FC2ブログ

写真でつづるナナとマロン、2匹の猫の物語

  ナナ


2005年10月初旬生まれの
女の子。
気が強くておすましさん。
でも心細くなるとマロン を頼っ
ている。 鳴き声がソプラ ノ。
山のお散歩で虫を捕まえる
のが大好き。
最近、「ダーウィ
ンが来た!」がお気に入り。


 マロン


2005年10月下旬生まれの 男の子。ひょうきんものでドジ だけど、くじけなくて人懐こい。 ナナが大好き。
なんでもナナの真似をしようと する。テレビの 「ダーウィンが 来た」が大好き。

  ナナとマロンのお家

ナナとマロンはいつもは街に 住んでいます。つづき・・・

  最近の記事

  月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

ナナとマロンにお便りをいただければ嬉しいです。 でも、メールには原則的にお返事を出せませんので ご了承ください。
名前:
メール:
件名:
本文:

リスの押し出し
毎朝、餌台にひまわりの種を入れ、コガラやシジュウガラが食べているのを見てから家に入ってしばらくすると

21a_20200121223559717.jpg

ガラ類よりずっと大きなイカルが占拠。
イカルは仲間同士でも嘴を咥えて空中戦をやって追い払います。
その間に、他のイカルが食べてるんだけどね。

21b_20200121223600252.jpg

で、そのうちにリスが占拠してイカルは押し出されます。リスさん、毎日精勤。

21c_20200121223601887.jpg

押し出されたイカルたち、今度はデッキのてすりの餌台を占拠。ここも追い出されたガラ類は窓辺のお皿に載せたひまわりの種を咥えて行きます。
イカルとガラ類の間の大きさのアトリやカワラヒワはどっちにも行かれず、ウロウロ。

21d_2020012122360305a.jpg

ぼく、つまんないんだ

リスさんが居なくなるまでは、お外は禁止のマロン。憮然 

夕方、デッキのお皿に干し柿を載せておくと、この頃はたいてい夜中に誰かが食べていく。今夜はどうもナナが目撃したらしいけど、私は一度も姿を見かけないからたぶん、去年ささっと来ては咥えて隠れていたニンジャかな。ナナとマロンのお気に入りのテンちゃんはたぶん、天寿を全うしたのだろうなあ。出会った時が2歳としても、もう、テンの寿命の10年を超えてたと思うもの。これも自然の営みです。

さてさて、咳もほぼ治まり、昨日、今日と1時間ずつウォーキングをしてきました。昨日はとっても疲れたけど、今日は快調 
よおっし、がんがんばる




ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


スポンサーサイト



雪の中
昨夜から雪。今朝もまだ粉雪が降ってました。
朝、一番で雪掻きをしようと玄関を開けたら、マロンが飛び出しました。積雪は5,6センチ。
また5分で戻るだろうと雪掻きを始めて、ふと道路を見下ろしたら、新雪の中、ズボズボとマロンが歩いて行く!た、大変!これからまだ雪が積もるのにどこまで行く、マロン?帰れなくなるかも!
慌てて、雪掻きの道具を放り出し、下り坂を駆け足で追い掛けました。お隣さんの入口近くでやっと掴まえて抱っこ。今度は家の玄関まで約100メートルの上り坂を6キロのマロンを抱えてえっちらおっちら。息は切れるわ、汗はかくわ、私はまだ風邪が治ってないんだぞ、マロン。

マロンを玄関に入れてようやく、待ち構えていた野鳥たちにヒマワリの種をあげることができました。

15a_20200115173454f98.jpg

一番大きな餌台を占拠するイカル。仲間同士でも嘴を噛んで喧嘩するし、ガラ類よりずっと大きい。近くの枝ではシジュウガラが
みんな、退いてくれないかなあ
と待ってます。餌台の下のほうにはアトリも。

15b_20200115173455058.jpg

2番目の餌台はイカルとカワラヒワが占拠。カワラヒワは群の数がまだ2-30羽くらいと少ないので、おとなしめ。それでもガラ類のことは追い払います。大雪の年には50羽くらいの群になってました。

15c_20200115173456b3e.jpg

餌台が占拠されてガラ類が困ったら、最後はここ、リビングの窓辺のテーブルに近いお皿。
このテーブルで朝食を摂るので、ガラ類以外が来たら、手で追い払う仕草をするとカワラヒワやイカルは逃げます。コガラ、シジュウガラ、ゴジュウガラは知ってるから、追い払う仕草をしてもじっと待ってる。学習したんだろうなあ。可愛い 

今日は日中は晴れ、といっても小雪が舞ってました。そして夜は雪。明日はどうなるやら。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効


リスさん、登場
今朝、カーテンを開けたらちょうどリスさんが餌台のある木の上の方にスルスルッと登っていくところでした。どうやら、昨日の残りのひまわりの種を食べてたところで、カーテンの開く音に驚いて一旦退却。
ま、そのうちに来るでしょう、といつもの通りに小鳥たち(50羽くらい)にひまわりの種を置き、薪を補充して家に入りました。

14a_20200114163028411.jpg

やっぱり、リスさん、登場!
だれだろう?たぶん、去年来た子でしょうね。

14b_20200114163029b32.jpg

あれ?見てるかな?

そう、見てるのよ。
窓から餌台までは2メートルくらい。

14c_20200114163030e9d.jpg

ここ、ぼくんだ!

と言わんばかりに餌台をガシッ!
小鳥たちが来るとリスさん、追い払います。

14e_20200114163033334.jpg

でも、隙をみるのが上手なコガラはこうして時々、ひまわりの種を持ってっちゃいます 

今年は雪が殆どないけど、そろそろリスさんが来るかなあ、と思っていたので、この餌台を占拠されても大丈夫なように、あと2つ餌台を置いてあるから小鳥たちも大丈夫。今夜は雪が降るかも・・・降ったら、餌台が3つでも超満員かも。



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



だれの匂い?
昨日の朝はいいお天気。小鳥たちの朝ご飯がひとしきり終わってから、ナナとマロンをお外へ。

13a_2020011315565280d.jpg

さっそく、玄関の前でコロンのナナ。

13b_202001131556534ad.jpg

気持ち良くってコロコロ。

13c_20200113155654f48.jpg

ふーん

満足して起き上がったら、

13d_20200113155656643.jpg

うん? だれの匂い?

13e_2020011315565772f.jpg

ここ、あたしとマロンのとこなのに、知らない匂いがある!
と言い足そうな、不満な顔のナナ。そうね、ナナちゃん、昨日の迷子の猟犬よ。そこでひっくり返っていたからね。
野生動物の臭いがついている時はナナとマロンは興味津々。でも、こんな顔はしません。
ルパンちゃんの匂いや姪たちの犬にもこんな顔はしないのに。
「知らないヤツが来て、ママに甘えていった」と思ってるのかな?ま、その通りなんだけど・・・



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効
だ、だれ?
このところずっと咳が止まらず、ボランティアは全部お断りして、できるだけ家に居ます。
今日も午後、ソファで本を読んでいたら、デッキを歩いている動物が!

11a_2020011117164016e.jpg

い、いぬ??なんでデッキに??

11b_20200111171641d96.jpg

だ、だれ?

気配で起きたナナの目がテン。

11c_202001111716427a6.jpg

だ、だれだ?

こっちは物陰に隠れたマロン。
おまえね~。

11d_202001111716441bc.jpg

あわてて、外にでたら、懐こい、懐こい、すぐに寄ってきて、

なでて~

首には無線機と連絡先が。うーん、迷子の猟犬だな。
お水をあげて、連絡先の番号を読もうとすると、甘えてきて、じっとしていてくれない。擦れた番号が読めない。

11e_20200111171645d6a.jpg

もっと、撫でて~

なんとか、電話が通じてから、先方が引き取りに来てくれるまで小一時間。つないでおく綱もないので、ずっと外で撫でてました。無事、飼い主の手元に戻ってやれやれ、です。どうやら、家の裏山の5キロくらい離れた反対側の方から入って、獲物を追い掛けている途中ではぐれたらしい。甘ったれの可愛い子だったけど、しかし、猟犬ってお手も、待ても、お座り、もできないの?
飼い主の言うことしか聞かないようにしつけられてるのかなあ??



ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
ranking march 08

クリックは一日一回有効



  生い立ち

   街の家

   山の家

プロフィール

沖 ゴンベエ

Author:沖 ゴンベエ

沖 ゴンベエ


2005年末に我が家にきたナナとマロンの飼い主。
前の猫を亡くしたばかりのところ、家ににきた2匹の猫にバタバタひっかきまわされ、遊んでもらっています。ちなみに、沖ゴンベは25年一緒だった前の猫の名前ですが、もともとは写真のお魚の名前。好奇心いっぱいでダイバーに近寄ってくる、ちいさな岩場の魚です。