お客様にも抱っこ。

子猫のころ5

ナナは毛が柔らかくてとってもいい手触り。



ランキングに参加しています。応援してください。
人気ブログランキングへ

毎日クリックできます

  生い立ち

   街の家

   山の家

プロフィール

沖 ゴンベエ

Author:沖 ゴンベエ

沖 ゴンベエ


2005年末に我が家にきたナナとマロンの飼い主。
前の猫を亡くしたばかりのところ、家ににきた2匹の猫にバタバタひっかきまわされ、遊んでもらっています。ちなみに、沖ゴンベは25年一緒だった前の猫の名前ですが、もともとは写真のお魚の名前。好奇心いっぱいでダイバーに近寄ってくる、ちいさな岩場の魚です。