fc2ブログ

写真でつづるナナとマロン、2匹の猫の物語

  ナナ


2005年10月初旬生まれの
女の子。
気が強くておすましさん。
でも心細くなるとマロン を頼っ
ている。 鳴き声がソプラ ノ。
山のお散歩で虫を捕まえる
のが大好き。
最近、「ダーウィ
ンが来た!」がお気に入り。


 マロン


2005年10月下旬生まれの 男の子。ひょうきんものでドジ だけど、くじけなくて人懐こい。 ナナが大好き。
なんでもナナの真似をしようと する。テレビの 「ダーウィンが 来た」が大好き。

  ナナとマロンのお家

ナナとマロンはいつもは街に 住んでいます。つづき・・・

  最近の記事

  月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

ナナとマロンにお便りをいただければ嬉しいです。 でも、メールには原則的にお返事を出せませんので ご了承ください。
名前:
メール:
件名:
本文:

ナナは不機嫌
  昨日は電車で1時間の街に出かけて一日びっしりと京大の研究機関主催のシンポジウムを聴いていました。元々興味のあるテーマが多かったのでとっても面白かった!楽しかった!でも長時間だったので、ちょっと疲れました。

 さて、夜寝る前に歯磨きしている間ナナはいつもベッドで待ってます。

3a_20240303211820fd5.jpg

 昨夜もナナ用のクッションに乗って待ってるナナ、そしてベッドの足元近くにムギも  ムギがベッドに上がったのはまだ3回くらい。

3b_20240303211823cbd.jpg

 ナナちゃん、怒ってるかな

ナナの方を心配そうに見るムギ。ドキドキ 

3c_20240303211823f44.jpg

 あたしね、やなのっ

クッションの上で起き上がってムッとしているナナ 

 「ナナ、いやなら自分でムギに言いなさいね」
 私は民族自決ならぬ、ネコ自決主義です  どうやらナナは年をとって自分でムギを追い払うエネルギーが不足しているみたいです。でもね、私が24時間ナナやムギと一緒にいる訳にはいかないから、ナナがちゃんと対応してね。
 ちなみにナナは今まではベッドの枕元で待っていたり寝たりしていたのが、最近気づくと私の枕の上に寝てる  どかしても何度も寝てる・・・仕方無く、ナナ用のクッションを置くようになりました。お陰で私はベッドの半分しか寝るスペースがないぞ。しかも時々ムギがその足元を占拠・・・ネコによる安眠妨害です  ま、大体ネコは安眠妨害がお得意だから、諦めてますが 


ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
スポンサーサイト



濡れちゃうもん
  昨夜から今朝まで雪が降り続きました。今朝の気温は0℃だったので、湿った重たい雪でした。

1a_202403012124583fa.jpg

 我が家の車道から道路を見下ろした所です。どこが車道やら道路やら分からないほど積もりました。積雪18センチ。今までのと会わせると除雪していない所は25-30センチくらいです。 

1b_202403012125014e6.jpg

 玄関から道路まで一筋雪掻きして歩けるようにしました。が、重い!ここに移住して12回目の冬ですが、今までで一番重い雪のように感じます。あまりにも重くて玄関から餌台まで雪掻きしたら疲れてしまい、しばらくしてから気を取り直してまた道路まで雪掻き。雪掻きしている間も木々からの落雪が頭や身体にボトン!重たい雪なのでカタマリで落ちてくるから結構厳しい。気温が低くても軽いサラサラ雪がいいなあ。

1c_202403012125022c2.jpg

 午後になると除雪車が作業したあとの道路は乾いてナナが歩けるようになりました。除雪業者さんはナナの為に雪掻きしたのじゃないけど  早速ナナに教えてお散歩 

1d_20240301212505f80.jpg

 あっ

 木々の梢から雪の塊がポトン!あっちからもポトン。そのうち、ナナの背中にも直撃 

1e_2024030121250657b.jpg

  あたし、帰るっ

梢からのしずくで背中が濡れて不機嫌になったナナはお家の方へ急ぎ足。若い頃はこれくらいならお散歩を楽しんだナナ、条件が良くない日のお散歩は敬遠するようになりました。ナナが楽しくお散歩できる春を待ちましょう 



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

まだ眠いの・・・
  今朝のベッドフームからの眺めです。

29aa_20240229152347139.jpg

 枝に留まって私がひまわりの種をあげるのを待っている小鳥たち。この数年、小鳥の数が減りました。10年くらい前の大雪の時には100羽近くいたのに、最近来るのは4-50羽くらいです。

29d_2024022917393839e.jpg

 10年近く前はこんな風にあたり一面の木々に小鳥たちが留まって待ってました。小鳥たちの密度が全然違います。

29a_2024022915234435f.jpg

 さて、今朝もお寝坊なナナが起きてきたのに気づいたムギが階段を駆け上がってナナにやさしい声でご挨拶。

29b_20240229152347eea.jpg

 う~ん

ムギを見ながら、のび~をしているナナ。

29c_202402291523505f0.jpg

 「ナナ、ムギにおはよう、してるの?」

 しないの

 ナナちゃん、返事してくれないんだ

それぞれに表情で訴えるナナとムギです 
 元野良のムギは抱っこしようとしたりすると逃げたり、大暴れしたりして手に負えませんが、ナナに対してはいつもやさし~い声を出してます。性格が素直なのかも。でも人間に対するトラウマは全然消えません。寛いでいる時は
 撫でてくれ~、撫でてくれ~
なんだけどなあ。いつになったら抱っこできるやら  


ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
雪がどんどん・・・
 金曜日から降り出したのは湿った重い雪。それでも土曜日は晴れて問題無く外出し、友人とガレットの美味しいお店で楽しいひとときを過しました。ガレットの写真を撮るのを忘れました  また、行こうっと。
 日曜日の今日は前から楽しみにしていた農村歌舞伎を見ようと雪の降り続くなか、大丈夫かなあ、プログラムの1番だけ観て帰るかなあと思いながら出発。お山を下りて幹線道路に出たら、雪道で県外の車が数台立ち往生し路面にはスリップの痕も。今日は一日雪が降り続く予報だし、早めに切り上げても帰りは4時間後・・・は厳しいと、農村歌舞伎鑑賞は断念し、途中から戻ってきました。それでもお山に上るのにチェーンを装着して帰宅。やれやれ 

25aa_20240225193950452.jpg

 出かけた時の積雪は7-8センチだったのに、帰宅したら既に倍近くになってました  窓辺にはヒマワリの種を食べに来た小鳥達の姿が 

25b_20240225193953410.jpg

 ムギは相変わらず窓辺で小鳥を襲いたくてウズウズ。小鳥たち、ムギが居なくなると伸び上がって家の中を覗き込んで安全を確認してます。小鳥も伸び上がるってムギのお陰で初めて知りました。

25c_20240225193953716.jpg

 暫く窓辺で小鳥たち相手に遊んだムギ、満足して薪ストーブの傍らでスヤスヤ 

25d_20240225193956e4d.jpg

 あたし、寝てたのに

こちらはナナのお気に入りの寝場所のひとつ、ソファに掛けた薄い羽毛布団の下で寝ていたナナです。カメラのフラッシュで目が覚めちゃいました。ごめんね、ナナ 
 午後の気温は0℃まで上がり、湿って重たい雪が時々屋根から音を立てて滑り落ちてました。

25e_202402252030266aa.jpg

 夜、降り続く雪の中干柿とヒマワリの種を食べに来たオレちゃんの足跡は深さ20センチくらい。いつもなら、デッキのあちこち歩き回って警戒したり、来た方向と違う方向から帰るのに、雪の深い今夜は自分の足跡を辿って戻ったようです。こんな雪の中、テンだって来るだけでも大変なので、次の子がいつ来てもいいようにすぐに餌を補充しました。どの子も頑張ってね 


ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

ナナは不満!
 昨日は朝から雨。連日のようにお外で遊んでいたナナは朝からずーっとお外に出たくて、抱っこしても大好きなちゅ~るをあげても鳴き止みません。

22a_20240222091024715.jpg

 お外!お外なのっ!

 懸命に外に出せ、と騒ぐナナ。一度玄関から出して雨だと確認させたけど、それでも外に出たいナナ。こういう時にお外に出してしまうと、頑固になってしまい1時間でも2時間でもデッキの下で濡れながら頑張るのでうっかり出せません。ナナ、その根性は見上げたものだけど、もっと楽しいことに使おうね 

22b_20240222091027097.jpg

 ふん!

 遂にこんな不満いっぱいの顔になったナナです 

23a_20240223113039e36.jpg

 そして今朝は雪  気温がマイナス2℃と高いので、湿った重たい雪です。もうちょっと気温が低い方がさらさらの雪になるから嬉しいんだけどな。
 今朝ナナは文句を言わずにまったりと寝てます  ムギは元気いっぱい、窓辺で小鳥を脅したり、ネズミのオモチャで遊んだり。今日は調べ物をしたりしてのんびりの日です 


ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効

  生い立ち

   街の家

   山の家

プロフィール

沖 ゴンベエ

Author:沖 ゴンベエ

沖 ゴンベエ


2005年末に我が家にきたナナとマロンの飼い主。
前の猫を亡くしたばかりのところ、家ににきた2匹の猫にバタバタひっかきまわされ、遊んでもらっています。ちなみに、沖ゴンベは25年一緒だった前の猫の名前ですが、もともとは写真のお魚の名前。好奇心いっぱいでダイバーに近寄ってくる、ちいさな岩場の魚です。